幸せの種「気づき」

心の成長に役立つ情報サイト。大切なことは自分が自分の親になること。

奴隷

Tagged

本当の、本当の自分に出会った人は縛られない強さを持つ!奴隷を克服!

もう一度、「障害は個性開花の表紙」の表紙をご覧下さい。 人は誰もが何らかの障害(妨げ・邪魔)を抱えて生きています。それが怖くて障害(妨げ・邪魔)の奴隷になる人たちが沢山います。邪魔の奴隷になると障害(妨げ・邪魔)の奴隷になると障害(妨げ・邪...
159回閲覧されました。

条件付けの愛を与える側に依存すると飼いならされる。大事なのは「精神的な自立」によって心を解放させること。

僕は、過去、家族に飼いならされたことがある。「死んでも家族を助けないといけない」という考えによって雁字搦めになっていた…。そうしないと認めてもらえない。僅かな愛ももらえない。精神の死を避けるために必死に食いついていた。 そして、そこから長く...
4206回閲覧されました。

支配してくる家族なら「餌」に食いつかないことが大切!「餌」に食いつくと心に「釣り針」が刺さってしまい抜け出せなくなっていくのです。

支配してくる家族なら「餌」に食いつかないことが大切です。 餌に食いつかないことが大切 僕の悪かった点は家族から愛されたいと思ったこと。あと家族から認めて欲しい理解してほしいと思ったこと。これが自分への裏切りでした。反省しました。これをやめて...
3847回閲覧されました。

「2:6:2の法則」は支配者たちを仕分ける仕組みになっています。支配者であるから支配の心が「餌」に食いつくのです。人を支配しない人は「餌」に興味を示しません。

「2:6:2の法則」をご存知でしょうか。 「2:6:2の法則」とは、学校や、会社、家族など、人間が集団を構成すると、2:6:2の割合で分かれてしまい、分かれたグループだけ(例えば同類の2割)を集めて集団を再構成しても、また2:6:2の割合で...
20229回閲覧されました。

物に当たるならまだしも、動物や子どもに八つ当たりをして虐待する人

物に当たるならまだしも、動物や子どもに八つ当たりをして虐める人 自分も加害者であると自覚しよう まず、しっかり自覚しないといけないことは「自分も加害者である」ということ。動物とか子供は弱い存在です。その弱い存在に八つ当たりをして虐めるという...
5698回閲覧されました。