幸せの種「気づき」

心の成長に役立つ情報サイト。大切なことは自分が自分の親になること。

生きづらさ

Tagged

「右利き」の子供を無理矢理「左利き」に(習慣付け)をするのはやめた方がいいよ。

「左利き」は個性の一つ…それでも「右手で書く」習慣を付けた方がよい理由(オトナンサー) - Yahoo!ニュース 上記記事を読みました。上記記事とは関係ないことなのですが思い出したことがあります。それは親の都合で「右利き」の子供を無理矢理「...
235回閲覧されました。

弱いと心の苦しみが増える。強く出来る部分を見つけて育てよう。

強く出来る部分を見つけて育てよう 弱いと心の苦しみが増えます。勿論、弱いことは悪いことではありませんし、誰にでも弱い部分、強い部分があり、出来ることと出来ないことがあります。その中で強く出来る部分を見つけて、そこを強くしていけば良いのです。...
308回閲覧されました。

自分の居場所がないと感じる…、居場所がわからない…、そんなあなたに必要なこと

「本当の自分の感情を感じる…」ということは誰もが100%完全に出来るわけではありません。生きていれば、知らず知らずのうちに他人の感情を背負ってしまうことがあります。特に親の感情をたくさん背負ってしまいます。そして世の中に流され、支配者に流さ...
7300回閲覧されました。

劣等感は本当の自分の成長を応援してくれている。それを放棄するから劣等コンプレックスとなり不健全になっていく。生きづらさや深刻な劣等コンプレックスを克服するにはスキーマ療法がおすすめ。

僕がツイッターでフォローしているアカウント(心理学三大巨頭の1人アドラーの言葉)のツイート文を読んでみて下さい。 https://twitter.com/adler187027/status/900164523134304256 アドラーの...
4166回閲覧されました。

「非の打ち所のない自分を演じるな!」と、モラルハラスメントの加害者は、深く傷ついた被害者の心をこじ開けようとする場合もある。非の打ち所のない自分を演じるか演じないかは被害者の自由ですよ。加害者を無視し...

心を無理やりこじ開けようとする モラルハラスメントの加害者は、心が傷ついていてこれ以上傷つかないように防衛している被害者に対して「非の打ち所のない自分を演じるな!」と言うことがあります。 人は防衛のために演じることも大事な場合もありますが、...
8857回閲覧されました。

感受性が強すぎて生きづらい方へ。それは5人に1人は繊細すぎて生きづらいHSPかもしれません。家族に嫌われることが怖くて「繊細な自分を自分で否定し、自分の能力である繊細さを隠して強がっていた」のです。

HSPとは? 感受性が強すぎて生きづらい方は、ダメ扱いされたり、弱いと言われたりして、とても生きづらい思いをされているかもしれません。それは、5人に1人はいると言われている、繊細すぎて生きづらい「ハイリー・センシティブ・パーソン(Highl...
97554回閲覧されました。