サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

会員限定記事(鍵付き)

会員限定記事(鍵付き)は無料で読み放題です。
178記事以上(2024/3/7現在)の会員限定記事を読むことができます。

ここでしか読めない記事、電子書籍に移行する前の記事などを読むことが出来ます。

ユーザー登録後、ログインをしてお読み下さい。

 

カタルシス

サヨナラ・モンスターが効果的な理由の1つ:右脳活性化(これを知らない人たちは、深層認知を変えにくい)

「サヨナラ・モンスター」は、感情の意識化と解放を促し、持続的な心の健康をサポートするセルフヘルプ教材です。その効果的な理由の一つに、右脳の活性化があります。右脳を活性化することで、心理的な問題の根本に働きかけ、深い部分での変容を促進します。...
役立つ研究情報

ペンシルベニア州立大学(米国を代表する州立大学)の研究で判明:4つの睡眠パターンの長期的な健康状態への影響が特定!予測可能に!

はじめに:最新研究で判明! 記事で紹介している「1」の睡眠パターンを維持しないと、将来的に健康を害する可能性が非常に高い!「2」「3」「4」の睡眠パターンは、長期にわたる慢性的な悪い健康状態と強く関連していると研究者は言います。10年先の健...
洗脳・マインドコントロール・暗示

裏社会が在る本当の理由:僕は、暴力団の世界は「美徳洗脳」の世界だと思っています。

「美徳洗脳」の世界 菅原隆志 僕は、暴力団の世界は「美徳洗脳」の世界だと思っています。そしてそれを背後からまた利用するものあり、要は暴力団も1つのスケープゴート(表側が利用する悪役・身代わり)だと思っています。 最新のChatGPT4.0(...
トラウマ

【トラウマを抱えたらこれを改善せよ!】スイスの最新研究で判明!グルココルチコイドの反応が鈍い人ほど心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症!

はじめに 菅原隆志 スイス連邦工科大学ローザンヌ校最新研究で判明! 2023年11月7日 グルココルチコイド(ストレスホルモンの一種)の反応が鈍い人ほど心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症するということがわかっています。 つまり、グルコ...
役立つ研究情報

【無意識にアクセスした秘密を完全公開!!】【アメリカ】ドレクセル大学の最新研究で判明した「ゾーン」の秘密と、「サヨナラ・モンスター」+「エモーションプラス(第二版)」でお伝えしてきたことと密接に関係していました!!

【アメリカ】ドレクセル大学の最新研究(2024年3月)で判明!「ゾーン」の秘密がついに解明! 菅原隆志 最新研究で判明した「ゾーン」の秘密、2つの大きなポイントが、「サヨナラ・モンスター」+「エモーションプラス(第二版)」でお伝えしてきたこ...
心の問題解決(2)

蜘蛛が怖いわけではないのに蜘蛛が怖かった:この心理的な問題を解決した方程式

はじめに:蜘蛛が怖いわけではないのに蜘蛛が怖かった 僕は過去、蜘蛛恐怖症でした。 そして克服しました。 これは、蜘蛛が怖くて、そして蜘蛛に慣れたことで恐怖が消えた、、、という単純な問題ではありませんでした。僕は蜘蛛が怖いわけではないのに蜘蛛...
ガスライティング・心理学

ガスライティングされやすい人の特徴と、起こる場面や環境、関係: 操られないためのガイド

先日投稿した記事:高評価が! 先日、書籍「ガスライティングに打ち勝つ方法(1巻)」に高評価が投稿されたとお伝えしましたが、また誰かが高評価を投稿してくれました!(星4つ)高評価が投稿されたので、今回も、これに関することをお伝えしたいと思いま...
役立つ研究情報

【韓国最新研究から考察】健康な鼻呼吸が脳のクリーニングに役立つかも? 脳脊髄液の流れと老廃物排出の新たな可能性

はじめに 研究の概要: 脳脊髄液と健康な鼻呼吸の可能性 最近の科学的研究は、私たちの健康における鼻呼吸の重要性を再認識させてくれます。特に注目されているのは、脳脊髄液(CSF)の排出における鼻呼吸の役割です。脳脊髄液は、脳の重要な保護液であ...
トラウマ

【アメリカ】イェール大学の最新研究(2023年11月30日)で判明!PTSD患者の記憶の仕組みが明らかに!

はじめに: 心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、多くの人々が直面する難しい課題ですが、その脳内での具体的なメカニズムは長らく謎に包まれていました。今回のイェール大学による画期的な研究は、PTSD患者の記憶処理の仕組みを深く掘り下げ、私たち...
家族問題(2)

【最新研究で判明】大人が幼少期の子供のトラウマに敏感になり、それを早期に認識することが非常に重要!

菅原隆志よりトラウマは早期に気づき、対処することが回復において非常に重要です。しかし幼少期の子供はトラウマに敏感になれません。自分がトラウマを抱えていることに気づくことは勿論、何となく気づけても言語化出来ません。そしてその心の傷が、後々、問...