辛い理由がない、わからない…。そんなあなたは「無理をすると辛くなる本当の理由」を知っていますか?恐らく、このことを知っている人は少ないでしょう。

2879 views
約 2 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
辛い理由がない、わからない…。そんなあなたは「無理をすると辛くなる本当の理由」を知っていますか?恐らく、このことを知っている人は少ないでしょう。

せいじの声で聞く

ななこの声で聞く

 

あなたは、無理をすると辛くなる”本当の理由”を知っていますか?

恐らく、このことを知っている人は少ないでしょう。殆どの人が「無理をしている」=「頑張りすぎている」というような意味で捉えているかと思います。

これは、ちょっと違うんですよね。

無理とは、字のまんま、理が欠けていること、道理が無いことです。「無理が通れば道理が引っ込む」ということわざもありますよね。そう、つまり、「無理をしている」=「頑張りすぎている」ではなく「無理をしている」=「理が無さすぎている」ということなのです。

<<下に続く>>

「理」は物事の道筋のことです。その物事の道筋が無いことって、世の中、なかなか通らないようになっているのです。通ったとしてもずっとではなく一時的だったり、通したことで犠牲が生み出されたりします。物事の道筋が無いことが平気でまかり通るようになり蔓延すれば健全な社会は終わりです。そうなった国は、裏社会と警察がべったり癒着し、犯罪も闇に葬られてしまいます。金のある者が権力を持って安心や正しさなんて無くなるのです。

そうならないために「物事の道筋」って大事なのですが、それを壊すかのように無理を通そうとすると自然に圧力がかかってくるのです。ですから、「理が無さすぎている」ことを通そうとしていることが「無理をしている」という意味なのです。

ですので、「理が無さすぎている」ことを通そうとしていれば当然ですが辛くなっていきます。それは自然なことなのです。そこで、少しでも理を持っていけば通ることが増えるので辛さも当然減っていきます。

なので、無理をして辛い時は、自分の言動から「理」が欠けていないかを確認すると良いでしょう。理が欠けているのなら、それを通そうとしても辛くなるだけです。「無理」を「道理」に変えた分だけ楽になっていくのです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. なるほどですね‼︎

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)