辛い理由がない、わからない…。そんなあなたは「無理をすると辛くなる本当の理由」を知っていますか?恐らく、このことを知っている人は少ないでしょう。

せいじの声で聞く

ななこの声で聞く

 

あなたは、無理をすると辛くなる”本当の理由”を知っていますか?

恐らく、このことを知っている人は少ないでしょう。殆どの人が「無理をしている」=「頑張りすぎている」というような意味で捉えているかと思います。

これは、ちょっと違うんですよね。

無理とは、字のまんま、理が欠けていること、道理が無いことです。「無理が通れば道理が引っ込む」ということわざもありますよね。そう、つまり、「無理をしている」=「頑張りすぎている」ではなく「無理をしている」=「理が無さすぎている」ということなのです。

「理」は物事の道筋のことです。その物事の道筋が無いことって、世の中、なかなか通らないようになっているのです。通ったとしてもずっとではなく一時的だったり、通したことで犠牲が生み出されたりします。物事の道筋が無いことが平気でまかり通るようになり蔓延すれば健全な社会は終わりです。そうなった国は、裏社会と警察がべったり癒着し、犯罪も闇に葬られてしまいます。金のある者が権力を持って安心や正しさなんて無くなるのです。

そうならないために「物事の道筋」って大事なのですが、それを壊すかのように無理を通そうとすると自然に圧力がかかってくるのです。ですから、「理が無さすぎている」ことを通そうとしていることが「無理をしている」という意味なのです。

ですので、「理が無さすぎている」ことを通そうとしていれば当然ですが辛くなっていきます。それは自然なことなのです。そこで、少しでも理を持っていけば通ることが増えるので辛さも当然減っていきます。

なので、無理をして辛い時は、自分の言動から「理」が欠けていないかを確認すると良いでしょう。理が欠けているのなら、それを通そうとしても辛くなるだけです。「無理」を「道理」に変えた分だけ楽になっていくのです。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)