在宅支援をご希望の方へ

息子の家庭内暴力やひきこもりで悩んでいる方へ。家庭内暴力や引きこもりは放置すればするほど悪化していきます。

息子の家庭内暴力やひきこもりで悩んでいる方へ。家庭内暴力や引きこもりは放置すればするほど悪化していきます。

ご家族の、
ひきこもり・家庭内暴力で
悩んでいる方にお伝えしたいことがあります。

それは、ひきこもりであっても、
家庭内暴力であっても、
本人は自分の善に沿って行っているということ。

善というのは善悪という意味ではなく
為になるという意味です。

ひきこもりの人は引き篭ることが
自分の為になると信じています。

家庭内暴力を行う人も、
家庭内暴力が自分の為になると信じています。

ただ、もっと良い方法を知らないだけなんです。
もっと良い方法(自分の為になる良い方法)を
知ることが出来れば変わることも可能なのです。

だから動き出さなくてはいけない。
だけど本人は動き出せない。

だから周りが出来ることがあれば
してあげたらいいのです。

そこで、僕がおすすめするのがこちら

⇒ 在宅支援|こころのがっこう

ひきこもり・家庭内暴力
社会復帰支援プログラム(3カ月コース)です。

完全在宅ではないですが、
専門指導員が社会復帰支援プログラムに沿って
在宅支援を進めていきます。

元警部警察歴20年の警察OBが運営する
全国で唯一の自立支援施設です。

ひきこもり専門相談員の配置、
警察など関係機関からスタッフの受け入れ、
ハローワークを通じた就労支援など常に
行政機関と緊密に連携した体制を確立しております。

<<下に続く>>

そしてこれまでたくさんの、ひきこもり、
家庭内暴力、ニート問題等解決困難と思われた事案の
「最後の砦」として皆さんの期待に応えてきました。
警察OBのプロにすべてお任せ出来ます。

先ほどもお伝えしましたが、

ひきこもりの人は引き篭ることが
自分の為になると信じています。

家庭内暴力を行う人も、
家庭内暴力が自分の為になると信じています。

ただ、もっと良い方法を知らないだけなんです。
もっと良い方法(自分の為になる良い方法)を
知ることが出来れば変わることも可能なのです。

社会復帰支援プログラムの流れ

1、ひきこもり・家庭内暴力社会復帰支援プログラムお申込み
このページの「お申込」ボタンからお申込手続きをお願いします。

2、第1回面談実施(当社)?
ご家族から詳しくご本人の状態をお聞きして社会復帰支援プログラム実施計画を策定。

3、社会復帰支援プログラムの実施?
実施計画に基づき3か月間、専門指導員のサポートにより支援プログラム実施。

4、定期面談、24時間サポート?
月1回の面談、ご本人への接し方等アドバイス、随時面談、緊急時は24時間サポート

5、効果、成果の検討?
ご本人の社会復帰への準備活動、在宅支援の継続、自立支援施設への入所などを検討します。

引用元:在宅支援|こころのがっこう

本人も苦しんでいると思います。
苦しみから抜け出すには新しいことを知る必要があります。

こちらのプロのお力を借りて是非大きな変化を起こしてみて下さい。

家庭内暴力や引きこもりは放置すればするほど悪化していきます。

悪化する前に対処していかなくてはいけない大問題です。

料金は高額なので冷静に、慎重にご検討ください。

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。