在宅支援をご希望の方へ

モラルハラスメント被害者は既に心のパスワードを盗まれているかもしれない。あなたの心は、あなたが心から信じたい人、愛したい人にだけ、あなたの責任で心の扉を開いてください。

モラルハラスメント被害者は既に心のパスワードを盗まれているかもしれない。あなたの心は、あなたが心から信じたい人、愛したい人にだけ、あなたの責任で心の扉を開いてください。

あなたはパソコンやインターネットでログインする際のパスワードが重要だという事はご存じですよね。分かりやすく言えばインターネット銀行のログイン時に使用するパスワードなどが盗まれて悪意ある人に知られたらどれほど大変か。こう考えたら「パスワードの重要性」はお分かりいただけるでしょう。

元々は、敵味方を識別する(関係者であることを確認する)ための合言葉のこと。「開けゴマ」や「山」「川」の類である。

引用元:パスワードとは – はてなキーワード

誰でも「敵」と「味方」が誰にでもいます。ですから当然、自分の大切な心は守らなくてはいけません。ですから、心にもパスワードは重要なのです。簡単に言えば「簡単に心を開いてはいけない」ということです。しっかりと心に鍵をかけ、自分が自分の責任で「心の扉を開けても良い」と心から思った相手にだけ心を開くこと。

そしてそれ以外は建前上の偽の自分を演じることが大事です。家で言えば「門」や「塀」です。偽の自分が家で言えば「門」や「塀」の役割をし、「玄関」で応対するのです。そして家に入れるとしても本当に信頼するまで家を自由に歩かせることもしないほうが良いのです。

更に大事なことが心の中の奥にある自尊心を守るための心のパスワードです。心のパスワードを盗まれると心の扉が開けられてしまいます。その奥には一番大事な「自尊心」があるのです。無駄なプライドとは違う本当の「ありのままの自分を尊重して受け入れることが出来る心」です。自分として生きていくために絶対に必要なものです。

その大切な自尊心を傷つけて、破壊し、粉々にしようとするのが精神的な嫌がらせをするモラルハラスメント加害者です。自尊心が粉々になると言うことは精神の死を意味します。精神の死の後は肉体の死が訪れるでしょう。ですから、あなたは自分の自尊心を守る必要があるのです。自尊心を守っている人は「ありのままの自分を尊重して受け入れることが出来る人」です。

「ありのままの自分を尊重して受け入れることが出来る心」がある人は他人の心も、ありのまま尊重して受け入れることが出来やすい人です。ですから、互いに尊重するには自尊心が必要なのです。

あなたは、心のパスワードを知らず知らず他人に渡していませんか?

心のパスワード盗み出す人は善人のフリをして信頼関係を構築してこようとします。そして「もっと心開かなきゃだめだよ?」とか「私を信じて!」とか「殻に籠ってたらだめ」「鎧を脱げばいいのに」「あなたのためなのよ」「お前はダメな子だけど素直で優しい部分だけはいいところだ」と一見正しい事かのように見せかけて、巧みに心のパスワードを聞き出すのです。

本当に良い人と、善人のフリをして心のパスワード盗み出す人の違いは「責任を全うするか」で答えがわかります。後者は「無責任」ですから、「責任」追及されるとボロが出たりします。

<<下に続く>>

更に、騙す相手に勘付かれて心のパスワードを変えられても、また心に侵入出来るように無意識の中にバックドア(ばれない入口)を作成されてしまいます。複数作成される場合もあります。ですので、モラルハラスメント被害者は加害者から離れていても苦しくなったり、加害者から離れても「加害者の元に戻らなければならない」と自ら戻ることもあるのです。

本当に信頼した人に心のパスワードを渡す(心を開く)ことは良いですが、むやみやたら簡単に心のパスワードを教えるのは言葉は悪いですが愚か者のやることです。

心のパスワードを盗んでいく人が、モラルハラスメントで善人のフリをして美徳による支配をしていくのです。支配し搾取し道具化し不要になれば粉砕させるのがモラルハラスメント加害者の目的です。

モラルハラスメント加害者に打ち勝つにはパスワードを盗まれて、心の権限をある程度奪われているのですから「心の権限を取り戻して自分が自分の心の管理者になる」ことです。

心の権限を取り戻し自分の心の決定権を何者にも与えないという気持ちを持ってください。あなたの心を決めるのは誰でもなく”あなた”です。

私のことを決定できるのは私だけ。

他の誰にも決定権は与えない。

例え世界の王であっても親であっても決定権は与えない。

私の心の決定権は何者にも与えない。

強い気持ちと信念で固めていくと、こっそり作成されたバックドア(ばれない入口)も見つけることが出来ます。モラルハラスメント加害者は相手の心の奥を舐めまわして隙間を見つけるのが得意です。ですので舐めまわされた結果、バックドア(ばれない入口)を作られているのですから見つけだし(気づく)鋼鉄の感情で隙間を埋めることが大事です。

良く考えてみて下さい。危ない犯罪、異常者、猟奇的事件などがある世の中で、むやみやたらに「鎧を脱いだほうがいい」とすすめる人は何かおかしいと思いませんか…?

そういった本人が、危ない場所だと思い鎧を脱がないのにもかかわらず、他人には鎧を脱ぐことをすすめる…。詐欺と同じで心理的詐欺も多くいますよ。

もう一度繰り返します。

私のことを決定できるのは私だけ。

他の誰にも決定権は与えない。

例え世界の王であっても親であっても決定権は与えない。

私の心の決定権は何者にも与えない。

力強い言葉ではっきりとイメージして声に出して言ってみると効果的です。

あなたの心は、あなたが心から信じたい人、愛したい人にだけ、あなたの責任で心の扉を開いてください。

家の玄関と同じで、夜に開けっ放しは良くないのと同じで、心を開きっぱなしは自分を破壊へと誘導します。

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。