「事実を確認する」ことは本当に大切なことです。とくに「嘘」と「矛盾」に満ち溢れたモラルハラスメント界で苦しんでいる人ほど必要なこと。

「事実を確認する」ことは本当に大切なことです。とくに「嘘」と「矛盾」に満ち溢れたモラルハラスメント界で苦しんでいる人ほど必要なこと。

「事実を確認する」ことは本当に大切なことです。とくに「嘘」と「矛盾」に満ち溢れたモラルハラスメント界で苦しんでいる人ほど必要なことです。モラルハラスメント界は嘘と矛盾に満ちている世界。何故か。搾取のためです。その搾取の世界で苦しみを取り除こうとするのではなく離れることが大切です。

詐欺師はとても優しい(最初だけ)。モラハラをする人も優しい(最初だけ)。その「優しさのメッキを施したエサ」に食いついてしまう自分を変えていく必要があります。本当の優しさって「厳しさ」や「悪役や嫌われ役を演じる人」の中にあったりすることもあります。「見せかけ」に騙されないこと。

モラルハラスメント界は「嘘」と「矛盾」に満ち溢れた世界であり絶えず「”害”」を各々で”生産”している世界なのです。重要なことをお伝えします。「矛盾」「矛と盾」「矛(攻撃)+盾(防御)」。つまり「争い」。加害者と被害者が絶えず生まれる世界なのです。それが矛盾の世界です。

モラルハラスメント界を仏教で例えると「三悪道(畜生道、餓鬼道、地獄道)」のようなもの。これらは「煩悩まみれの世界」です。この世界で絶えず、争い、嘘によって陥れ、でっち上げ、企み、策略、傷つけあうことを繰り返すのです。だから離れる(自分が精神的に成長する)ことが大切なのです。

「被害者」とは「害を被る者」と書きます。つまり、自分の中に「害を被る目的」があります。その目的を認めて、もっと「生産的な目的(害を被らない目的)」に変えることが出来れば良いのです。これによって「不幸」→「幸せ」に移行していきやすくなります。もう害を被る必要はないのです。

どこに行っても虐められたり被害を受けてきた人たちは「自分は被害者であるべきだ」という何かが無意識のうちにあったりする。それが害を引き寄せてしまう。お人好しでとても優しい人だったのだと思う。だからこそ今度は他人のためじゃなく心の中の小さな自分のために自分を大切にし始めよう。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)