北風と太陽は「支配」と「尊重」のお話だった!?「太陽の暖かさ(尊重)」は「あなたを豊かにする」ために優しく、毎日、裏切ることなく、昇っているのです。

2929 views
約 2 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
北風と太陽は「支配」と「尊重」のお話だった!?「太陽の暖かさ(尊重)」は「あなたを豊かにする」ために優しく、毎日、裏切ることなく、昇っているのです。

支配と尊重のお話

冷たく厳しい態度で人を動かそうとしても、かえって人は頑なになるが、暖かく優しい言葉を掛けたり、態度を示すことによって初めて人は自分から行動してくれるという組織行動学的な視点もうかがえる。

 

引用元:北風と太陽 – Wikipedia

イソップ寓話の1つ、北風と太陽と話ってすごく素敵な話ですね。太陽の温かさは「尊重」ですね。人を支配するのではなく人が自ら動きたくなるように暖かく照らす。北風は強制的に上着をはぎ取ろうとする「支配」。イソップ寓話の1つ北風と太陽は「支配」と「尊重」のお話なんですね。

人を「尊重」している「太陽の暖かさ」が「親」を優しく包み、その「恩恵」もありながら「」が「」に愛を与える。

<<下に続く>>

寒さにふるえた者ほど太陽の暖かさを感じる。
人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る

 

ホイットマン (アメリカの詩人)

苦しく、辛く、悲しい人生だったからこそ、上記引用の名言のように「太陽の暖かさ(尊重)」を感じるようになるのです。それが「豊かな感情」となり「本音である感情を豊かにする」のです。本音が豊かになるということはあなた自身の人生も豊かなものへと変わっていくのです。

太陽の暖かさ(尊重)」は「あなたを豊かにする」ために優しく、毎日、裏切ることなく、昇っているのです。それは身をもって「裏切らないこと」を教えてくれているのです。1度でも太陽が昇らなかった日はありません。

あなたが豊かになるということが、本当の自分を生きるということです。

 

 

 

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)