インターネットを悪用した人権侵害をなくすために匿名掲示板などで人権侵害を行う者から勇気を持って離れましょう!

5237 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

インターネットを悪用した人権侵害をなくすために匿名掲示板などで人権侵害を行う者から勇気を持って離れましょう!

インターネットを悪用した人権侵害は法務省のホームページに以下のように書かれています。

被害を受けた児童は将来にわたって永く苦しむこととなるなど,重大な人権侵害と言わざるを得ません。 https://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken88.html

個人的に厳しく言えば、「匿名掲示板などで匿名でこのような人権侵害を行う者を擁護する者も同罪である」と思っています。殴られた傷は数日で消える。だけど心の傷はずっと残るのです。法務省のページにも書かれているように「将来にわたって永く苦しむ」ことになるのです。

虐待者や人権侵害を行う者は「人のせいにするな、過去を振り返るな」と一見正しい事を言って上手く逃げます。

私なら、相手が刃物を持って目の前に出てきたほうが100倍もマシだと思っています。心をジワジワと殺す行為は傷害事件よりも重たいものです。ですから人権侵害を行っている人間からはどんどん離れましょう!

彼らは人の苦しみを養分として生きているのですから、共に人権侵害を行ったり、それを否定もせずにいると、養分を吸い取り、精神エネルギーをどんどん吸い尽くします。その被害者は素直で真面目な子なのです。そんな子を誰が守るか?誰かが守っていかなくてはいけないのです。心こそ守るべきものです。小さなことこそ大事なのです。

ネットで 子供を自殺に追い込んで楽しむ人権侵害を減らすために、法務省のページを広めましょう。うつ病になる方、恐怖症になる方、自傷行為をする方、自殺する方。 このような方の、声に出せない、説明できない苦しみの背景には、このような人権侵害が更に水面下に潜ったりしています。

一部ですがインターネットを悪用し匿名掲示板で誰なのかわからず隠れながら、 そして「匿名に守られながら人を心を殺し魂の殺人をするような」ことを行っている、長年嫌がらせをしている者が、このように真面目な人をスケープゴートして安定を保っている卑怯者なのです。インターネットを悪用した人権侵害をなくすためにご協力下さい。

法務省も「あなたのブログやHPから啓発の輪を広げよう!」と言っています。 あなたも、一緒に「未来の子供を自殺まで追い込むインターネットを悪用した匿名の嫌がらせによる人権侵害」をなくすために ご協力ください!

法務省のページを広める方法

まずは、法務省のページをご覧下さい。

https://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken88.html

画像バナーをダウンロード出来ます。ダウンロードした画像を使用して、上記のURLをリンク先としてリンクして下さい。方法がよう分らない方は以下をコピーしてご自身のブログでHTMLタグを有効にした状態で、そのまま貼り付けて下さい。

 

インターネットを悪用した人権侵害をなくしましょう

 

 

インターネットを悪用した人権侵害をなくすために匿名掲示板などで人権侵害を行う者から勇気を持って離れましょう!

 

インターネットを悪用した人権侵害をなくしましょう

インターネットを悪用した人権侵害をなくすために匿名掲示板などで人権侵害を行う者から勇気を持って離れましょう!

インターネットを悪用した人権侵害をなくすために匿名掲示板などで人権侵害を行う者から勇気を持って離れましょう!

個人的に厳しく言えば、「匿名掲示板などで匿名でこのような人権侵害を行う者を擁護する者も同罪である」と思っています。殴られた記事は数日で消える。だけど心の傷はずっと残るのです。法務省のページにも書かれているように「将来にわたって永く苦しむ」ことになるのです。

当たり前のことです。

ここで「弱いから」とか「気にしすぎ」という者が、弱いものであり、それで安定を保っているのです。

そして、セカンドハラスメントをしている事さえ気が付いていないものですから、どんどん厳しくなっていくのです。

人権侵害を行う卑怯者は集団心理を操りますから、怯えていないで、どんどん離れましょう!

そして、どんどん法務省のページも広めていきましょう!

それが、あなたがお子さんがいるのなら、お子さんの未来を明るくすることに繋がるのです。

人権侵害者は善人のフリをします。

そして、相手が変な奴だと見えるように、事実にウソを混ぜてレッテルを貼っていくのです。

本来なら、実名を晒すべきです。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。