人は「法律に守ってもらっている」ということを深く理解したうえで法律を守って初めて「心のオムツが取れるかもしれない状態」なのです。

人は「法律に守ってもらっている」ということを深く理解したうえで法律を守って初めて「心のオムツが取れるかもしれない状態」なのです。

名誉毀損の1つ「名誉感情の侵害」がある。名誉感情を侵害する条件が揃うと不法行為となります。僕のパートナーに対して行われた手口は明らかに誰が見ても(知識がない者を除く)「悪質極まりない」とわかるほど悪質でした。印象操作、成りすまし。これはモラル・ハラスメントの加害者のやることです。

あのような犯人が行う手口は知識がなく鵜呑みにする者たちに嘘を混ぜたストーリーを信じ込ませて炎上させて他人を駒にしてターゲットを叩かせようとする卑怯な手口です。そんな卑怯者に騙されて自分の人生を台無しにするのはもったいないです。彼らが如何に他人をモノとしてみていないか知ると良い。

自分の手は汚さず、無知な者に対して心理誘導をして、信じ込ませてラジコンのように他人を利用してターゲットを叩かせるのです。捕まるのも民事で訴えられるのも鵜呑みにした人たちです。向けるべき矛先は「こっそり心理誘導している者」ではないでしょうか。多くの人が気づきだせば彼らは表面化する。

卑怯者が誰かを叩くときに「他人を悪用する」ことがありますが、そのときに「事実の歪曲」や「嘘」を使います。多くの人は100%の確認が出来ない。だから所々に事実を忍ばせてそれを目立たせておけば嘘や歪曲された情報も鵜呑みにしやすいのです。そして歪ませた作り話ストーリーを信じ込ませる。

そして多くの人が作り話ストーリーを信じ込んでしまいターゲットを叩きだした後に、逮捕されたり、裁判が行われて、その時に明らかになるのです。僕らの場合は犯人が「パートナーの実名を使い、成りすましていた」のです。そうやって変な印象を見ている人たちに植え付けていたのです。

卑怯者の犯人の手口を知る人が増えれば増えるほど、彼らは他人を操作したり悪用したり出来なくなってきます。人はモノじゃないのですか。自分の卑しい気持ちを消化するために自分が捕まらないように他人を騙してターゲットを叩かせる。そして火付け役は知らん顔して逃げる…。卑怯者ですね。

「不法行為」は「やり過ぎ」ということ。

法律を守っている人たちがいることは有り難いことだと知る事が大切です。もし、今この瞬間に法を取り払い無法地帯にしたなら今すぐに殺人が蔓延します。それを心理的にガッチリ止めてくれている「親代わり」が「法律」です。

「パージ」という映画(https://youtu.be/CzzBW5fV6Q0)があります。1年のうち1日(12時間のみ)全ての犯罪が合法になる法律(パージ)。もしこれが現実でも起こったら怖いですね。だけど「全責任を自分で持つ」ってことなのですよ。日頃から他人を巧妙に傷つけているものは真っ先に〇されるでしょう。

人は「法律に守ってもらっている」ということ。それは”ありがたいこと”なのです。法律をすべて取り払ったときこそ「本当の意味での精神的な自立」なのです。つまり、精神的な自立をしている立派な自分をアピールしているあの人も広い意味で言えば「心のオムツ」は取れていないということなのです。

このことがわかってきたら「名誉毀損」という恥ずかしい行為はしたくない…。と思えるのではないでしょうか。子供が駄々こねて他人をどうにかしたいからと言って名誉毀損というモラルハラスメントの一部となりえる手口を使う…。そんな真似ではなく「ちゃんと問題解決したい」と思うのが健全です。

「法律」は「本当の意味で精神的に自立するまで支えてくれる補助輪」と「それを見守る親」のようなものです。巧妙な計画の元、人生を奪うレベルで仕掛けるガスライティングを仕掛けられたとき何が出来るか。多くは人生を奪われていきます。それだけ「無責任だったから」です。

例えば、ある人が「HIV感染」したとします。だけどそれが巧妙な計画の元、人生を奪うレベルで仕掛けられたものだっとしたら…。その「HIV感染」をあくまで合法的に「巧みな計画と心理誘導」によって遂行されたとしたら。「巧妙な計画」と「お金」と「相手の無責任」が揃うと不可能ではないこと。

真の詐欺師は「お金」などどうでも良いのです。人生を奪われた恨みから「相手の人生そのものを奪う」ことを成し遂げるために巧妙な計画を立てる者もいる。その巧妙な計画に引っ掛かる者は「無責任」で「餌」に食いつく者です。

虐待者も同じで「無責任」で「餌」に食いつく者です。その虐待者を狩るために巧妙な計画を立てる冷静沈着な者…。その者に引っ掛からないために大切なことが「法律を守る」こと「責任を持つこと」、そして「虐待者であることに気づき成長すること」です。

人生そのものを奪っていく真の詐欺師は「気づかれないように見事に騙しきる」のです。つまり人生そのものを奪われたり奪われかけた側は「実は、計画的に仕掛けられたことだった」と気づくことはまず無いということです。知らないまま生きていくのです。それがスケープゴートをした者の最後の末路かな。

僕も騙されてスケープゴートをされ続けた苦しみから過去に悩んだことがある。1人1人の人生を計画的に壊していこうか悩んだこともあった。だけどそのエネルギーを自己理解と癒しに向かわせた。僕はそうした。だけどみんながみんな僕みたいな選択をするとは限らない。

スケープゴートの苦しみなど簡単に言語化できない。その苦しみが形となって現れる一例がさきほどの「あくまで合法的にHIV感染を意図して計画的に自然を装って仕向ける」という例えです。僕はそういった世界から離れて田舎でのんびり暮らしたい。可愛い猫も一緒に。

だけど、本当に酷いスケープゴートをされ続けてきた人たちの中には「今、数年がかりで計画を立てている者」もいるかもしれない。スケープゴートをする者たちは「煩悩(妄念・欲望の混合)まみれの者」です。引っ掛けるのは簡単です。スケープゴートは「ゴミ箱」でも「モノ」でもない。「人間」です。

なので、スケープゴートをし続けた側に対して、巧妙な計画を立てるスケープゴートをされた者がいたとする。僕は、その人を止めることなどできない。その人の痛みがわかるつもりだ。自己責任で遂行すると決断したのならば止めることも出来ないし、止める権利もない。成るように成っていく。自然な流れ。

「巡り巡って返ってくること」に「不満」が出るのなら最初からしないことが大事だと思う。してしまったら人間らしく清算したりすることも大切だと思います。人をゴミ箱にして、ゴミ箱のほうを悪者扱いして、口を封じすり替えてしまう。そういった巧妙なことには巧妙さで返ってくる。因果応報です。

そして、巧妙な計画を立てられて仕掛けられたことを何となく知ったときに、人は「責任(正しく反応する能力)」の大切さと、騙してスケープゴートを作る悪質性がわかるのだと思います。人は目を覚まさないといつまでもスケープゴートを作っていく。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
人は「法律に守ってもらっている」ということを深く理解したうえで法律を守って初めて「心のオムツが取れるかもしれない状態」なのです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
人は「法律に守ってもらっている」ということを深く理解したうえで法律を守って初めて「心のオムツが取れるかもしれない状態」なのです。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)