悪夢の原因と見なくなる方法!実際に悪夢が治ったことからわかる悪夢の治し方!悪夢の現実的問題解決から→癒し→反省→感謝へと心が育ってくる

764 views
約 7 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
悪夢の原因と見なくなる方法!実際に悪夢が治ったことからわかる悪夢の治し方!悪夢の現実的問題解決から→癒し→反省→感謝へと心が育ってくる

僕は、子供のころからずっと悪夢に魘され(うなされ)てきました。毎日ではないですよ。悪夢に魘されることが多かったということ。小学生の最初のころから30年近く見ていた悪夢が綺麗さっぱり消えて見なくなったのです。悪夢を見ていると歯ぎしりが酷くなることがあります。その歯ぎしりも治りました。

悪夢と歯ぎしりは関係がありますが、歯ぎしりのことは以下の記事にに書いています。歯ぎしりを起こす必要があるストレス(処理しきれない気づいていないレベルでのストレス)を解消すれば綺麗サッパリ歯ぎしりが治ってしまうケースもあるでしょう。

実体験を通して「悪夢」と「歯ぎしり」には深い関係があるとわかっています。そんな悪夢を実際に治すことできたことからわかる悪夢の治し方を書きたいと思います。ただ、この方法は痛みを伴いますので自己責任でお願いします。深い恐怖に直面しますので悪化する場合もあるかもしれませんので。

悪夢の原因!悪夢は潜在意識からのメッセージ

悪夢は「潜在意識からのメッセージ」とも言えます。つまり、自分で気づいていない恐怖、心の奥に追いやっている恐怖、処理しきれない恐怖、そういった恐怖が潜在意識からのメッセージとして「夢」に現れてきます。

僕の見ていた悪夢の殆どが独裁国家のようなところや戦争中や、支配者たちに追いかけられて殺されるような夢でした。なぜか、僕1人を気に入らないとして追いかけて殺そうとしてくる。それに対して子供の時からいつも夢の中で逃げることばかり。だったのです。

つまり、これらは「家族に対しての気づいていない恐怖」だったのです。誰もが子供の時は家族と仲良くしたい、家族から愛されたい。そう思います。だから、その家族から巧妙に仕掛けられているものがあったとしても、それを見ることが出来ない場合がある。ショックが大きいから。

だから目を背け、ないものにする場合がある。それが、潜在意識に入り込み、夢として現れてくるのです。更に解決しないでいれば、夢だけではなく、虫への恐怖などに表れることがあります。

例えば、対人恐怖は蜘蛛恐怖と言われますが、まさにこれです。対人恐怖の多くは蜘蛛のように蜘蛛の巣を張ってひっかけるような人間(詐欺師など)への恐怖があり、それに気がついていないから、それに似ている蜘蛛が怖いとなるのです。

僕も、対人恐怖があった時期が過去にもあるのですが、その時は、極度の蜘蛛恐怖症でした、そしてその時の対人恐怖が治ったら蜘蛛への異常な恐怖が消えました。蜘蛛が可愛く思える時もあるほど。実体験を通して対人恐怖は蜘蛛恐怖であるとわかっています。

このように、「自覚できていない潜在的な恐怖が夢などに表れてくるのが悪夢の正体」です。

悪夢を治すには恐怖に直面し問題解決するしかない

悪夢を治すには恐怖に直面し問題解決するしかない。と僕は思っています。実際に、現実で、問題解決をするまで長い間悪夢を見ていました。そして「問題解決をしたら悪夢が綺麗に消えた」ので間違いないと思います。

僕の場合は、「独裁国家のようなところや戦争中や、支配者たちに追いかけられて殺されるような夢でした。なぜか、僕1人を気に入らないとして追いかけて殺そうとしてくる。」という夢。これ、家族みんなに対しての恐怖だったのです。

やってもいないことをでっちあげられる。巧みな嘘で他の家族が攻撃してくる。最後の怒りを出してしまうと虐待者扱いで向こうの思うつぼで精神的に袋叩きになる。悪意のある見事な茶番劇でした。それなのに、僕は「見捨てられ不安」から闘うことが出来ず逃げていた。だから悪夢を見ていたのです。

現実は、「やってもいないことをでっちあげられる。巧みな嘘で他の家族が攻撃してくる。最後の怒りを出してしまうと虐待者扱いで向こうの思うつぼで精神的に袋叩きになる。という茶番で、完全に手も足も出なくされた。」です。この現実から逃げないでしっかり直面したのです。

「潜在意識レベルでの根深い恐怖」が「悪夢になっている」から、その恐怖を知り尽くせばよいのです。だから、回復の為に痛みを伴いますが徹底して手口、嫌がらせ、変性意識状態のこと、催眠状態のこと、暗示、刷り込み、アンカリングなどを知る努力をしたのです。

「潜在意識レベルでの根深い恐怖」が「悪夢になっている」から、その恐怖を知り尽くせばよい。だから、回復の為に痛みを伴いますが徹底して手口、嫌がらせ、変性意識状態、催眠状態、暗示、刷り込み、アンカリングなどを知る努力をした。

<<下に続く>>

僕が受け続けていたのは、徐々にレベルが上がっていった嫌がらせなので普通の嫌がらせじゃなく子供では処理しきれない「心理的な攻撃」を受けていたから対処しようもなく潜在的な恐怖になっていたのです。だから「心理的な攻撃」について勉強して遮断する必要性があったのです。

勉強したことは盾になる。それをもって家族のところに何度も行った。するとそれまでわからなかった「心理的な攻撃」がはっきりわかるようになってきた。だからそれを1つ1つ通じないようにした。そしたら、僕に対してやってきた手口が通じないものだから、嫌がらせを今度はほかに向けだした。

「家族から受けていた心理的な攻撃」を「あなたの手口は通じないよ」と返すことが「問題解決」になるのです。それまで「嘘と恐怖と餌で飼いならされていた」ことから生み出された恐怖を消せるのです。つまり、あの家族が繰り出した「嘘」から、自分で自分を助け出したのです。

小さいころから、「お前は家族がいないと大変なことになる」と刷り込みを受け続け、世界は悪だと叩き込まれ、嘘の世界を心の中に作られていて、見捨てられ不安も強くなり、極度の依存症になり、恐怖で紐づけされていた。それを問題解決して全部断ち切ると悪夢は消えたのです。

悪夢から大切なことを学ぶこともある

現実で解決すべき問題に向き合って問題解決をすると悪夢は治るのです。

その頃には、自分の心の成長がありますので、家族への恨みは殆どなくなる。区別がしっかり出来、原因を自分に持ってくることが出来るようになりますし、これからソレを受けないための対処も出来るので問題が問題ではなくなるのです。そして、家族も一生懸命に生きてきたことがわかるようになります。

自分が成長してくると、自分が受けた「心理的な攻撃」の背景にある家族が抱えているものがなんとなくわかるようになってきます。すると「本当に大変な中、よく頑張ったね」と、そして「そんな中、育ててくれてありがとう」という気持ちも徐々に出てくるようになるのです。

その背景がわかってくると。「自分だったら耐えれなかったと思う」ということがわかってくるんです。僕は少しですがわかりました。すると、そんな大変だったら嫌がらせをしてしまうくらいになってしまうことだってわからなくない…。そう思えることが見えてくるのです。そうすると「過去のことは関係ないよ」って思えるようになります。人それぞれですが。

それが「感謝」となって少しずつ現れてきます。感謝は感情(本音)で謝ること。これに気づくと感謝が生まれてくるのです。つまり、今まで、自分自身が家族の一員として無力で何も助けになってあげられなくてごめんね。という謝るべきこともあるとわかるようになってきます。

この記事で書いたこと。

自分の傷を癒して回復すると、今度は、自分の中に、自分でも気づいていなかった「謝るべきこと(自分の加害者の部分)」があることに気がつきだします。余裕が生まれると別の視点が見えてくるのです。自分が如何に愚かで未熟で独りよがりだったか。色々わかってきます。

それがわかってきたらやるべきことは「自分の成長」ということ。成長していかないと何も変わらない。どうやら「長きにわたる悪夢」は「大切なこと」を教えてくれていたようです。「人間的に成長しなさい」という大切なことを。

悪夢の現実的問題解決から → 癒し → 反省 → 感謝へと心が育ってくる。

「悪夢に打ち勝つ」というのは「自分の弱さと対峙する」ということでもあると思います。本当の親孝行が出来るよう、自分を自分で育てていくことが大切です。「悪」は「良い教材」として「善」の支配下にあると思う。

僕が悪夢を見なくなったのは「サヨナラ・モンスター」の方法によってです。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・親への恨みを克服したい!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックス、優越コンプレックス、メサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・モラハラ加害者をやめたい!
・DV加害者をやめたい!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!
・死にたい(死にたいくらい苦しい)
・自力でトラウマを克服したい!
・苦しい気持ちをわかってほしいという欲求が強い人!
・自分が自分の親になることが大切だとわかってきた人!
・誰かの所為にし続ける人生に終止符を打ちたい!
・自分のことをダメ人間だと思っていて無気力な人!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)