「2:6:2の法則」は支配者たちを仕分ける仕組みになっています。支配者であるから支配の心が「餌」に食いつくのです。人を支配しない人は「餌」に興味を示しません。

16249 views
約 9 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
「2:6:2の法則」は支配者たちを仕分ける仕組みになっています。支配者であるから支配の心が「餌」に食いつくのです。人を支配しない人は「餌」に興味を示しません。

「2:6:2の法則」をご存知でしょうか。

「2:6:2の法則」とは、学校や、会社、家族など、人間が集団を構成すると、2:6:2の割合で分かれてしまい、分かれたグループだけ(例えば同類の2割)を集めて集団を再構成しても、また2:6:2の割合で分かれてしまう法則であり、アリも同じように2:6:2の法則で別れてしまいます。

良く働くアリ(2割)

普通に働くアリ(6割)

働かないアリ(2割)

質問者
じゃあ、頑張っている「良く働くアリ(2割)」だけを集めて、最高の働くアリの集団を作ろうとしても、「働かないアリ(2割)」が出てきてしまうってことですか?
菅原隆志
その通りです!不思議ですよね?「良く働くアリ(2割)」だけのエリート集団になるかと思いきや、2:6:2の割合で分かれてしまう…。。。

これはアリの世界以外でも、色々なところで見られます。

20%やる側
60%傍観者
20%やられる側

これがグループ形成をすると分かれる割合です。個人的に「1:8:1」や「1:7:2」などの場合もあると思っています。あくまでも大体2:6:2の割合で分かれてしまうという感じです。

学校や会社、家族など色々なところで見られます。

20%が影でいじめを楽しむ側
60%が見て見ぬふり
20%がいじめられる側といじめる側

20%が何もしない
60%が仕事をしたふりをする
20%が仕事をやらされる

このグループ形成時に分かれる割合である2:6:2の法則ですが、 人間だけではなくアリの集団でも同じように分かれることから生命の法則といっても良いかもしれません。

下20%が苦しんで悩み、その原因を見つけ出そうとすると、中60%に根拠のない否定などで叩かれます。 そして素直でいればいるほど下20%の立場に追いやられる仕組みです。

中60%の傍観者は下20%の立場に追い込まれることが怖いため見て見ぬふりをしたりして、上20%の考えをします。

つまり、本当の自分を持とうとすればするほど、20%のやられる側の立場に追いやられやすいのです。下20%の立場に追いやられている人が、いじめられる人、モラルハラスメント被害者、虐待される人などです。言い買えば「2:6:2の法則」とは「支配の法則」や「悪魔の支配」とも言えるかもしれません。恐らく世界情勢を見ていくと、「2:6:2の法則」のようなものがたくさん見つかると思います。

「2:6:2の法則」は「悪魔の支配」??

「2:6:2の法則」は「悪魔の支配」??

質問者
「2:6:2の法則」は「悪魔の支配」??悪魔がいるんですか?(((゚Д゚)))
菅原隆志
悪魔はいませんよ(^^)私が言っている悪魔は「ネガティブな働き」のことです。そのネガティブな働きに負けてしまうと、2:6:2の割合で別れていくのだと私は考えています。
質問者
あぁ良かったです(#^^#)悪魔がいるのかと思って怖くなりましたので(笑)えーっと、じゃあ、2:6:2の割合で別れない人もいるということですか?
菅原隆志
そうですね。私はそう考えています。以下の画像を見て下さい。

画像を見ていただきありがとうございます。先ほど、簡単に作ったものなので、あとで修正する場合もあるかもしれませんが、私が考えている「2:6:2の法則」は「悪魔の支配(ネガティブな働き)」はこんな感じです。

質問者
なんかわかるような気がします!人は日々、ネガティブな情報とか受け取ったりしてますもんね
菅原隆志
そうです!すべてを避けることが出来ないくらい日々マイナス情報が流れてきます。メディアから、友達から、いろいろなところから。そして、その情報は意識できるものから、意識できない無意識への暗示となって流れているものなど様々です。
質問者
悪魔って悪いやつですね。悪魔がいなければみんな幸せになりますよね??
菅原隆志
いいえ。それは違います。
<<下に続く>>

質問者
なんでですか!???悪魔は人を苦しめますよね?悪いやつだと思うんですが・・??
菅原隆志
悪魔が人を苦しめるんじゃないんです。自分で自分を苦しめるんです。気づいていないけど。悪魔(ネガティブな働き)はあえて悪役を買って出て、人が自分の力で自由と幸せを勝ち取るように影からそっと背中を押してくれているようなものです。
質問者
もしかして、さっきの画像の「マイナスの圧力」と「巧妙な仕掛け」を受け取っているから、自分で自分の首を絞めている??
菅原隆志
さすがですね!その通りです。コインの表裏のように、餌には釣り針がありますね。餌に食いつくと針が刺さるんです。「マイナスの圧力」と「巧妙な仕掛け」を「餌」でカモフラージュされて流されているから、人は「マイナスの圧力」と「巧妙な仕掛け」だと気が付かずに受け取ってしまうんです。
質問者
なるほど!!!!!!だから「餌」をうけとって苦しむ。自分で自分を苦しめている。それが何なのか咀嚼せずにパクパク食いついた結果?
菅原隆志
その通りです(^_-)-☆このことが分かってくると悪魔(ネガティブな働き)って、なんか優しい感じがしませんか?
質問者
します(笑)人の精神的な成長の踏み台になってくれているような(#^^#)
菅原隆志
そうですね(^^♪「餌」というのは、自らが生産しないで楽して他から与えてもらいたい心から欲します。そこに他者への支配が生まれます。子供を道具のように利用するために虐待する。虐待者の要素があると「餌」に引っかかりやすいのです。しかし、支配をせず、真っ直ぐ生きているものは「餌」に食いつきません。
質問者
今回も、1つ勉強になりました!依存的な自分に打ち勝って、精神的な自立への道に進んでいきたいと思います。ありがとうございました!!

「2:6:2の法則」は「悪魔の支配(ネガティブな働き)」によって分かれた「心の世界の奴隷」なのです。私も勿論そうです。だから、脱出することが大事だし、精神的な成長があるのです。

下20%から脱出するためには、奴隷のような心理、自己犠牲、依存、期待を捨てることです。そして自己肯定感を高めることが大事なことです。そうすることで徐々に抜け出すことが出来ます。下20%は上のストレス処理係として無意識で道具にされてしまうのです。上20%は甘い汁をすすっていますので、最後まで過ちには気が付きにくいポジションです。

道具にされていた方が気付き、自己肯定感を高め抜け出すと、次は別の人が道具にされる仕組み(下に追いやられる)になっているのです。そういった力が働いているからです。それなのに抜け出さずに、やれ何が悪い、やれ誰が悪いと騒いでいても根本解決は出来ないのです。厳しい言い方になりますが、「餌」に食いついていしまった結果なのです。

「2:6:2の法則」は支配者たちを仕分ける仕組みになっています。支配者であるから支配の心が「餌」に食いつくのです。人を支配しない人は「餌」に興味を示しません。

「2:6:2の法則」は自己肯定感を高めるために、とても効率の良い仕組みですよね(笑)

誰が考えたのでしょう(笑)

自己犠牲をしている方は、自分は犠牲になるべき、いじめられるべきダメな人間だという、そんな思い込みは捨てて本当の自分を見つけましょう!

善悪の判定者でいるうちは、絶対に抜け出せません。違う存在を認めて受け入れるのです。そのうえで好き嫌いがあっていいんです。嫌いなら離れる。好きなら近づく。そして、支配せず、尊重しあう。そうすれば、すべてに意味と価値があるとわかってきます。

それが悪い連鎖を止めることになります。

あなた自身が、悪い連鎖を止めて、自分の心の中の希望の扉を開けばいいのです。

希望の扉を開くカギは、あなたの中にあります。自分と違う存在だからと言って支配して潰そうとするのではなく、支配せず、尊重しあう。だけど、自分の好き嫌いの権利も大切にする。そうすれば、適度な距離感を守りながら、違う存在や、嫌いな相手とでも共存共栄していけるのです。それが出来るようになるまで悪魔(ネガティブな働き)はサポートしてくれているような者なのです。

扉の向こうで「本当の自分」は待っているでしょう。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・親への恨みを克服したい!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックス、優越コンプレックス、メサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・モラハラ加害者をやめたい!
・DV加害者をやめたい!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!
・死にたい(死にたいくらい苦しい)
・自力でトラウマを克服したい!
・苦しい気持ちをわかってほしいという欲求が強い人!
・自分が自分の親になることが大切だとわかってきた人!
・誰かの所為にし続ける人生に終止符を打ちたい!
・自分のことをダメ人間だと思っていて無気力な人!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)