辛い理由がない、わからない…。そんなあなたは「無理をすると辛くなる本当の理由」を知っていますか?恐らく、このことを知っている人は少ないでしょう。

辛い理由がない、わからない…。そんなあなたは「無理をすると辛くなる本当の理由」を知っていますか?恐らく、このことを知っている人は少ないでしょう。

せいじの声で聞く

ななこの声で聞く

無理をすると辛くなる理由

あなたは、無理をすると辛くなる”本当の理由”を知っていますか?

恐らく、このことを知っている人は少ないでしょう。殆どの人が「無理をしている」=「頑張りすぎている」というような意味で捉えているかと思います。

これは、ちょっと違うんですよね。

無理とは、字のまんま、理が欠けていること、道理が無いことです。「無理が通れば道理が引っ込む」ということわざもありますよね。そう、つまり、「無理をしている」=「頑張りすぎている」ではなく「無理をしている」=「理が無さすぎている」ということなのです。

「理」は物事の道筋のことです。その物事の道筋が無いことって、世の中、なかなか通らないようになっているのです。通ったとしてもずっとではなく一時的だったり、通したことで犠牲が生み出されたりします。物事の道筋が無いことが平気でまかり通るようになり蔓延すれば健全な社会は終わりです。そうなった国は、裏社会と警察がべったり癒着し、犯罪も闇に葬られてしまいます。金のある者が権力を持って安心や正しさなんて無くなるのです。

そうならないために「物事の道筋」って大事なのですが、それを壊すかのように無理を通そうとすると自然に圧力がかかってくるのです。ですから、「理が無さすぎている」ことを通そうとしていることが「無理をしている」という意味なのです。

ですので、「理が無さすぎている」ことを通そうとしていれば当然ですが辛くなっていきます。それは自然なことなのです。そこで、少しでも理を持っていけば通ることが増えるので辛さも当然減っていきます。

なので、無理をして辛い時は、自分の言動から「理」が欠けていないかを確認すると良いでしょう。理が欠けているのなら、それを通そうとしても辛くなるだけです。「無理」を「道理」に変えた分だけ楽になっていくのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)