人は「法律に守ってもらっている」ということを深く理解したうえで法律を守って初めて「心のオムツが取れるかもしれない状態」なのです。

 2021年11月28日
1127 views
人は「法律に守ってもらっている」ということを深く理解したうえで法律を守って初めて「心のオムツが取れるかもしれない状態」なのです。

名誉毀損の1つ「名誉感情の侵害」がある。名誉感情を侵害する条件が揃うと不法行為となります。僕のパートナーに対して行われた手口は明らかに誰が見ても(知識がない者を除く)「悪質極まりない」とわかるほど悪質でした。印象操作、成りすまし。これはモラル・ハラスメントの加害者のやることです。

あのような犯人が行う手口は知識がなく鵜呑みにする者たちに嘘を混ぜたストーリーを信じ込ませて炎上させて他人を駒にしてターゲットを叩かせようとする卑怯な手口です。そんな卑怯者に騙されて自分の人生を台無しにするのはもったいないです。彼らが如何に他人をモノとしてみていないか知ると良い。

自分の手は汚さず、無知な者に対して心理誘導をして、信じ込ませてラジコンのように他人を利用してターゲットを叩かせるのです。捕まるのも民事で訴えられるのも鵜呑みにした人たちです。向けるべき矛先は「こっそり心理誘導している者」ではないでしょうか。多くの人が気づきだせば彼らは表面化する。

卑怯者が誰かを叩くときに「他人を悪用する」ことがありますが、そのときに「事実の歪曲」や「嘘」を使います。多くの人は100%の確認が出来ない。だから所々に事実を忍ばせてそれを目立たせておけば嘘や歪曲された情報も鵜呑みにしやすいのです。そして歪ませた作り話ストーリーを信じ込ませる。

そして多くの人が作り話ストーリーを信じ込んでしまいターゲットを叩きだした後に、逮捕されたり、裁判が行われて、その時に明らかになるのです。僕らの場合は犯人が「パートナーの実名を使い、成りすましていた」のです。そうやって変な印象を見ている人たちに植え付けていたのです。

卑怯者の犯人の手口を知る人が増えれば増えるほど、彼らは他人を操作したり悪用したり出来なくなってきます。人はモノじゃないのですか。自分の卑しい気持ちを消化するために自分が捕まらないように他人を騙してターゲットを叩かせる。そして火付け役は知らん顔して逃げる…。卑怯者ですね。

「不法行為」は「やり過ぎ」ということ。

法律を守っている人たちがいることは有り難いことだと知る事が大切です。もし、今この瞬間に法を取り払い無法地帯にしたなら今すぐに殺人が蔓延します。それを心理的にガッチリ止めてくれている「親代わり」が「法律」です。

「パージ」という映画(https://youtu.be/CzzBW5fV6Q0)があります。1年のうち1日(12時間のみ)全ての犯罪が合法になる法律(パージ)。もしこれが現実でも起こったら怖いですね。だけど「全責任を自分で持つ」ってことなのですよ。日頃から他人を巧妙に傷つけているものは真っ先に〇されるでしょう。

人は「法律に守ってもらっている」ということ。それは”ありがたいこと”なのです。法律をすべて取り払ったときこそ「本当の意味での精神的な自立」なのです。つまり、精神的な自立をしている立派な自分をアピールしているあの人も広い意味で言えば「心のオムツ」は取れていないということなのです。

このことがわかってきたら「名誉毀損」という恥ずかしい行為はしたくない…。と思えるのではないでしょうか。子供が駄々こねて他人をどうにかしたいからと言って名誉毀損というモラルハラスメントの一部となりえる手口を使う…。そんな真似ではなく「ちゃんと問題解決したい」と思うのが健全です。

「法律」は「本当の意味で精神的に自立するまで支えてくれる補助輪」と「それを見守る親」のようなものです。巧妙な計画の元、人生を奪うレベルで仕掛けるガスライティングを仕掛けられたとき何が出来るか。多くは人生を奪われていきます。それだけ「無責任だったから」です。

例えば、ある人が「HIV感染」したとします。だけどそれが巧妙な計画の元、人生を奪うレベルで仕掛けられたものだっとしたら…。その「HIV感染」をあくまで合法的に「巧みな計画と心理誘導」によって遂行されたとしたら。「巧妙な計画」と「お金」と「相手の無責任」が揃うと不可能ではないこと。

真の詐欺師は「お金」などどうでも良いのです。人生を奪われた恨みから「相手の人生そのものを奪う」ことを成し遂げるために巧妙な計画を立てる者もいる。その巧妙な計画に引っ掛かる者は「無責任」で「餌」に食いつく者です。

虐待者も同じで「無責任」で「餌」に食いつく者です。その虐待者を狩るために巧妙な計画を立てる冷静沈着な者…。その者に引っ掛からないために大切なことが「法律を守る」こと「責任を持つこと」、そして「虐待者であることに気づき成長すること」です。

人生そのものを奪っていく真の詐欺師は「気づかれないように見事に騙しきる」のです。つまり人生そのものを奪われたり奪われかけた側は「実は、計画的に仕掛けられたことだった」と気づくことはまず無いということです。知らないまま生きていくのです。それがスケープゴートをした者の最後の末路かな。

僕も騙されてスケープゴートをされ続けた苦しみから過去に悩んだことがある。1人1人の人生を計画的に壊していこうか悩んだこともあった。だけどそのエネルギーを自己理解と癒しに向かわせた。僕はそうした。だけどみんながみんな僕みたいな選択をするとは限らない。

スケープゴートの苦しみなど簡単に言語化できない。その苦しみが形となって現れる一例がさきほどの「あくまで合法的にHIV感染を意図して計画的に自然を装って仕向ける」という例えです。僕はそういった世界から離れて田舎でのんびり暮らしたい。可愛い猫も一緒に。

だけど、本当に酷いスケープゴートをされ続けてきた人たちの中には「今、数年がかりで計画を立てている者」もいるかもしれない。スケープゴートをする者たちは「煩悩(妄念・欲望の混合)まみれの者」です。引っ掛けるのは簡単です。スケープゴートは「ゴミ箱」でも「モノ」でもない。「人間」です。

なので、スケープゴートをし続けた側に対して、巧妙な計画を立てるスケープゴートをされた者がいたとする。僕は、その人を止めることなどできない。その人の痛みがわかるつもりだ。自己責任で遂行すると決断したのならば止めることも出来ないし、止める権利もない。成るように成っていく。自然な流れ。

「巡り巡って返ってくること」に「不満」が出るのなら最初からしないことが大事だと思う。してしまったら人間らしく清算したりすることも大切だと思います。人をゴミ箱にして、ゴミ箱のほうを悪者扱いして、口を封じすり替えてしまう。そういった巧妙なことには巧妙さで返ってくる。因果応報です。

そして、巧妙な計画を立てられて仕掛けられたことを何となく知ったときに、人は「責任(正しく反応する能力)」の大切さと、騙してスケープゴートを作る悪質性がわかるのだと思います。人は目を覚まさないといつまでもスケープゴートを作っていく。

正確なIQがわかる知能テスト(医師作成)

【広告】「公式Worldwide IQ Test」をオンラインで受けて、メンサテストに合格できる「脳力」があるか簡単にチェックできます(有料)。信頼性が高く、すぐに正確なIQがわかる知能テストで30分以内にあなたのIQスコアが分かります!(このIQテストはこの分野に精通した若くて経験豊富な医者により作成されたものです)。フィンランドの会社が運営しているサイトです。テストを行う方は十分な準備をしてから行いましょう(疲労や空腹が無い状態)。結果に大きく差が出ます。

【広告】

Worldwide IQ Test

IQテスト:あなたのIQスコアは?



あなたのIQをテスト →

広告

漫画で笑うと脳がリラックスし、漫画で感動の涙を流すとストレス解消に繋がる場合があります。たまには漫画を読むのも良いかもしれません。「沢山笑う」こと、「感動の涙を流す」こと、この2つを意識して読む漫画を選ぶと良いと思います。



この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。