TAG

  • 2019年6月8日
  • 2019年6月21日

「三つ子の魂百まで」と言われるけど自分次第でいくらでも変えていける!

「三つ子の魂百まで」に関する内容を含めた記事を、過去に何記事か書いてきました。 → “三つ子の魂百まで” の検索結果 | 幸せの種「気づき」 「三つ子の魂百まで」と言われるよう、三歳ころに心の深い部分に刷り込まれたものは百歳まで続くくらいの強い力があ […]

  • 2019年2月5日
  • 2019年2月6日

恨みつらみは、感謝に変わる!

僕は、小さい頃から、親に「苦しみ」「悲しみ」を封じられてきた。そのことを恨んでいたこともあった。だけど、今はハッキリわかる。親も言葉に出せない苦しみや悲しみをずっと抱えていて、それらのに頑張って働いてくれていたのだ。気づいてあげられなくて本当に申し訳 […]

  • 2018年12月15日
  • 2018年12月15日

親への恨みを水に流すことが出来ると精神的に成長する!

親への恨みを水に流すことが出来ると精神的に成長します。僕自身、親を恨んだことがあります。それは間違っていません、恨むにはちゃんと恨むだけの理由があるからです。よく赤の他人が「いつまでも親を恨むな」と口出しをすることがありますが、それは無視することが大 […]

  • 2018年12月6日
  • 2018年12月6日

何も知らない外野が吠えている場合は放っておくことが良い

何も知らない外野が吠えている場合は放っておくことが良いです。 僕の家系もそうですが、何も事実を知らない外野が、ああでもない、こうでもないと吠えていることがありました。それは「その者たちの趣味や目的」です。 事実ではないことや、事実に尾ひれはひれを付け […]

  • 2018年10月16日
  • 2018年10月16日

親にしてもらえなかったことによる不満は自分が自分の親となり自分に与えていけば満たされていきます。

子供の頃からずっと「帰りたい」と頭に浮かぶことが多かった。実家にいる時に猛烈に「帰りたい」と思う。ここではないどこかへ「帰りたい」。ここは本当の家じゃないし、この人達も実の親じゃない。「この世のどこかにきっと私の帰るべき家があって、優しく包み込んでく […]

  • 2018年9月22日
  • 2018年10月5日

自分の深い悲しみを知ることのできない者は他人の深い悲しみを知ることは出来ない。

「あの親は自分のことをモノとしか見ていなかった…」と自分が思う親のことを許せるようになると、また1つ心が自由になれます。許せるようになるには知り尽くせることを知り尽くすこと。「見ていなかった…」が「見れるほどの余裕がなかったんだね…」と変わることもあ […]

  • 2018年9月5日
  • 2018年9月5日

親を可哀想と思ってしまう…。実体験からわかった理由!

今日、読者さんの方に返信した内容は他の方にも参考になるかもしれないと思ったので書いておこうと思います。 親を可哀想と思ってしまう…、そして、自分や、自分の今の家族よりも親を優先させてしまい別の誰かを犠牲にしてしまう。そして更に心が苦しくなる…。 これ […]

  • 2018年2月11日
  • 2018年2月11日

泣き言を言うのはダメなの?グズグズ泣き言は言ってはいけないの?教えて!!泣き言の最大のメリットをご紹介!

泣き言を言うのはダメなの? グズグズ泣き言は言ってはいけないの? 教えて!! まず、泣き言を言って良いとか、言ってはいけないとか決まっていません。泣き言を言うか言わないかは「自分の自由」です。泣き言を言いたければ言えばいいですし、言いたくなければグッ […]

  • 2017年12月23日

自分を育てるのは自分です。そして「自分が自分の親になる」こと!その先に「心の管理者」への道があるのです。

  「文章を書く」ということは、思っている以上に自分を成長させてくれます。このブログでは、記事を読んで下さっている方が「自分で自分を育てることが出来るようになる」ために、「自分で自分を救うための教材一覧」や色々な役立つ本をご紹介しております […]

  • 2017年12月14日

親や家族が守ってくれなかった。困ったときに誰も助けてくれなかった。それは「毒親」です。そして、自分が自分の親になり、自分で自分を助けないのも「毒」です。大事なことは自分はどうするか?です。

子供だったあなたが、誰かに不当な攻撃をされるとする。親に何を望むか。守ってほしい。助けてほしい。反撃してほしい。大体この辺りでしょう。それを自分が自分にやってあげることが必要なのです。不当な攻撃を受けたら反撃してもいいのです。いえ反撃しないことが自分 […]