モラルハラスメントの親は巧妙に操作する

64858 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

モラルハラスメントの親は巧妙に操作する

「モラルハラスメントの被害者たちは気付こう」にも書きましたが、モラルハラスメントを行う親の一例です。

「いつでもお前たち子供のことを親は心配し考えてきたんだぞ。」と言いながら、「そんなことも出来ないのか?」「生きてる価値がない」など、無理難題を押し付けておきながら子供の自尊心を徐々に傷つけていく。

自尊心を傷つけると子供は愛情や承認をもっと欲することを知った上でモラルハラスメントを行う親からの承認や愛情を欲しがり出す時を待っている。

そしてモラルハラスメント加害者はこう言う「被害者意識でしょそれ!」と被害者意識を持つダサい奴だと思わせることで、自分たちの巧妙な手口に気づかせないように仕向けているのである。

子供が愛情や承認を欲するのは当たり前で、子供が生きていく上で愛情や承認がなければ精神が餓死するからである。

そして愛情や承認を欲しがったら、愛情を1あげて2~10の見返りを巧妙に子供が出したくなるように要求する。

定期的に言語メッセージを巧みに使い「いつでもお前たち子供ことを親は心配し考えてきたんだぞ。いつでも守る覚悟がある」と子供をコントロールしていく。「素直ないい子だな」「優しいな」など何度も子供に刷り込み、「いつでもお前たち子供ことを親は心配し考えてきたんだぞ。」とモラハラ毒親は立派だと植え込んでいくのです。

そうすると素直で優しい子供はこう思うのです。

「俺も親の為に命をいつでも捨てなければいけない」

<<下に続く>>

つまり、この罠は、モラハラ親が徐々に自分が与える愛情を減らしていくので、最終的には僅かな1の愛情をもらうためには、命まで投げ出さないといけないといけない心理にまで追い込まれるのです。そしてその間に、命を投げ出す映画を繰り返し繰り返し進めてくるのです。映画のように親にとことんまで尽くせと。そうやってコントロールしていくのです。

子供の理解力では気付くことも出来ないし、到底精神も雁字搦めにされているので、気づいても立ち向かうことも出来ないし、親が悪でコントロールしているなど気が付けない。

何故なら見抜くには無意識を見抜き非言語メッセージをしっかり見抜かなくてはならなくて、それを子供が知ることは不可能に近い点を利用している。

こうやってモラルハラスメントの毒親が、隠れて自分の精神的大罪をばれないようにしながら社会に異常者を量産していることに繋がっている事もあるでしょう。それが無差別殺人、非行、引きこもり、心の問題、いじめ問題、キチガイ、などだ。

 このことに気づきだすことが、学びであるし、謎解きゲームのように楽しいので、是非やってみて下さい。

気付けば恨みが出てきますが、その恨みは悪いことではなく当然です。当然ですが恨みの出し方に注意です。誰かを傷つける恨みの出し方は自分を傷つけますので、言葉でもって、論理的にやりとりして、すべて自分のプラスにしちゃってください。精神を食いつぶし巧妙に細工するモラルハラスメントの毒親。向き合えばプラスです!本当のプラスはネガティブをポジティブにすること。許可すればよいのです。弱い親が自分に分かってほしかったんだからしょうがないなぁ(笑)と。

その後に理解が深まってくると、それでも一生懸命やってくれていたことや、別の視点、親の愛、なども見えてくると思います。大事なのは自分のペースです。

モラルハラスメントをする親に育てられると、それが「普通」という価値観になっていることがあり、そのまま新しい自分の家族を作ったり恋愛をすると、そこでモラルハラスメントが再現されることもあります。彼氏や夫からのモラルハラスメントに悩んでいる方はモラルハラスメント実践対策がおすすめです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)