誰も頼れない人向け!「極度の緊張や恐怖を克服するための方法」がやっと出来ました。PDFファイルで65ページ(約25000文字)

963 views
約 8 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
誰も頼れない人向け!「極度の緊張や恐怖を克服するための方法」がやっと出来ました。PDFファイルで65ページ(約25000文字)

誰も頼れない人向け!「極度の緊張や恐怖を克服するための方法」

3月22日からコツコツ毎日制作していて、誰も頼れない人向け!「極度の緊張や恐怖を克服するための方法」がやっと出来ました。出来たといってもまだ公開は出来ません;^^PDFファイルで65ページ(約25000文字)です。

この方法は、実際に僕自身が極度の緊張や恐怖で苦しみ続けた時期があるのですが、その本当に酷い状態から劇的に快方に向かわせることが出来た方法をまとめています。極度の見捨てられ不安や長年見ていた悪夢も克服済みです。つまり、僕の極度の緊張や恐怖がかなり軽減することが出来た集大成ともいえる方法です。この方法の1部を試した人がいますが、かなりの効果を感じていました。この方法はとても自信があります。

経験したことのない人の克服法も良い面もありますけど、僕は実際の経験者ですし、すでにお伝えしているように、今も「対人恐怖症」「うつ病」「慢性頭痛」「半引きこもり(一人ぼっち)」「人間不信」「人間アレルギー」などの症状があり、その症状に感謝しています。僕は自分の弱さを人に言うのは苦手だったので言って来なかったのですが書き出せばキリがないのです。心理的にも肉体的にも病院も行けないほど(歩けない時もあって、パートナーに協力してもらい数か月間の徹底した食生活と少しずつの運動である程度回復した)のときもありました。徹底して調べて自己診断ですが、極度の見捨てられ不安、神経症、悪夢障害、自己免疫疾患、副腎疲労、何らかの原因で急性腎炎、その後、かなり回復した後に腎機能低下(これは病院での診断)、円形脱毛症、飛蚊症、パニック障害、過呼吸、斜視、光がダメになり眼球が破裂するほどの痛み(夕方から電気をつけれない生活をしていた)、胃や背中の激痛、とにかく酷かった。

そして、これらの症状について他人が土足で踏み込んできて触れられるのが嫌で嫌でたまらなかった。なぜかというと子供のころからどんなに苦しくても辛くても家族は僕を無視して僕の苦しみは「おまえは苦しくない」と長年扱われてきたので、僕は「自分の苦しみや弱さを隠し強がること(自分を心理的に虐待すること)でわずかな愛情欲しさに家族に媚びて自分を守ってきた」のです。「家族に見捨てられる恐怖」によって「隠す」ように生きていたのです。家族の前ではケロっとした態度をするように。だけど、もうそれは必要ない。自分で自分を大切に思うようになってきたから過去は関係ないのです。

つまり、このように苦しんできて、今も、まだ苦しみが残っている「当事者」なわけです。「当事者だからわかることもある!」ということ。僕は前にこう思っていました。「経験したこともない。さらには当事者でもないのに本当にわかるの?」と「弱者だと見下していい気になっているんじゃないの?」と感じるような人もいました。「イラッ」ときたこともありました。(これは僕の甘えからくる解釈の問題です。僕が想像していた以上にみなさん一生懸命だったのですがその時は気がつきませんでした。)

そこで、人それぞれですけど「カウンセリングは無駄だ」と感じる人もいます。もちろんそれで救われる人もたくさんいます。合う合わないがあるのです。僕は合いませんでした。カウンセリングを受けると「心が更に傷つく」のです。心の中で「おまえ何言ってるんだよ教科書見て知った気になっているだけでは無駄だぞ」と思ったこともあります。それを言ってしまっても何もなりません。ですので、それでやめました。(これもその時の僕の甘えからくる解釈の問題です。僕が想像していた以上にみなさん一生懸命だったのですがその時は気がつきませんでした。)

そこで、僕は「教材」に目を付けたのです。たくさんの教材に学ばせてもらい救われることに繋がることもありました。僕の問題はすごく根深かった。と思います。そして、教材を購入し、学び、理解力を上げ自分を癒していったのです。人の心を癒すのは「本当の理解」です。つまり「理(物事の道筋)をもって解く」ことで人は癒されるのです。それから、僕は、自分に「理(物事の道筋)をもって解く」ことをしてみました。そのために「理(物事の道筋)をもって解く力」が足りなかったのでそれを身に着けました。すると更に癒されていったのです。癒されることで極度の緊張や恐怖などもすごく軽くなっていったのです。

つまり「極度の緊張や恐怖を克服」するということは「勉強」「学習」「知らないことを知る」ことなのです。そして極度の恐怖を作り出している根本から変えてしまうことが大切なのです。その方法をまとめたのが「極度の緊張や恐怖を克服するための方法」です。

やっと制作が完了しました。PDFファイルで65ページ(約25000文字)です。まだ公開はできません。他にもやることがたくさんありますので準備中です。

極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!

カウンセリングは合わない!

人間不信で誰にも助けてと言えない!

もう人を信じることは嫌だ!

1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)

アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!

誰ともかかわりたくない

 

このような方で極度の緊張や恐怖がある人におすすめの「極度の緊張や恐怖を克服する方法」です。

※逆に考えると楽になりますよ。

カウンセリング?受けたくない。

人と関われない?いや関わりたくない。

一人はいやだ。本当に?本当は今は1人でいたいんじゃない?

行動は本音です。自分が選択した行動や、その状況。すべて肯定してみると本当の自分に1歩近づけます。

心は、回復するために1人になったほうがいい場合、無意識のうちに1人を選ぶようになります。

<<下に続く>>

回復してきたら、自然と人と関わりたいと思う時が来ます。

自然が1番大事なのです。ありのままの現状を肯定してあげてください。

最高の方法である。僕は大げさでもなんでもなく、そう思っています。

この方法が、あなたに合うか合わないか。それは僕にはわかりません。だけど、あなたが「自分の力で自分を恐怖から救い出したい」と思っているのなら決して無駄になることないでしょう。

僕の苦しみを唯一理解してくれていたパートナーは教材の中身をみて「自分が苦しい時に、こんな教材に出会いたかった」と言っていました。本当に苦しい時に「苦しみを誰にも言えない時に気持ちを無視されて無理矢理矯正(行動しなよ)させられる感じが嫌だったからこんな教材があったら救われてた」と言っていました。

この言葉は僕にとっても嬉しい言葉です。なぜなら「苦しみを誰にも言えない人に向けて制作した教材だから」です。良い意味で刺さったということだと思います。

僕は過去に、悲しみの絶望から更に逃避して極度の薬物依存になり薬物をやめたあと精神が崩壊しそうだった。勿論誰にも本音は言えないから隠す。スケープゴートされていると言えないんです。本音を出すことは死ぬほど怖かった。僕の本音はゴミのように捨てられていたからだ。今ならわかる。家族みんな余裕なんてなかったのです。

そんな絶望的な気持ちで長い間生きていたけど「自分を信じる気持ち」が強くなると「大丈夫だ。問題ない」と自分に言える。その言葉が心の中の小さな自分に届く。すると心の奥から温かい気持ちになる。どんなに辛くても苦しくても自分を信じてあげること。これが本当に大切なことです。

家族からひどい扱いを受けていたとしても自分が自分の親のような気持ちで「俺はお前の味方だ」と心から思えたら心は楽になります。それだけではなく更に余裕が出てきます。余裕が出てくると違う視点が見えてきます。「みなそれぞれが不器用なりにでも頑張っていた」ことがわかるのです。

「違う視点」というのは例えば「自分が心理的に虐待され続けていた」ことを裏から見たり上空から見るイメージです。すると、心理的に虐待をしている裏には限界まで頑張っていたり悲しんでいたり対処できずにいたんだ。と違うものが見えてくることがあります。勿論自分の悪いところも。

人は他人の言葉で「偽物の本当の自分」を作って自分から逃げる。そして人は迷って悩んで苦しむ。答えは心の奥で泣いている自分自身が持っているのに。そしてそこから本当の自分を救い出すために歩き出していく。

つまり、誰も頼れない人向け!「極度の緊張や恐怖を克服するための方法」は、「自分が自分の味方になって、自分で自分を救うための教材」ということです。

この方法は現在準備中です。他にも制作しないといけないものもあり、それらが完成しましたら販売サイトのほうで審査してもらって審査が通過したら公開開始です。

ランディングページをカラフルで制作

次は、誰も頼れない人向け!「極度の緊張や恐怖を克服するための方法」を紹介するための詳細ページを作ります。ランディングページです。ランディングページは「エックスサーバー」のワードプレスを使って、前に買った「LPテンプレートクリエイティブパック「Colorful(カラフル)」」というランディングページを簡単に作れるツールを使って制作していきます。

 

メルマガ読者さんの方の中には、この教材を「試したい!」と思っている方も多いかと思います。現在、2000人くらいの方がメールを読んでくれています。この教材を「試したい!」と思っている方は、メールを僕に送ってください。完成しましたらメールでお伝え致します。

まだ公開できません!

お待たせして申し訳ありませんが、誰も頼れない人向け!「極度の緊張や恐怖を克服するための方法」はまだ公開できません。教材のほうも完成し、販売価格を決め準備しているのですが、まだまだ他にやることがあって、まだ公開できません。クレジットカード決済などのお支払方法を追加するために教材を販売する販売サイトのほうの審査などもありますので、まだ時間がかかります。

教材名は「サヨナラ・モンスター」です。PDFファイルで約86ページ。約36000文字。

変更になることもあります。

教材を印刷してみるとこんな感じです。

公開できるようになりましたら、またメールします!!

もうしばらくお待ちください!

販売開始!

以前よりお知らせしていた新教材、「サヨナラ・モンスター」がついに完成しました!!自信の教材です。

詳しくは、以下のページをご覧下さい。

決済代行会社の審査も無事通過して公開開始となりました!

→ http://info.sayonara-monster.net/lp1

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)