認知的不協和状態の人に振り回されないように

認知的不協和状態の人に振り回されないように

認知的不協和という言葉はご存知ですか?認知的不協和とは、人が自分の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態のことを言います。その結果、矛盾からくる不快感を解消しようと新たな認知を追加して既存の認知を弱めたりします。

例えば、AさんがBさんを好きだとします。Bさんは猫が大好きです。しかしAさんは猫が嫌いです。ここで認知的不協和になります。AさんがBさんを本当に好きなのなら、Bさんの好きな猫も好きなはずですが、Aさんが猫が嫌いだと、猫を好きなBさんを否定してしまう事になる…そして不快感が発生します。そして、この不快感を解消しようとAさんは無意識で新たな認知を追加して、既存の認知を弱めようとします。

・AさんはBさんが好き
・Bさんは猫が大好き
・Aさんは猫が嫌い

追加
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

・Aさんは実は猫が好き。 ⇒ NEW認知追加
・Aさんが猫が嫌いだったのは家族の影響 ⇒ NEW認知追加

このように新たな認知を無意識で追加して、Bさんを好きな理由を強め、Aさんが猫が嫌いだという認知を弱めます。そうして、猫が嫌いだったAさんは、実は自分は猫が本当は好きだったけど、家族などの影響で嫌いだと思い込んでいた。と更に思い込んでいくのです。

しかし、ここで都合よく振り回されるのは猫ですよね。

AさんがBさんを好きなうちは、Aさんは猫が好き。しかしAさんがBさんを好きではなくなると、Aさんは猫が嫌いに戻る可能性があるので、猫はAさんから優しくされたり嫌な態度をされたりして辛い思いをすることになるのです。このように、矛盾は論理的に辻褄の合わないことで、現実を無視していますので、どこかに負担が出てきて、誰かが嫌な思いをすることに繋がりやすいのです。

この話の場合、Aさんが本当に猫が嫌いだったのは家族の影響で実は猫が本当に好きだったのなら良いのですが、Bさんを好きでいる為の利用のための新たな認知だと、振り回されるのは猫ですね。このような感じで、認知的不協和の解消の為に、家族中から悪くもないのに悪者にされたりする人もいます。こういった場合は矛盾を通さず、論理的な会話をするようにしましょう。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)