「洗脳」が本格化してくると同時に「虐待」も更に深刻化していくのがこれからの流れです。つまり「洗脳されない」ことが「虐待を増やさない」ことに繋がる。虐待者は洗脳されて自分を見失って弱い者に八つ当たりしている。

「洗脳」が本格化してくると同時に「虐待」も更に深刻化していくのがこれからの流れです。つまり「洗脳されない」ことが「虐待を増やさない」ことに繋がる。虐待者は洗脳されて自分を見失って弱い者に八つ当たりしている。

洗脳」が本格化してくると同時に「虐待」も更に深刻化していくのがこれからの流れです。つまり「洗脳されない」ことが「虐待を増やさない」ことに繋がるのです。虐待者は洗脳されたことさえ気づいておらず「心を攻撃」されたことも気づかない。そして自覚のない鬱憤を「虐待など」に変えています。

「洗脳は心が弱い人がされるもの。だから自分は平気」と思っているタイプが一番洗脳されやすいし気がつかないものです。

言葉を巧みに使った洗脳時代に突入しましたが自分の心を守るのは自分です。洗脳されないためには「洗脳の知識」が必要です。勉強しておくことをお勧めします。今時、暴力や暴言を使って人を支配するのはあまりにも無知な人がやること。賢い支配者は優しく静かに気付かれずに洗脳していきます。

おすすめの厳選した2冊をご紹介します。

 

洗脳から自分や自分の大切な人を守るためには「洗脳は心が弱い人がされるもの。だから自分は平気」と子供みたいに誤魔化すのではなく「洗脳の知識」を手に入れることが大切です。それが自分の周りに「虐待」や「虐め」を増やさない事にも繋がるのです。

何故なら、虐待者は既に洗脳されているから。洗脳されて自分を見失って弱い者に八つ当たりしているようなものです。だから、洗脳に気づいて防ぐ。これこそが大事なんです。起きながらにして寝ている場合じゃありませんよ。

虐待の根本解決の一歩は、自分にかけられた否定的な暗示や、洗脳を解くことです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)