TAG

メサイアコンプレックス

  • 2019年6月1日
  • 2019年6月10日

メサイアコンプレックスの人が認められ、カインコンプレックスの人が親から大切にされれば良い!コンプレックスを抱えている彼らの心が、今よりも少しでも楽になっていけると良いですね(^^♪

「条件付けの愛」で子供を支配するメサイアコンプレックスを抱えた親がいる家庭では、親の愛を巡り兄カインが弟アベルを殺害したように、殺意クラスの強い念で兄弟間での争いが始まる場合がある。これは、実体験からわかったことです。 兄弟が異常性を持って”でっち上 […]

  • 2018年10月15日
  • 2018年10月15日

メサイアコンプレックスの人の「感情の纏まり」も未処理・未消化の感情を見つけ出して紐解いて感じきっていけば必ず小さくなります。

メサイアコンプレックスが肥大化し過ぎた人の周辺では自殺や病気が増えることがあります。これはメサイアコンプレックスの人による巧みな誘導の場合があるのですがその因果関係を説明するのは至難の業です。無意識の成せる業です。メサコン本人が周辺の自殺や病気を自身 […]

  • 2018年9月10日
  • 2018年9月10日

利己的になって自分を満たそう!メサイアコンプレックスの人は特にコレが重要!!

この記事では僕が考えている「利己的になって自分を満たすことの大切さ」をお伝えします。 これは、メサイアコンプレックスの人は特にコレが重要だと思います。 利己的(りこてき)とは・・・「自分の利益だけを追求」 利他的(りたてき)とは・・・「自分の不利益を […]

  • 2018年5月19日
  • 2018年5月19日

愛情なき厳しさは人を破壊する!メサイアコンプレックスを抱えている者にありがちな「愛情は厳しさの中にある」という名の「愛情の押し付け(精神的な嫌がらせ)」が人を壊す!

「愛情なき厳しさ」は人を破壊します。「愛情は厳しさの中にある」と確信している人は要注意です。 「厳しさの中に愛情がある…」が成立する条件 確かに「厳しさの中に愛情がある…」という”場合”もあります。この「厳しさの中に愛情がある…」ということを成立させ […]

  • 2017年12月10日

人を助けないとだめなの?「人を助けない人は悪い人だ」と「救済を強要」することはハラスメントです。困っている人を助ける理由って?

困っている人を助ける理由 困っている人を助ける理由は色々あります。 「人は助け合って生きるものだ」と思っていて社会的な責任として助けたり、善い行いは善い結果として返ってくるから自分のためにも困っている人を助けたり。 人は一人では生きられないからこそ助 […]

  • 2017年8月26日
  • 2017年8月26日

劣等感は本当の自分の成長を応援してくれている。それを放棄するから劣等コンプレックスとなり不健全になっていく。生きづらさや深刻な劣等コンプレックスを克服するにはスキーマ療法がおすすめ。

僕がツイッターでフォローしているアカウント(心理学三大巨頭の1人アドラーの言葉)のツイート文を読んでみて下さい。 劣等感を抱くこと自体は不健全ではない。劣等感をどう扱うかが問われているのだ。 by アルフレッド・アドラー#アドラーのことば &mdas […]

  • 2015年3月31日
  • 2019年3月26日

メサイアコンプレックスの人が克服する為に周囲が出来ること!複合的な働きかけでコンプレックスは小さくなる!

「メサイアコンプレックスとは?(外部リンク)」も合わせて読んでみて下さい。 メサイアコンプレックスって? メサイアコンプレックスのメサイアとは「メシア(救世主)」のことです。コンプレックスというのは正確には「複合的な感情の纏まり」のことを言います。メ […]

  • 2014年1月30日
  • 2018年5月19日

メサイアコンプレックスとは、人を助けずにはいられないような共依存的心理のことです。人を救う立場や、人に教える立場の方に多い場合があります。

 メサイアコンプレックスとは、人を助けずにはいられないような共依存的心理のことです。人を救う立場や、人に教える立場の方に多い場合があります。 その裏には、実は、自分が救われたい…という思いが隠れています。メサイアコンプレックスに突き動かされて、無意 […]

  • 2014年1月24日
  • 2017年9月17日

メサイアコンプレックスは戦争時の怨念のようなもの

メサイアコンプレックス。 メサイアはメシア(救世主)のことで、自分は不幸だという感情を無意識に抑圧していることで、意識では自分は幸せだと思い込んでいます。その思い込みを成立させるために人を助けなければいけない、助けているから自分は幸せだと思い込み安定 […]