小さい頃から「宗教洗脳」をたっぷりと受けてきたからこそ「騙されない自分」になることが大切がわかる!

僕は、小さい頃から「宗教洗脳」をたっぷりと受けてきました。三度の飯よりお経が大事、僕らの命よりもお経が大事、命を懸けろ、殺されても曲げるな、そういった強い洗脳を長期的に受けてきました。つまり心の深い部分にたっぷり刷り込みを受けた経験があります。だから心の深い部分に詳しいのです。

「宗教洗脳」は「変性意識状態(トランス状態)」という、刷り込みやすくなる意識状態へ誘導する仕掛けが色々あります。そして刷り込みしやすい状態を作り出して潜在意識(無意識)にあらゆる情報を刷り込みます。良くも悪くも。悪いものはカルトです。そして信者には色々な影響が出てくるのです。

ですから、こういった技術を悪用している偽スピリチュアルの霊感商法の手口なども知っていますし、如何に詐欺師が多いかも知っています。だから大事なことは「騙されない自分」になることです。「騙されない自分」は「本当の自分」です。本当の自分を強く生きて幸せになった人は騙されません。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)