Google検索

一人で自宅で出来る簡単なプラス思考トレーニング

一人で自宅で出来る簡単なプラス思考トレーニング

プラス思考トレーニング(120日連続メール)詳細

閲覧していただきありがとうございます。

メンタルケア心理士の菅原です。

脳はマイナス指向。つまり黙っているとマイナスのほうに向きます。だから、意識的にプラスを増やしていかないと、どんどんマイナス思考になり、毒されていくのです。

そこで、この記事では、一人で自宅で出来る簡単なプラス思考トレーニングをご紹介します。

まず「プラス変換前」「プラス変更後」の文章を心を落ち着かせてイメージしながら読んでみて下さい。

プラス変換前

私はバイトを始めたばかりでいつも失敗してしまいます。
職はレストランのオーダーをとり運んで行くこと、案内、掃除です。
接客に関しては頑張っていますがお皿を割ってしまったり違うメニューを運んでしまったりで店長に怒られています。
早く覚えようと気合いを入れるとそれが空回りしてしまってそれの悪循環。
先輩に嫌な人はいないし環境も良いから辞めたら勿体ない気がするのでもう少し頑張ってみようと思っています。
先輩も「最初は失敗しても大丈夫、失敗は成功の母ともいうからそれを学べれば問題ないよ」といってくれて頑張ろうと思いました。
その数日後先輩とシフト時間を変えて貰ったのを忘れてしまい時間に遅れて出勤してしまいました。
やはりしこたま怒られてもう来なくていいとも言われ、カチンときてしまい私は辞めました。
それから翌日頭が覚めると辞めた事に後悔してしまいました。私が悪かったのだから反省してもう少し続ければ良かったと思いましたが後の祭り。
次はもっと頑張ってみんなに認められる人間になりたいと感じました。
接客自体は苦手ではないし寧ろ極めて行きたいと思うほど好きになれた気がしたので一から始めて先輩のように後輩が出来た時教えられるような模範的従業員になれるように頑張ります。

プラス変換後

私はバイトを始めたばかりなので成功の元を増やしている最中です!
職はレストランのオーダーをお客様からとり素敵な料理をお客様に運んで行くことや、案内、掃除などです。
接客に関しては頑張っていて他にもお皿やメニューの運び方について店長にたくさん役立つアドバイスをいただいています。
早く覚えようと気合いを入れるとそれが楽しい♪
先輩は良い人ばかりで環境も良いからこれからも続けたいです。
先輩も「少しずつ慣れてくるから大丈夫、成功の元を増やすために学べばいいよね」といってくれて頑張ってます。
その数日後に先輩とシフト時間を変えて貰ったのを忘れてしまい時間に遅れて出勤してしまいました。
結果、辞めることにしましたが私が向上するために大事なことを真剣に教えていただけて良かったです。
それから翌日頭が覚めると昨日よりも冷静に考えることができるようで成長を感じます。
私の更なる向上ポイントも見えてきたので次に経験を生かして今以上に認められる自分になります。
接客は好きで極めていきたいと思うほど好きになので、先輩のように後輩が出来た時教えられるような模範的従業員になれるように頑張ります。
接客が好きな私は人に癒しを感じていただける力があるんです(*^_^*)

お読みいただき、ありがとうございますした。

このように、自分なりにプラス思考にするとこんな感じかな?という感じで、プラスな解釈などに変換しノートなどに書いていく方法は、プラス思考トレーニングになります。

自分が、その解釈を自然とプラスに受け入れることが出来るときは、心もこの画像のようになるかもしれません(^^♪

プラス思考

ノートに書きだすと更に効果的

 

プラス思考になるには

ただプラスなことを思考するよりも、実際にノートに書きだすことで学習効果を高めてくれます。ただノートに書くだけだと、あまり効果は感じられないと思います。そこで、もっと効果的なのは、ノートに書いた内容を「音読」することです。

東北大学の川嶋隆太教授によりますと、音読をしている時の人間の脳は判断力や思考力を司る脳の司令塔、前頭前野を中心に脳全体を活発に働かせます。これは考え事をしている時やテレビを見ている時とは比べ物になりません。

引用元:脳細胞がフル回転!毎日の音読があなたをデキる人にする | 脳を鍛える!音読・速聴・速読・脳トレ・脳サプリ

そして、「音読」だけではなく、それを自分で理解し、人に話して伝えていくことで、とても効果的な学習になりしっかり身に付きやすくなります。ですので、マイナスなことをプラス思考に変換し、ノートに書き、音読し、人にも伝えていく。これを繰り返すことでプラスの思考回路が出来ていき、立派なプラス思考トレーニングになります。

出来るだけネガティブをイメージする言葉を使わない

プラス思考に変換するときのポイントは「出来るだけネガティブをイメージする言葉を使わない」ことです。

×私はバイトを始めたばかりでいつも失敗してしまいます。

私はバイトを始めたばかりなので成功の元を増やしている最中です!

×店長に怒られています。

店長にたくさん役立つアドバイスをいただいています。

このようにネガティブな言葉を取り除き、ポジティブな言葉だけを使うようにして変換することです。そして変換後の文章をノートに自分の字で書き、音読をして、人に伝える。

このように、日々、学習し、潜在意識にプラスイメージをどんどん送ることで、プラス思考になることが出来るのです。潜在意識にプラスを入れるかマイナスを入れるか。一日はとても大事です。今日も一日プラスイメージを潜在意識に入れましょう。

潜在意識(無意識)に蓄積

ここで覚えておいてほしいことは、あなたも経験があることですが、無意識のうちにやってしまうこと、誰にでもありますよね。そう、人は潜在意識(無意識)に支配されています。潜在意識(無意識)に蓄積されているイメージなどによって、無意識のうちに動かされていくのです。

ですから、潜在意識(無意識)にプラスなことを蓄積させていき、プラスイメージを増やせば無意識のうちにプラスな思考ができることも増えてくるというわけです。そのことを『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)で教えてくれているのです。

<<下に続く>>

本格的にトレーニングしてプラス思考になりたいなら、岡野さんの『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)がおすすめです。意識的なプラス思考はすぐ元に戻ってしまいますが、こちらのプログラムは無意識の内にプラス思考をするようになるための簡単なメールトレーニングなので、忘れずに取り組むことが出来るのでおすすめです。

無意識レベルからプラス思考になることで本当のプラス思考になれるのです。

プラスな感情が湧きそうな画像を見る

あと、プラスな感情が湧きそうな画像を見てプラスイメージを膨らませることも効果的です。

プラス思考

子は鎹

プラス

自分がプラスな感情になれる画像を集中して見ることも良いです。

笑顔のプラス効果

一人で自宅で出来る簡単なプラス思考トレーニング

プラスな画像も効果的ですが、もっと効果が感じられるのが「笑顔」です。プラスな画像も効果的ですが、もっと効果が感じられるのが「笑顔」です。

あなたも経験があると思います。「緊張」している人を見ていると自分も「緊張」してきたり、「笑顔」を見たときに、自然に自分も「笑顔」が出たこと。

これは、神経細胞ミラーニューロンによるものなんです。

ミラーニューロン(英: Mirror neuron)とは、霊長類などの高等動物の脳内で、自ら行動する時と、他の個体が行動するのを見ている状態の、両方で活動電位を発生させる神経細胞である。他の個体の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように”鏡”のような反応をすることから名付けられた。他人がしていることを見て、我がことのように感じる共感(エンパシー)能力を司っていると考えられている。

引用元:ミラーニューロン – Wikipedia

実際に、「笑顔」の画像を見て体感していただきたいのですが、落ち着ける静かな環境で「こちらをクリック」して、たくさんの素敵な笑顔を見てください。

心がすごく落ち着いてきて、

ありがたい気持ち、

そして、

嬉しい気持ちになってくると思います。

そして、もっと「笑顔」のパワーが発揮されるのは、あなたが、相手とのコミュニケーションで「笑顔」を引き出した時です。

相手が喜ぶことをして、相手に「笑顔」が出たら、それがミラーニューロンされて、あなたにもプラス効果があり、相手にもプラス効果があるので、プラス思考になる効果が2倍かもしれません!

相手に「笑顔」になってほしい人は、毎日、相手に喜んでもらえるようなことをしてみて下さい。これも素晴らしいプラス思考トレーニングになります。

フォーカスのクセをつける

あなたが「買ったばかりの好きな車を外でよく見る」とか、あなた「好きなブランドのアイテムをよく目にする」経験ってないでしょうか?それは無意識で自分が興味ある部分にフォーカスしているのです。それと同じことでマイナス思考の方は無意識でマイナスにフォーカスしてしまっているのです。無意識がマイナスに興味を持っているのです。

そこで、このことが理解できてくるとプラスにフォーカスすることがクセになればプラス思考になれるという意味が分かるかと思います。どんなものにもプラスとマイナスがあるので、あなたの無意識がマイナスに興味を持っているのはあなたにメッセージです。「マイナスからプラスを探せるようになるといいよ!」というメッセージです。ですのでこのメッセージを大事にマイナスの中からプラスを探す訓練をしてみましょう。

とても簡単です。相手からお宝探しをして言葉に発すればよいのです。相手も喜び自分にもプラスで素晴らしい効果を発揮します。

 

プラス思考トレーニング(120日連続メール)詳細

また、他の方のコメントでも書かれていたようにプラスを意識して文章を書くこともプラス思考トレーニングになります。私が運営しているPLUSというサイトでは文章を納品することで報酬を獲得できますので、成長報酬を手にしながらプラス思考トレーニングにもなりますので、おすすめです。携帯やスマホからも納品が可能ですので空き時間などを使い納品することも可能です。PLUSはこちらです。

また、プラス感情トレーニング「emotion plus」は無料で色々な人のプラスな気持ちになった時のことを130日間も読めます。実際の複数の方による「プラスな感情生成例」は、とても参考になり読んでいて嬉しくなる事もあると思いますので是非購読してみて下さい。嬉しい感情を作り出すこともプラス思考になる為に大事です。

購読前に「info@plus-human.com」からのメールを受信できるようにしてから購読して下さい。

メール:

お名前:



利用規約

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 36 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    私がいつも一人自宅でやっているトレーニング法は、PLUSさんの配信記事やテーマを見ながら考えて自分の文章を投稿する事です(^-^)

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      すごく嬉しいです(^^)/文章をかくことでプラスを意識していけばアウトプットになりとても良いトレーニングになりますよね!これからもよろしくお願いいたします。

  2. by 名無し

    私は調理の仕事に携わっていた経験がありました。いつも賄いを作っていましたが、これで料理の勉強をするのですが従業員の全員の分を毎日作るのが大変でした。みんなこの様に修業をするのは知っていましたが、それでも毎日賄いとおすすめ料理に追われてもういっぱいいっぱいでした。ある日に親方からアドバイスを頂きました。よその釜の飯でも食べて来いとの事です。時間的に掛け持ちは出来ないので暇な時に知人等のお店で勉強をさせて頂く事が出来ました。結局は参考書や本ばかりに頼っていたので食べたことの無い料理は味じたいがよく解っていなかったみたいです。その他にも定期的に和洋折衷色々なお店を食べ歩く様に努力はしました。お店によって同じ料理でも味付けが様々です。飲食関係に限らず、同業者の方から学ぶ物はすごく多いでね。私達の時代は教えてはくれないので目で盗めでした。なかには凄く意地の悪い人達も多々いましたが、学歴がない分手に職を付けると決めていましたし、人より早く社会に出ているので同級生には負けたくないその一心でした。その時の自分なりのメモを残してノートを作っています。もうボロボロの物もありますが、私にとってはこの世に一冊ずつしかない宝物です。今はどの業界も不景気らしいですが、また自分のノートをフルに活用出来る様にポジティブに考えています。

  3. by 名無し

    すごいですね!

    言葉の表現の仕方をプラスに変換するだけで、こんなにも読み手の捉え方、そして書き手の気持ちが変わるとは思いませんでした。

    こちらの方はお仕事での経験をプラス変換されていますが、この考え方でしたら日常のちょっとした事でも、日記やブログに少し気を付けてマイナス表現にならないよう書くだけですよね。

    そうしていくうちにその考え方が癖になり、無意識に陥ってしまいがちなマイナス思考から少しずつプラスになれそうですね!

    そういったプラスの考え方を癖にするのに、私はとある漫画の主人公の「真似」をしていた時期があります。
    勿論話し方や仕草ではなく、物事の考え方を、です。
    自分が逃げ出したくなる直前、
    あの主人公なら、こういう時に何と言うのだろう。
    きっと笑って許すだろうか。

    好きな漫画のキャラクターだったので想像するのも楽しく、そうしているうちに逃げ出したくなることにも気付くようになり、以前よりもしっかりと向き合えるようになりました。

    そして改めて、今度はプラス変換日記を始めようと思いました。
    ほんの少し表現をプラス方向に変えるだけで、こんなに読むのも書くのも気分が明るくなるなんて思いませんでした。
    続けていけばきっと、素敵な日常になるのではないかと期待しています。

  4. by さち

    ちょっと苦手だなと思う人と長時間共にすると精神的に疲れてネガティブ思考に陥りますが、一緒にいて癒やされる友達といるとプラス思考になります。

    plusの記事をかいて投稿したり絆のコメントを投稿するとマイナス発言はNGといった決まりがあるので自然とプラスになります。

  5. by 伊多波博文

    普通の人がキレて怒るような言葉のやりとりを冗談にて切りかえす事ができるようになりました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      すごい成長ですね(^^)
      怒ってしまうような場面で冗談に変えれる力。
      素晴らしいですしうらやましいなとも感じます。
      それは能力ですよね!

  6. by 亀吉

    個性を尊重

    人は、個々で考え方、受け止め方が違うと理解する

    AさんがBさんとCさんに、同じ内容を言っても、BさんとCさんでは

    それに対して、違う考え方と受け止め方をする

    これは、Aさんが伝えたい内容を

    BさんとCさんが、Aさんが伝えたい内容と違う解釈をする事を意味する

    人が、それぞれ違う考え方と受け止め方をするなら

    相手の考え方を受け入れるしか無い

    自分の考え方と違う考え方を否定しても

    基本の考え方が違うから、否定をしないで受け入れる

    受け入れると言っても、同意するとは意味が違う

    そう言う考え方もあるのかと受け入れるだけ

    常に、自分が正しく、相手が正しい

    これだけは絶対に正しい

    と言うものは無い

    と考えていれば、自分を見る目も相手を見る目も良くなる

  7. by 名無し

    やはり最初から上手くはいかないので、ゆっくり確実にお仕事をこなすのが成功の元を作り上げられると思いますよ。

  8. by シンジ

    私も毎日プラス思考でいるよう心掛けています。

  9. by 名無し

    解りやすいですね。ネガティブな言葉を使わずにポジティブな考え方を表現する。こんなにも違った文章にみえる物ですね。参考になりました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      言葉の力ってすごいですよね(^^)

      こんなにも変化するんですから。

      文章だけではなく日常生活において家庭内で応用すれば・・?

      今まで以上、素晴らしい家族に劇的に変化させることも可能です。

      言葉の力ってすごいですね!

      縦からのことばではなく横からのことば「ありがとう」が素敵ですね☆

  10. by メグミ(二児のママ)

    私も物事の考え方が、よくネガティブになりやすい所があります。
    過去を気にして、わかってもらえないと怒ったり落ち込んだりします。
    なるべくポジティブに前向きな言葉を使って、前向きになれるように努力したいと思います。

  11. by 名無し

    プラスイメージを潜在意識に入れる、いいと思います。

    ネガティブに考えてしまっても、別の考え方もあるんじゃないかと意識するようにします。

  12. by さな

    読んでいてなるほど!と思いました。私もマイナスに考えることが多いので、勉強になりました。文章が変わるだけで気持ちも良い方向にいくような気がしました。

  13. by 名無し

    正直、プラス変換前のお話しにも感動しました。誰でも通る道というか、一度失敗して気付くことってあると思います。その経験を元に次はどう頑張れるかだと思います。

  14. by サリー

    この文章で、怒られたをアドバイスしてもらえたが、一番胸に響きました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      実は私も

      ×店長に怒られています。

      ○店長にたくさん役立つアドバイスをいただいています。

      ここが一番胸に響きました(^^)

  15. by 京子

    表現を変える練習ですね。

  16. by ナオニャン

    最初の文章は、確かに読んでてこちらも暗い気持ちになります。 私も接客業の経験があるので、気持ちは分かりますけどね。

    私も後の文章のように、ポジティブな言葉に変換していけるようにしたいです。
    自分が、今ネガティブなことを思ったな、言ったな、とまずその時に気付けたらいいな、と思います。 それがなかなか難しいな、と思います。

  17. by 雨神様

    自己啓発本にハマっていたことがあるので時々このような配信があるのは大変嬉しく思います!
    菅原様がうつ病の治療法に認知再構成法があると書かれておりましたが、私のお世話になってる心療内科の先生がやってるのもまさにこの方法だと思いますね。
    「もしその問題が解決したとしたらどんな気分ですか?」という質問に対してネガティブな言葉を使って返事をすると「ネガティブな言葉を使わずに言い直して」と言われますね(笑)。

    この例文は素晴らしいプラスの解釈の仕方だと思います!

    しかし、この例文の方の場合はバイト先に特別嫌な人がおらずいい人ばかりだから良かったものの、バイト先の人が嫌な人ばかりだったらどうすればプラスに解釈したらいいのか難しい所です;^_^A

    プラス思考で考えるのは大事なこととわかっているのですが、鬱のどん底にいて無理やりプラス思考になれない時が辛いですね。。
    今プラス思考を心掛けてる家族が鬱のどん底にいて私もどうしたらいいのかよくわかりません。

    感想などが中心になってしまいすみません。
    プラス思考になる為ですが、ネガティブ人間がいきなりプラス思考になるのは難しいのでまずは嫌なことは考えないで自分の好きなことをして気を紛らわすのがいいような気がします。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      無意識は素直ですのでネガティブな言葉を使い、ネガティブイメージを持つとスーッと刷り込んでしまうので
      ネガティブな言葉を使わずに言うこととかが大事なんですよね。

      心療内科の先生のおっしゃっていることはとても良い事ですね(^^)

      そうなんです!もっと嫌な人がいた場合、プラスの解釈の難易度が高まりますので難しいんですよね;^^

      ドラクエで言えばメタルスライムとか倒しにくい敵をやっつけると経験値が多いように、
      難易度が高いということは経験値もいっぱいなんです(笑)

      鬱のどん底で無理やりなれない時は、休むことも大事なことですよ。
      プラス思考になれないということは、無意識でプラス思考をまだそんなに望んでいないときなので、
      無意識の中にネガティブのほうが良いと思っているものがある状態です。

      そのネガティブを求めている部分に関連した無意識の感情が変わってくると、
      自然とプラスを求めたくなります。

      ですので雨神さまの言うように「自分の好きなことをして気を紛らわす」時も大事なことだと思います。

      大事なのはバランスですので無理やりプラスになる!というのではなく、
      自分のペースでバランスを取りながら自分の人生を生きることが大事だと思います(^^)

  18. by 名無し

    ネガティブな表現をすべてプラスに変換していくと、だいぶ印象が違いますね。

    日頃からプラスの表現ができるように、訓練していきたいなと思いました。

    ネガティブな感情も否定せず、受け止めて、その上でプラス表現に変換していくことが大切かなと思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      そうですね。

      ネガティブは四割くらいでポジティブが六割くらいがバランス良いかな?と思いますので、
      どちらも必要なことなんですよね。

      ほんと言葉変わるだけで印象変わりますよね(^^)

  19. by 由来

    下の文章はとても情熱を感じます。私もこのようになりたいです。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      確かにやわらかいのに力強さのあるような情熱を感じますね(^^)

  20. by アイコン

    見違えるようにプラス思考になっています。私は特別に何もしてないですがとても参考になります。

  21. by ∞ひめくるみ∞

    プラスの言葉に言い換える。なかなか難しいですね。

    私は、つい、マイナスなこと考えて、
    「どうしよう」
    なんて、なるからなあ(._.)_

    これからは、マイナスなことを想像したら、プラスに置き換えるようにしたいなと思いました。

  22. by リッチマン

    プラス思考になると、目の前がパッと明るくなり、進むべき道が見えて来るよな気がするのは不思議です。

    この文章を読んだら、こちらまでなんだか良い気分になってきましたね〜♪

    私は落ち込んだ時には、好きな音楽聴いて気分転換しています。

    ヘビメタをガンガン聴くと、鼻息荒くなって強気になるンですよね、何故か〜♪

    で又々ムクッと起き上がり、自分の道進んでいきます。まあ単純ではあります♪♪♪

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      鼻息荒くなって強気になるってかわいいですね(*^^*)

      言葉一つで良い気分にもなるから、本当に言葉って大事ですよね!

      自分だけの気分転換方法をもつって素晴らしい事だと思います。

  23. by 苺

    失敗は成功のもと。のように
    ネガティブで完結させず、その後に続くプラス言葉でリベンジしてみる。

  24. by 名無し

    言葉表現一つで全く印象が違いますね。
    前者は反省、後者は目標といった感じでしょうか?
    後者で表せられるようになりたいと思いました。

  25. by さち

    わたしは自分に自信がもてなくて、職場でその場に居ない人の悪口が聞こえてきたりすると、つい自分が言われているような気持ちになってました。

    そんなネガティブな性格だったので人間関係の悩みは常につきまとっとましたが、素敵な友達が出来た事を機に前向きな気持ちになりました。

    その子がいる事で場が和み精神的にも凄くおだやかです。

    その人は多分自分にとってプラスな人なんだと思います。

    周りの環境って物凄く大事だと思うし、意識的に働きかければ気持ちも前向きになれるって事がわかりました。

  26. by 伊多波博文

    すべてをプラス思考にすると人の良い人に変わってしまって面白いです。そしてプラス思考を持つと人生が何十倍も楽しくなる感じが致します。時の流れは変わらないのでプラス思考に考えていくべきなのかも知れません。私も実践して行きたいと思います。

  27. by 名無し

    自分はどちらかといえばマイナス思考で、正直このプラス変換後には無理矢理さすら感じてしまいました…。

    ですがそういった考えをしてしまう自分と、マイナスイメージをプラスの方向へ持って行く難しさを改めて実感しています。
    難しいからこそ、多少の無理矢理は必要なんだろうな、と、早速変換してみました。

    初めは無理矢理でも、その考え方を続けていくことでクセになっていけば、向上心や自信の溢れる、素晴らしい生活に繋がっていきそうですね!

    早速今日から、自分のマイナス思考に気付いた時にプラスに変換してみたいと思います。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      無理矢理を感じてしまったってことは、名無しさんがマイナス思考状態で受け入れることが出来ない状態だと思います。

      無理やりだと感じる時、その人の心の奥で「なんとか否定したい」気持ちがあるからだと思います。

      正直に記事を読んで「否定したい」「つぶしたい」「嘘であってほしい」というような気持が出てきたのではないでしょうか?

      その気持ちが、無理やりだという解釈につながっていると思います。

      マイナス思考からプラス思考に変わっていくためには、自分の無意識レベルからマイナスを望んでいたことを認めるべきです。

      そのうえで、自分で決断をします。

      プラス思考が自分なんだ!という強い決断です。

      自分のものじゃないものは自分の中から省き自分の人生を生きる!こと。

      その決断が出来れば自分の中の管理者は自分で決定権も自分ですので「無理やり」とは感じません。

      自分にとらわれている時は「無理やり」と感じてしまうものです。

      「無理やり」だと感じてしまうということは自分の中の管理者が自分ではない状態。

      つまり他者の価値観で生きている自分。他者の価値観にとらわれている自分。

      自分の中の管理者は他者の価値観状態ではないかと思います。

      たとえば幸せになりたいですか?

      それとも不幸になりたいですか?

      と聞かれたら答えはどっちでしょうか?

      幸せになりたい。だと思いますが、無意識レベルで反対の不幸を望んでしまっているものがあるんですね。

      そこが邪魔をしてくるのです。

      意識と無意識で矛盾が生じてしまっているので、

      プラス思考になりたいのにプラス思考になれない。

      わかっちゃいるけどやめられない。

      知りたいけど学びたくない。

      という状態になってしまうのですね。

      この矛盾を解消し統一していくことが大事です。

      無理やりだと感じる背景が理解できれば早いです。

      自分の価値観ではない価値観に気づいて、不要なマイナスは省くことです。

      プラス思考になりたいのになれないときは、無意識にたくさん刷り込まれた他者の価値観が強い状態です。

      ですのでそれを超えたイメージを自分の無意識に送る必要があります。

      無理やりではなく、自然と変わっていけるパターンもあるのですよ(^^)

      自然に変わるために大事なのが「気づき」です。

      気づけば無理やり変わる必要はありません。

      「気づく」を増やすには「明確な目標設定+信念」と細かいことでも気づきがあればすぐメモすることです。

      そして健全な生活を心がけていくと「気づき」は増えていきます。

      「気づき」が増えてくれば自然な変化を起こせます。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。