意識レベルでは「望んでいない!」と言っても無意識レベルでは「ちゃんと望んだ(心の望遠鏡で遠くを眺めた)」ことになり、それが現実化してきやすくなるのです。思考も言葉も願望も現実化する。

意識レベルでは「望んでいない!」と言っても無意識レベルでは「ちゃんと望んだ(心の望遠鏡で遠くを眺めた)」ことになり、それが現実化してきやすくなるのです。思考も言葉も願望も現実化する。

「こんなものは望んでいない」と自らの不幸に対して思うことは誰でもある。そして「いえ、それは君が望んだ結果だ」と言われたら頭にくるものです。だけどもっと深い部分で「実は自分が望んでいた」と気づけると「不幸を減らすことが出来る」のです。過去に心の望遠鏡で遠くを眺めた自覚がないだけ…。

心の望遠鏡で遠くを眺めて、それを明確にイメージすればするほど「望む」ということになってしまい、意識レベルでは「望んでいない!」と言っても無意識レベルでは「ちゃんと望んだ(心の望遠鏡で遠くを眺めた)」ことになり、それが現実化してきやすくなるのです。思考も言葉も願望も現実化する。

ある本に書いてあったこと。「ある科学者によると人の1日の思考回数は約60000回もある」と言われているように自分の無意識レベルの思考の殆どに気づくこともない。それほど「自分の望みにも気づけていない」ということなのです。だから「こんなの望んでいない!」となる。

あとは「心を明け渡している領域」の部分に「他者の望み」が入ると、それが現実化しやすくなる。他者の願望が自分を通じて現実化することもある。本人がこれに自覚がない場合は「自分はこんな結果望んでいない!なぜ?どうして!?」となる。点と点はちゃんとどこかで繋がっているのです。難しいけど。

例えばカルト教祖は信者の心を使って自分の願望を信者の心にスーッと入れ込む。そして集団の信じる心の力を使い現実化させようとする。カルト教祖が自分の願う結果を信者に対し隠している場合、信者はその結果を目の当たりにしたときに「こんなの望んでいない!」と思う。だけどプロセスはあった。

他人に心を明け渡すこと、信者になること、1つ1つをちゃんと見ないこと、こういったことが重なるほど「こんなこと望んでいない!」と後から思うことが増えてしまうのです。だからこそ「目を覚まして取捨選択すること」がとても大切なことなのです。

僕が、こういった深い部分の内容を発信するのは「本当の意味で騙されない人(気づけていないレベルのものに騙されない人)」が増えてほしいからです。スケープゴートをされる立場は「外部の者に騙された者たちの恨みを無意識のうちに一手に引き受ける立場」なのです。

だから目を覚まして、矛先を正し、他人に心を明けことをやめ、信者になることもやめ、1つ1つをちゃんと見て自分の責任で取捨選択をすること。それが出来れば、スケープゴートが生み出されることはなくなります。スケープゴートはその群れの未熟な部分や煩悩まみれを隠すための身代わりなのですから。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)