自己肯定感が低い人の特徴の1つ!悪い暗示(情報)に気づいていないから意気消沈してしまう!最高の解決法は真剣になること!

2791 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

自己肯定感が低い人の特徴の1つ!悪い暗示(情報)に気づいていないから意気消沈してしまう!最高の解決法は真剣になること!

悪い暗示にも気づかず寝ぼけて生きていた

自己肯定感が低い人の特徴の1つに「悪い暗示(情報)に気づいていないから意気消沈してしまう」というものがあります。僕も、自己肯定感がめちゃくちゃ低かった時、悪い暗示に気がつかない人間でした。そして、寝ぼけて生きていました。(笑)

まず、暗示とは何か。それを知らないといけません。暗示について正しく書かれている文章を引用させていただきます。

暗示(あんじ、英: suggestion)は、言葉や合図などにより、他者の思考、感覚、行動を操作・誘導する心理作用のことをいう。暗示にかけられた者は自然にそうなったと考え、それが他者による誘導によるものであることに気が付かない。

引用元:暗示 – Wikipedia

自己肯定感の低さと悪い暗示の関係性を簡単に言えば「悪い暗示をかけて心理作用によって相手に気づかれないように相手の自己肯定感が低くなるように誘導する者」によって、そうされているとは気がついてないということです。実際に、こういった悪い暗示遊びをして、他者の自信を失わせようとしたり、自分を嫌いになるように誘導する人もいます。他人の不幸が蜜の味の人ですね。だからといって「この野郎よくもやったな!」と怒らないでくださいね(*^-^*)そんなことしても意味ありませんので。原因は自分にありますから。原因は寝ぼけていたことです。僕もそうでした。

どうしたら解決できるのか!

無自覚型のハラスメント加害者や精神的な嫌がらせの被害を受けているのに気づかない人は「瞬間(短い時間のこと)に気づくこと」が必要です。実際に自分の心を軽くできた人は「瞬間(短い時間のこと)に気づく練習」をしました。寝ぼけていてはいけない。無自覚型の人はみな寝ぼけています。

脳機能学者の方の本の言葉を借りるのなら「無自覚型の人はみな寝ぼけている」というのは「起きながらにして寝ている状態」のことです。だから無自覚型のハラスメント加害者にもなれるし精神的な嫌がらせの被害を受けているのに気づかない人にもなれてしまうのです。

<<下に続く>>

この話は「自己肯定感を高める方法」の会話例でもお伝えしたことです。悪い暗示(情報)に気づいていないから意気消沈してしまうのに理由さえわからないのです。

瞬間に気づくということは感謝や真剣さと関係がある

瞬間に気づくということは感謝や真剣さと関係があります。瞬間というのは短い時間のことです。時間は命ですよ。二度と戻ってこない価値ある命です。その大切な時間を無駄に使っている。だから寝ぼけた状態になってしまい、悪い暗示にも気がつかないのです。真剣になれば、今ここに、感謝すべきことがあふれていたり、やるべきことがあったり、価値あるものがいっぱいあるんです。自己肯定感を高めて、悪い暗示に気づいて跳ね除けることが出来るようになるには目を覚まして、今を見ることです。

今、自分がそこに生きているのは誰かのおかげかもしれない。社会人の誰かの恩恵かもしれない。それがわかってきたら自分自分という自分が偉そうにすることが消えていきます。

瞬間(短い時間のこと)に気づく練習」は今の目の前のやるべきことに「真剣になる」ということ。本当の真剣(刀)で切られたら一発で終わりです。それくらいの真剣さをもって自分がやるべきことに取り組んでいけば間違いなく自己肯定感は高まっていきます。

僕も、長い間、本当に寝ぼけていた。これから真剣になっていこう。

上部にあるアイキャッチ画像を見たでしょう。

あなたの心も、あのように強い思いを持てば、自己肯定感なんて甘っちょろいものじゃなく、本物の自尊心が魂の奥にしっかり座るでしょう。

心の隙間に仕掛けを施される

「自分は寝ぼけていた…」と気づけたら本当の自分に近づいてきた証拠です。目を覚ますと今まで気づけなかったことに気づけるようになります。人は起きながらにして寝ている。本人は寝ぼけている自覚はない。

「自覚のない寝ぼけている部分」が「心の隙間」です。詐欺師や洗脳者、支配者はこの心の隙間にそっと仕掛けを施します。そして自覚がないまま流される習慣が作られていく。恐怖に同一化することで心理的な奴隷となる。苦しみは「本当の自分に戻るための気づきのメッセージ」です。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)