Google検索

罪悪感を持っていると責められたり責めたりする

罪悪感を持っていると、責められたり責めたりしたくなるのです。

これは日々の生活の中で罪悪感が無意識に抑圧されていき、その無意識の罪悪感が『責められたい』『責めたい』感情を吸収するかのように、無意識で肥大化していきながら、責められるような出来事や、責めるような出来事を無意識で増やしていきます。

『責められたい』『責めたい』悪循環から脱出するには罪悪感を持たない事が大事なのです。
罪悪感は『自分は罪を犯した』『悪いことをしている』という感情で元は無意識にあります。

罪悪感の解放を行うと良いのですが、これが清算することです。
実際に悪いことをしていた方が清算する場合、今まで積み上げてきた関係や悪行を解消し責任(反応する能力)をとることです。

しかし、その罪悪感必ずしも自分が悪いワケではなく、相手の妄想、勘違いで罪を刷り込まれた場合もあります。
この場合の清算は、自分の罪ではない事をはっきりさせて納得し明らかにするほうが良いのです。
例えば親が、自分の親から『でかいことをしろ!』と育てられて自尊心を破壊され愛情もあたえず育てられると、
『でかいことをしないと親の愛情や承認は手に入らない』と無意識で思うことがあり、自分が親になって子供を育てた時に
子供にも同じことを言ってしまいます。

そうすると子供は自尊心を破壊され続け苦しむので、問題行動を起こすようになります。
親はまさか自分に原因があるとは気づかないので『俺がでかいことが出来ないのはこの子供が問題を起こして邪魔してる』というストーリー性のある妄想を抱き自分の不安を妄想で解消しようとします。その結果、子供は妄想の道具にされていきます。

<<下に続く>>

親から来る日も来る日も『お前は馬鹿だ』『お前は弱い』『お前は根性ない』『お前は悪い奴だ』と子供が悪いワケではないのに、親の妄想によって暗示をかけられて、偽物の罪悪感を刷り込まれていくのです。その偽物の罪悪感が大人になり『責められたい』『責めたい』心理になるのです。『責められたい』『責めたい』心理で相手に迷惑をかけるとトラブルになりますので、そのトラブル発生時こそ、自分の罪か、それとも偽物の刷り込まれた罪か。気付くチャンスになります。

親は未熟なのは自分なのに来る日も来る日も『お前は馬鹿だ』『お前は弱い』『お前は根性ない』『お前は悪い奴だ』と刷り込んでいけばいくほど、子供は問題行動をとるようになります。そうするとずるい親は、表面上は優しくして陰で子供を孤立させ、モラルを盾に子供が気付かないように精神的ないじめをおこなうようになります。更に家族中に仲間を増やし家族中からモラルを盾にした『お前は馬鹿だ』『お前は弱い』『お前は根性ない』『お前は悪い奴だ』という非言語メッセージで精神を追い込んでいくのです。

この被害にあった子供はまさか親から精神的なバレないいじめをされているなんて思いもしません。
気づかない事を楽しむのがモラルハラスメントです。

このように罪悪感は必ずしも本人が悪いワケではなく、相手の妄想や勘違いによって幼少期に刷り込まれた偽物の罪悪感もあるということを覚えておいて下さい。論理的思考をすれば徐々に真実が見えてきます。

偽物の罪悪感と言う悪い種を自分の無意識に置いておくことは自己否定になります。
悪いものを見逃し自分の心に置いておけば自分を汚すことになりますので、悪い不幸の種は捨てましょう!

不要なものは省き捨てることで本当の自分に気づけます。

関連コンテンツ

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

コメント一覧

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    悪いことをした人も、根をたどってみると
    虐待を受けていた
    いじめにあっていた
    いつも兄弟と比べられていた
    など心の闇があると思います。

    そういう心の闇は、親の気づきによって最小限に防げると思うし、そうなることで犯罪を犯してしまう人が減るのなら、一人一人がもっと責任を持ち子供を育てなければいけないのだと思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      親の気づきが少ないまま子を育てると問題が増えるのです。
      親が愛を忘れ無責任になり自らのために子を産み育てると毒になってしまうんです。
      仰る通りで同感です。

  2. by 名無し

    負のループを断ち切るのは相当な労力を要するので、簡単なことではないけれど、本当に抜け出してほしいと強く思います。
    世界が違ってしまったように自由に感じられます。

  3. by ∞ひめくるみ∞

    暑いですね

    夏バテしたり、体調崩したりしてませんか?

    罪悪感、確かにたまにありますね。

    後ろめたさと言うか、、、

    後ろめたさが有る時に限って、誰かに責められたり、問い詰められたりします。

  4. by ぽむ

    こんにちは。

    ぽむと申します。

    人と自分の会話を観察すると、「責めたい」「責められたい」という意識があることを感じます。

    自虐的なことを言ったり、相手を否定したりしています。

    また、矛盾したメッセージを送ってもいます。こうしたいという想いと、真逆の態度をとっています。

    愛されたいと願ながら、自尊心を攻撃させ、

    愛していると伝えたいために相手の自尊心を攻撃していると気づきました。

    愛情表現が、支配することでした。

    私はおかしいと思いました。

    大好きな自分のために、なんとしても認知の歪みを修正し、自分を心のより所として生きていこうと決めました。

    質問なのですが、本文の論理的思考をすれば、真実が見えるとは、どういう意味ですか?

    物理的に振り返ると、根拠がなくおかしいといえる、ということでしょうか。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      ぽむさん、こんにちは。

      記事を読んでいただきありがとうございます。

      自分の中に「責めたい」「責められたい」という意識があるという事に気づいたのは成果だと思います。
      自虐も相手への否定も私も経験しました。
      愛されたいのに相手の自尊心を攻撃もしていました。

      酷い矛盾ですよね(汗)

      仰る通りで私の場合ですが探っていき根拠が無いおかしな部分が出てきました。
      混乱と矛盾でぐちゃぐちゃだったのですが、振り返るとおかしな点が出てきて、それらを見ると罪悪感の刷り込みだったのです。
      小さい頃に刷り込まれているので無意識に入ってしまっていたのです。

      これは宗教関係、死後の世界、あの世論理です。
      これらが「架空の罪悪感」として作動しているからいつまでも矛盾がとれずにいました。

      例えば
      神社に行ったから○○なった
      ○○に傷をつけると地獄に落ちるほど苦しむ
      罰が当たった
      地獄から生まれてきたから○○だ
      お前の不調は前世の悪行だ

      こんなことを幼少期に大量に刷り込まれてきたことを思い出しては書き換えて修正していきました。
      更に刷り込みは恐怖を煽り複雑に刷り込んでいたので解けにくいんです。

      これら架空の罪悪感を消し去ることが大事なのです。
      だって生まれる前も死んだ後もどうなるか分からないですし、生きている間に考えることではありません。
      それが無意識に入っていると架空の罪悪感になるのです。
      やってもない、またはやっているか分からない前世の罪を断定的に小さいころに無意識に入れこまれているので、
      自分を罰しなくてはいけないという無意識の力が働くので誰かの自尊心を攻撃してしまうんです。
      無意識的な言動で。

      それを振り払うには心の管理者が自分にならないといけませんし例え親でも間違いは間違いだと受け入れない姿勢が大事になります。

      この架空の罪悪感が消えると、相手への自尊心への攻撃が止まり、素直に自分の気持ちを言えるように段々となってきます。

      怒りを出さずに悲しいと言えるようになる感じです。

      私の場合ですので絶対効だとは言えませんが;^^

      参考になれば幸いです。

      追記ですが、

      架空の罪悪感と言う心理的賄賂を受け取れば、心の拠り所をあげますよ?というのを受け取ると、その時点から心の権限を渡してしまいます。そして自分自身が人を傷つける人間になっていきます。誤魔化しの人生です。本物の罪悪感と架空の罪悪感を区別し清算し架空の罪悪感を跳ね除け心の権限を取り戻すというイメージです。

      まずは本物の罪を償い清算していく感じです。その後は架空の罪悪感を受け取った清算です。

      非常に難しいと思いますよ。特に宗教やっている家庭では難しいですよね。神を裏切ったら恐怖を感じると思っている人ほど難しいと思います。

      架空の罪悪感かそれとも彼らの言い分が正しいか確認するには自分で行動するしかないと思います。

      「神社に行ったから○○なった」というのなら神社にいく
      「○○に傷をつけると地獄に落ちるほど苦しむ」なら傷をつける

      ちなみに「○○に傷をつけると地獄に落ちるほど苦しむ」というのを試した人がいて、燃やしてしまったのです。一番大事だと言われるものを。結果ですが、何も起きませんし、今では昔よりとても良くなっています。

      心の拠り所を自分に戻さないと、このような欺きに惑わされ、その結果多大なる害悪を無意識に入れることになるのです。その害悪が貯蔵され、後から無意識から試練のように出てきます。
      すべては心の拠り所を自分ではなく自分を見捨てた結果です。自分を見捨てたのは小学生の頃ですね。

      1、生まれてから自分をどこかで見捨てる
      2、心の中に害悪、毒を貯める
      3、その害悪が無意識から出てくる
      4、問題解決で無意識をキレイに
      5、心の拠り所を自分に戻す
      6、自尊心復活

      全ては自分で自分を裏切ってしまった事に関係します。

      • by ぽむ

        ご返信、ありがとうございます。

        菅原さんの場合、ということで、区別して読ませていただきました。

        その中で、

        宗教関係、死後の世界、あの世論理が、架空の罪悪感であるという考え方に感銘を受けました。

        私も宗教の家に生まれ、今は信仰をやめていますが、罪悪感があります。宗教そのものの教えからくる罪悪感と、宗教をやめたことへの罪悪感です。ですので、これらが架空のものである、と言われてハッとするほど、染み込んだ罪悪感でした。本物の罪悪感は、自分のなした行為によるもので、架空の罪悪感は、根拠のない刷り込みということですよね。あまりになじみ深かったので、振り返ってきませんでしたが、分離していくことにしました。

        架空の罪悪感が多ければ、それだけ書き換えができ、変化できるということだと思うので、変化できることを楽しみに向き合っていきたいと思います。

        「生まれる前も死んだ後もどうなるか分からないですし、生きている間に考えることではありません。」

        生きている間は確かめることができないことで、だからこそ信じやすく恐れとなりやすいのです。

        区別して読ませていただいたと書きましたが、本当に参考になり勉強になりました。参考にさせていただき、自分自身と向き合っていきます。

        ありがとうございます。(^-^)

        • 菅原隆志
          by 菅原隆志

          こんにちは。

          ご返信ありがとうございます

          区別していただくことが大事ですね。同じ状況や環境でも違うようになる場合もありますし、もっとひどい結果になる場合など様々です。

          宗教関係、死後の世界、あの世論理で架空の罪悪感にもなれば、逆に使い方で深い勇気づけにもなる部分だと思います。
          宗教が悪いと言っているわけではないのですが、信者の解釈の問題や教義に破壊的な結果を出すものが含まれていないかなど色々あると思います。

          しかし、分からないことをこの世で断定的に相手の無意識に刷り込むこと。これは架空の罪悪感の刷り込みだと私は思っております。

          なるほどです。お話しいただきありがとうございます。

          架空のものであるとハッと気づくと楽になり自分を取り戻せるような感じがすると思います。

          本物の罪悪感は自分がやったことです。

          あの世の罪があるのならあの世でしっかり清算する。それが筋だと私は思います。
          答えの出ない部分を持ち出しあの世のことを持ち出すのは、どうとでも決めつけることが出来ますよね。
          架空の罪悪感を刷り込み、不幸が生じると信じ込ませ、一生死ぬまで心理的奴隷に出来ます。

          架空の罪悪感ですから、自分を取り戻していけば書き換えが出来ますので向き合うと良いと思います。

          向き合っていく中で架空の罪悪感を刷り込んだ側がどうしてそうしたかったか?知っていくと深い悲しみが見えてくると思います。

          私は宗教は心の拠り所を見失ったとき(自尊心が傷ついた)の仮の心の拠り所だと思っています。

          参考になったようで良かったです。

          プラスに考えれば、架空の罪悪感を受け取り恐怖を刷り込んでくれたから、それをばねにして伸びていけるという事ですよね。

          架空の罪悪感を小さいころに刷り込まれたとしても、小さいころに自分を裏切った事実はありますよね。

          絶対的に自尊心を大事にすれば、親の勧める宗教に反発し例え死んでも貫くと言う道が一つありますので、抜け道がなかったわけではないからです。

          そう、考え方によっては自尊心を高めるために借りたのが架空の罪悪感・・・。そう考えると深い感じがしますよね。

          親から架空の罪悪感を刷り込まれている問う事は、親もまた架空の罪悪感背負っているんです。

          それだけ悲しんでいるという事です。

          自分でやってもない罪まで背負うと、人生その後、本当にそのようになっていき「責められるようなことが起きるように自分で無意識で仕向ける」のです。

          実際の本物の罪を隠している人も同じかもしれません。

          無意識で責められるような非言語的メッセージを出すので、例えばいきなり知らない人に殴られたり、何故か対人関係が上手くいかない、トラブルを起こしてしまうなどに繋がりやすいです。

          罪悪感でも架空と本物があるので区別し分離し清算することが大事ですね。

          相手がそう思いたいから小さいころに刷り込まれた架空の罪悪感は100%の納得で相手に返却すると無意識で納得が起こります。

          相手がそう思いたいからの架空の罪悪感は、自分の恐怖を子に投影し「地獄から生まれたから・・・」とか「子どもが胃下垂で下腹が出ているのをお前は餓鬼界から生まれたんだ」とかそういった親が自分の恐怖を誤魔化すために子に投影した部分で、現実的に根拠の無い部分です。そこを返却し相手も納得すると自分もすっきりします。

          目的が先で、目的のようになっていくので、親が子が地獄から生まれたと思い込むから、子が問題行動を起こしたり、病気になりやすくなったりするんです。

          つまり、思考は現実化するのマイナスバージョンです。

          更に親から子への影響は大きく親を最初は信じているので強烈な刷り込みが起こるのです。

          こういったことを乗り越えていけば心理的賄賂を受け取らない強い自分に近づいていけると思いますよ!

          コインの表裏のように、心理的賄賂を受け取ると架空の罪悪感が裏についてきます。

          心の拠り所を自分にしなければ、出来ない分、人を傷つけ何かを犠牲にしてしまうようです。

          そんなことに気づかせようとしているのが宗教なのかもしれませんね。

          向き合うと苦しいこともあると思いますが、自分を大事に焦らずやってみて下さい。

          刷り込む側は深く傷ついていて正しいやり方にきづけば変わります。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)