些細なトラブルは認知の歪みに原因がある。そしてトラブルは自覚できない傷に気が付くチャンス!

16736 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
些細なトラブルは認知の歪みに原因がある。そしてトラブルは自覚できない傷に気が付くチャンス!

些細なトラブルの原因は「認知の歪み」が原因の場合があります。AさんとBさんは一緒に住んでいる家の掃除をする時に、Aさんは空気の入れ替えの為に窓を開けました。そこでBさんが「こっちの窓も開けないとだめだよ」とAさんに言うとAさんは怒り出しました。Aさんは「ちゃんと窓あけてんだろ?嫌がらせかよ」Bさんは「そうじゃないよ!こっちの窓を開けないと空気が通り抜けないから意味が無いんだよ。」

この話の場合、どちらが正しいかと言えばBさんです。目的は掃除ですから空気が通り抜けない状態で窓を開けても換気の効果は少ないのです。換気は外気を取り入れ、内部の空気を入れ換えることですので、通り抜けるように窓を開けることが大事なのです。そのことをAさんは理解出来なかった、理解しようとしなかったことでトラブルになりました。そしてAさんはBさんが嫌がらせをしていると思い込んでしまったのです。これが認知の歪みです。現実は、より効果的に空気を入れ替えて掃除をスムーズに行うための良い提案、良い指摘なのですが、Aさんは嫌がらせをされたと勘違いをしてしまう認知の歪みがあるのです。

では、何故その認知の歪みがあったか?Aさんの心理には「早く結果を出したい」という気持ちが隠れていました。それは機能不全家族で感情の虐待を受けて育ったことで、幼少期から正しくても認められないので、認めてほしかった為に、だんだんと手抜きし適当に考え、表面的に行って、認めてほしいという心理が根底にあったことで、正確なプロセスを省く癖があったのです。正確なプロセスを省くので、原因から結果に直結して考えるのですが、プロセスを省いて正しい結果は出ないものですから、結果を捻じ曲げる癖を持っていました。(本人がそう言った)また責められ続けて育ったので責められてないくても責められているように感じる被責妄想が自分にはあると言っていました。

<<下に続く>>

今回の話ですと、空気はあまり入れ替わっていないのに、かなり空気が綺麗になったと思い込む状態です。このようにAさんの幼少期からの心の傷が見えてきたのです。そしてAさんは、自分の足りない分を他者で補おうとするから、依存したり寄生したりくっついたりします。だから認知の歪みの修正が大事なのです。そして、このようなトラブルは心の奥の自覚していない傷に気づいて修正するチャンスです。その傷が癒えればそれだけトラブルは減ります。

Aさんは窓を開けたので空気を入れ替えているつもりですが、通り抜けていなかったので、現実は違います。そこでBさんの良い指摘を受け入れることが出来ると、より良い自分に変われます。自己否定をすると自分の基準がずれてしまいます。ずれた基準で見るものは沢山ずれてしまうのです。ずれていると今回の話のように他者とトラブルが起こります。そして、ずれている側はトラブルの原因を自分が生み出していることに気が付かないので自分が被害者だと思い無意識で不幸を生み出しやすくなります。それは過去に責められ続けていれば当然ですよね。無意識の傷は、傷を守ろうと感情の纏まりになり、トラブルを誘発します。そこが気づくチャンスなのです。

被害者と加害者はセットですから、Aさんが被害者だと思うということは裏には加害者意識があるということなのです。Bさんの良い指摘、生活を良くしたい気持ちを踏みにじる行為になっているのでAさんがBさんに嫌がらせをしている加害者なのです。これが被害者と加害者はセットという部分なのです。被害者意識があるとき、自分でも気が付かない加害者としての自分がいます。その間違いに気づき省くことでしあわせになっていけるのです。過去は責められてきたけど今はどうなのか?ちゃんと確認すると実は責められていないことい気づくこともあります。人は過去の記憶で今を見るので過去のように感じてし合う事があります。

自分が傷ついていたという事は、自分も誰かを傷つけています。ですから、変わるのは自分なのです。

トラブルは自覚できない傷に、お互いに気が付くチャンスです。相手も傷ついているんだと理解を深めると「喧嘩するほど仲がいい」という意味が分かってくると思います。本当に理解し合える(癒し合える)2人だからこそ、喧嘩するのです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 68 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. なるほどな、と思いました。Aさん自身の生い立ちまで詳しく説明されていて歪みの原因がわかりやすかったです。そんな些細なことで喧嘩できるって、仲がいい証拠なのでしょうが、やはりその時は相手が大っ嫌いな自分がいます笑

  2. ついこないだまでの自分のことを言われているようで、何度も読み返してしまいました。深い傷口に消毒液はしみるけれど、こうやって1つ1つ治していかなければ問題は何も解決しないと思っています。こちらのサイトと共に、成長していきたいです。

    • 「深い傷口に消毒液はしみるけれど、こうやって1つ1つ治していかなければ問題は何も解決しない」

      ↑とても良い言葉ですね!自分のマイナス点は認めて隠さなくても良いのですよ!私も被害者意識もありますし気づいていないこともいっぱいあって認知の歪みもあります。

      認めて省いていけば消えていくでしょう。

  3. 認知の歪みって、単刀直入に言うと被害妄想だと思いました。
    でもそれに気づいていない‥怖いですね。
    自分も無意識のうちにしてしまっているかも知れないので、自分をみつめてみようと思います。

    • そうですね。被害妄想の原因が認知の歪みですのです。
      そして認知の歪みの原因は世代間連鎖で受け継いだ歪みを放置していることです。
      解決は受け継いだ歪んだ価値観を捨てて新しい価値観を手に入れる為に色々学ぶことです。

  4. ∞ひめくるみ∞

    友達に、すぐイライラする人います。

    下に住んでた人も、すぐイライラしてたわ。

    その人らは認知が歪んでるんか。。。

    認知の歪みを直すとイライラが治まるんかな?
    この二人に共通する事は、トラブルを起こしやすい。
    トラブルに巻き込まれやすい事。

  5. 小さな認知の歪みが積み重なって、ギスギスした人間関係になる。それは、例え家族でさえもそうなります。そうなると、子供は家庭にとても居づらくなり、やがて居場所が見つからない子になる要因になります。

  6. 認知を発生させる前に自分でできることを見つけて、それを続ければ、僕てきにはまず不幸なものには繋がらないとは思います。

    • 認知を発生させる前に出来ることをするってどういう意味ですか?

      認知イコール病気か何かと勘違いされていませんか?

      認知は解釈する過程のことです。

  7. 私はこの問題はBさんがAさんに納得いくように説明すれば良いのではないかと思います。Bさんが歩み寄ることで変わるんじゃないでしょうか?私がBさんなら、わだかまりを残したくないので納得いくまで議論します。お互いの理解も深まると思います。

    • そういう方法も良いですよね^^

      良いですけどBさんが歩み寄ることを待っているようではAさんは邪魔者扱いされやすいので可哀想ですよね^^

  8. 加害者はある意味で被害者でもありますよね。被害者でも見方によっては加害者ですし…。

    • その通りですね^^

      加害者はある意味被害者です。
      そして被害者も加害者です。

      これが被害者と加害者の世界で抜け出した人はいっぱいいます。
      抜け出した世界には被害者も加害者もいないのです^^

      モラハラも同じです。
      モラハラ被害者は加害者ですし、加害者は被害者でもあります。

      だから、気づいてやめる、抜け出すが大事なのです^^

      その為に過去と原因を見る必要があるのです。

      納得の上で抜け出すのです。

      過去の原因に納得すれば、二度と戻らないでしょう^^

  9. Bさんは「こっちの窓も開けないと駄目だよ」とアドバイスだけをして、無断で窓を開けた訳でもないのに、その行為を嫌がらせと捉えるAさん。あまりに意思の疎通が取れていないと思います。もはや開ける理由を説明する筋合いもなく、こういうAさんのような人とは関わりあいたくないですね。

    • Aさんの認知の歪みがトラブルを起こすので、関わらない方が良いですが、余裕のある方はAさんを仕向けてあげても良いと思います^^

      Aさんが納得できるように、わかりやすく仕向けてあげて本人がそれが良いことだとわかればAさんもトラブルの元が減るので幸せになれますね!

      やっぱり気づきって大事だと私は確信です。

      否定は怖い時も、嫌な時もありますが、根拠ある否定はありがたいものですよね^^

  10. 正論かどうかは別として、自分の意向とは違う行為をされた時に反発する事はよくあると思います。例えば正解ではあるけど、了承を得ず無断で行動した場合など。ただ、本質を見失わない事が大事だと思います。

  11. 正に認知の歪みですね。

  12. 何かささいな事でトラブルがおきたときに、自分の間違いに気づけるかどうかっていうところなのでしょうか?
    気づくことができたら、解決の道も見えてくるでしょう

  13. 些細な事が認知の歪みというのは一理あるでしょう。ただ、虫の居所が悪い場合もあるのではと思いました

  14. Aさんのようなことが、自分の家族にもあります。これから色々な事を観察して対策を練りたいと思いました。

  15. ∞ひめくるみ∞

    短気はダメと言うか、相手の話しは最後まで聞いた方が良いのかな?

    知ってるつもりでも知らなかったりすることありますよね。

    • 相手の話は客観視して聞いたほうが良いです^^
      違う角度で聞けば、新しい発見があるでしょう。

      自分の感情丸出しだからぶつかってしまう事もあります。

      私の記事もいろんな角度から見ている人がいるから
      否定したい人や肯定の人など様々です。

      自分に必要な角度を見つけると良いかもですね。

  16. 同じコメントひとつでもその人によってなるほどと感じたり何を言っているんだと感じたりするのです。価値観の違いですとか経験してきたことなどによって物事の捉え方が変わっていくのだと思います。

    • そうですね。

      価値観の違いで物事の捉え方が違いますよね。

      人任せの価値観や、率先する価値観。

      プラスな目的達成の為の、自分や周囲にとってプラスになる価値観はどれでしょう?^^

  17. 認知の歪みは、窓の例にもあるようにたくさんあるので治していきたいですね。

  18. 気づかないうちに認知の歪みをおこしている気もします。
    気づけただけましなのでしょうか。

  19. 認知の歪みに気がつきます。改善点が私には色々ありますが頑張っていきます。

  20. 気づいたことが多い内容だと感じます。配信内容はいつも参考になります。

  21. うちの母は、幼い頃に自分の母親(私の祖母)から「お前はバカだから」と、度々言われたそうです。
    母の姉(私の伯母)は聡明で学校の成績もよかったからか、比較されたようです。
    姉妹とても仲良く、母自体は穏やかな明るい人ですが、87歳になる今でも、何かにつけて「どうせ母親からお前はバカだバカだと言われてたから仕方ない」と言います。
    私や兄は「学校の成績だけがすべてじゃない。母さん、私らは母さんをバカだと思ったことはない」と言います。けれども母は、私たちが言う言葉より、自分の母親から言われた言葉しか頭にないようです。
    これも認知の歪みなのでしょうか?

    私自身も、以前は、誰かに忠告されても、悪くしかとれませんでした。
    今は理解したつもりですが、こと自分のこととなると、わかったつもりが、いやな感情しか持てない場合があります。理屈ではわかったつもりがです。難しいですね。

    • 心の中で未だに、
      お母さんが自分の母親(スカッピィさんのの祖母)に依存しているので支配されている部分があります。

      それが心の中の内なる親(インナーペアレント)です。
      内なる親(インナーペアレント)に依存すると、内なる子供(インナーチャイルド)を無視したり傷つけます。

      そして自分の中の内なる子供(インナーチャイルド)は自分の子供と繋がっています。

      自分の中の内なる子供(インナーチャイルド)を軽視すると、自分の実の子供も軽視してしまいます。

      なので、スカッピィ さんやお兄さんの
      「学校の成績だけがすべてじゃない。母さん、私らは母さんをバカだと思ったことはない」と言う言葉は届かないのです。

      その為に大事なことが自己肯定感を高めることです。

      自己肯定感が高まると、自分の中の内なる子供(インナーチャイルド)を大事にしたくなりますし、
      内なる子供(インナーチャイルド)を大事にすると自己肯定感が高まりやすくなります。

      自己肯定感が高まると、内なる親(インナーペアレント)への依存や期待がなくなりますので、内なる親(インナーペアレント)からの心の支配は消えます。

      親を許せていないから、内なる親(インナーペアレント)への依存や期待、執着が消えないのです。

      執着には理由がありますので、そういった部分の納得の気づきがあれば変化は起きてきます。

      スカッピィ さんが自己肯定感が高まっていってから
      「学校の成績だけがすべてじゃない。母さん、私らは母さんをバカだと思ったことはない」と言ってあげると、以前よりも効果がでるでしょう。

      自己肯定感が高い人の言葉は届きやすくなります。

      頭ではわかっても無意識ではわからない感じですよね?

      その場合は腑に落ちるまで、100%の納得できるまで追求しやるしかないです。

      100%の納得が出来るまでは他者の価値観を必要とします。

  22. 認知・・・

    素直に人の言葉やアドバイス・違う考えや色んな意見を受け入れる器もあるんじゃないかと…

    知らない事を教えてもらう
    間違いを正してくれる
    違う方法もあると導いてくれる

    100人居たら100通りの言葉や方法があるのを、自分だけの認知が全てだと思いこんでるのかな。

    • その通りですね。

      その通りですが、前提に

      Bさんの
      『そうじゃないよ!こっちの窓を開けないと空気が通り抜けないから意味が無いんだよ。』
      というアドバイスを

      Aさんが
      『ちゃんと窓あけてんだろ?嫌がらせかよ』

      嫌がらせだと解釈してしまう問題があるうちはAさんはループします。

      よく考えてみて下さい。

      こっちの窓を開けないと空気が通り抜けないから意味が無いんだよという言葉は、掃除という目的達成の為に良いことですよね。

      私なら『ありがとう(#^^#)』となります。

      それを『嫌がらせ』だととらえることが迷惑な態度なのにBさんが起こらないのはBさんが素敵な方だと私は思います。

      何が嫌がらせか?
      一体どこが嫌がらせか?

      変だと思いませんか?

      嫌がらせなんてどこにもないのに。

      その嫌がらせだという歪んだ解釈の背景に、
      Aさんは、自分の足りない分を他者で補おうとするから、依存したり寄生したりくっついたりします。

      くっつく癖に文句を言う。
      くっつく癖に嫌がらせされたと言う。

      この状態なのです。

      ここ気づけばマイナスは除去できるんです。

      人になんとかしてもらおうと思っている方はAさんを支持したくなりますよ(笑)

  23. 認知とか言うのはよくわかりませんが、
    被害妄想なひとはよくいます

    • 認知は『○○って何?と判断や解釈したりする過程のこと』です。

      この解釈の結果、悲しみ、怒り、喜び、驚き、嫌悪、恐怖などの感情を作っているのですね。

      ですので、解釈をプラスにしたり合理的にすれば、
      いちいち苦しくなる原因の感情を生み出さなくなるということです。

      この話が良く分かります。
      Aさんが『嫌がらせ』と解釈するからマイナス感情が生まれるのです。しかし良いアドバイスだなぁと解釈すればプラスな感情が生まれるのです。

      すごくシンプルでですが人間はこれがむずかしいのです^^

  24. メグミ(二児のママ)

    認知の歪みや自分の都合上で、人を悪くいったり、傷つけたりする方は間違った認知の歪みを正しいと思ってますからね。一般の人はまだ、職業が開運商品の売り逃げするような霊能者なんかよりは、気づいて抜け出しやすいのでないかと思いますよ。

  25. 不幸の原因が自身にあるのか周辺なのかにより対処法が異なると思う。いずれにせよ。変革を求めるならば、多くの努力が、他より必要となるに違いないでしょう。

  26. ん〜、私なら

    じゃ、自分で開けろ

    ですね

    暗いと不満を言う前に、進んで明かりをつけましょう

    親兄弟でも、所詮は他人

    思ったなら、言葉を発する前に行動をする

    1番トラブルになりやすく、簡単な解決方法

    • 『じゃ、自分で開けろ』

      に対し、

      『じゃ、出て行けよ』

      となるでしょう。

      これでトラブルは起こりません。

      仕事で考えたら、自分が手をかけたものを
      中途半端にこなすか、真剣にこなすか。

      この違いですので、

      向上心の無い人はAさんを支持し
      向上心のある人はBさんを支持する

      という感じです。

      Aさんは、なんでもないことを
      嫌がらせととらえてしまう心のクセがあるので
      一般的に受け入られやすいのはAさんです。

  27. 私の彼は、認知の歪みが特に酷いです。彼の為に思って、こうした方が良いよと発言したら、すぐに女の癖に生意気だとか、上から目線で物言いするなと平気で言います。私は、男女関係なしに、相手の事を思い発言するのは、上から目線ではないと思うのです。相手を馬鹿にした見下した言い方が、上から目線の物言いだと思うのです。

    • 『女の癖に生意気』というのは歪んだ解釈ですね。女性だから・・・っていうのは間違っていますね。

      おっしゃるとおり、男女関係なしに相手の事を思い発言するのは上から目線ではないですよね。

      こういった認知の歪みの背景には傷があります。

      どうして、彼は上から目線でいないと不安なのか?
      どうして、彼は女は下でいろという価値観なのか?

      親や周囲の価値観をかなり多く背負っているのでしょう。
      本当の自分はそうではないとわかっているのに他者の価値観で動かなければいけない苦しさがあると思います。

      こういった理解の上、下から男を立てるくらいの気持ちで褒めてあげると上手う行くと思います。このような場合、褒め言葉は上手く使うと効果的ですし、自分の為になりますので、気が向いたら褒めてみて下さい^^

      『こうしたほうが良い』
      と言うより、
      『○○はここすごいよね♪こうしたらもっと良くなりそう(#^^#)』

      など、人を動かす言葉を使うと上手くいくと思いますよ!

      言葉の力は絶大です。

  28. 気づくことは大切なことですね!

  29. Bさん、黙って窓を開けるなりすれば良いのにとしか……。

    ってことは、うちはAさん系ですね

    もっとも、Bさん、他人の粗捜しをするのが大好きで、他人に自分は抜けている、一人前になれないと思わせたいあれな人のような。
    言ってることのひとつひとつは間違ってるわけじゃないんだろうけどね。

    それに、Aさんは寒いからとかの理由であえて片方だけ開けたのかもしれないじゃない。

    うん、やっぱり友希はAさんの肩を意地でも持ちたいみたい

    • あなたが言うように

      『言ってることのひとつひとつは間違ってるわけじゃないんだろうけどね。』

      その通り、Bさんは間違っていないのです。

      問題は、Bさんは怒ってもいないし、普通のことを言っているし、良いことを言っているのに、何故Aさんはそれをマイナスでとらえるか?

      そこが認知の歪みです。
      本来プラスでとらえられることなのです。
      私もBさんの考えはプラスにとらえることが出来ます。

      向上心ある二人なら、スムーズに上手くいく話です。

      『Bさん、他人の粗捜しをするのが大好き』というのはあなたの歪んだ解釈だと思います。

  30. 認知の歪みのお題が良く来ますね。お互い様なのではないでしょうか。ポジティブに考えれば少し位無くなる様な気がします。

    • 問題は、Bさんは怒ってもいないし、普通のことを言っているし、良いことを言っているのに、何故Aさんはそれを『嫌がらせかよ』とマイナスでとらえるか?

      ここがなければトラブルにはならないので、これはお互い様ではなくAさんの歪んだ解釈の産物です。

      被害者と加害者はセットですから、Aさんが被害者だと思うということは裏には加害者意識があるということなのです。

      どんな加害者意識か?

      自分の責任を他者になすりつけちまえ的なことです。

      よく考えてみて下さい。

      Bさんは『そうじゃないよ!こっちの窓を開けないと空気が通り抜けないから意味が無いんだよ。』とポジティブで向上心を感じます。

      しかし

      Aさんは『ちゃんと窓あけてんだろ?嫌がらせかよ』と思い込みで相手の向上心に気が付かず、嫌がらせとネガティブに捉えています。

      繰り返しますが、お互い様ではなく、Bさんは怒ってもいないし、普通のことを言っているし、良いことを言っているのに、何故Aさんはそれを『嫌がらせかよ』とマイナスでとらえるか?

      ここが認知の歪みで、Aさんが修正しないといつまでも繰り返し問題を起こし相手のせいにするループのポイントです。

      是非、真剣に向き合って気づいてみて下さい。

      ここが腑に落ちればスーッと修正されますよ。

      気づくまでループするしかないのです。

  31. 本当にそうですね。

  32. 自分の非を認めない人っていますよね

  33. メグミ(二児のママ)

    認知の歪みは特殊な能力を使ってる霊能者なんかにもいますよね。開運を売り文句な一万円以上な商品で『願いは叶います救われます』とかって言ってる霊能者。信じてたのに結果がでなかったら買った人の宿命や運命と生き方が悪いとかって。でも私は《絆》での勉強もあって少し気づいたけど、知識過剰な能力過剰な霊能者が『金があれば運は開いてついてくるようになりますよ、金が無いならあきらめな』と。つまり『世の中金次第』
    と間違った認知の歪みを世の中に出し、金出した政治家系の人は認知の歪みも引っ張って当然し、活動してるとか。認知の歪み『地獄の沙汰も金次第』は昔からある認知の歪みではと思っています。

    • 霊能者さんで認知の歪みがある方は、直感的な能力が高いのに論理的思考のほうが足りない場合バランスを崩しているので、論理的思考をしていけば良くなると思います。

      悪質な人もいれば良い人もいたり様々ですよね。

      私のサイトで気づいていただけて嬉しいです(#^^#)

      お金は悪い事ではなくエネルギーなのですが、お金のエネルギーよりも絶対的なエネルギーは愛です。

      愛ってエネルギーで人間は愛の生き物みたいなものなのです。

      『願いは叶います救われます』は正しいプロセスを踏んで初めて叶うので、そのプロセスを無視している場合は相手にしない方がいいですよ。

      ただ願えば叶うのなら、私も叶えたいです(笑)

      願いが叶うには、因果関係でしっかり結んで、正しいプロセスでステップ踏んで、諦めずに明確な目標、イメージを持ち行動しなければ叶いません。

      つまり願いが叶わない原因が無意識にあるので、本人がそれに気づいて省く必要があるので、認知の歪みの修正がやっぱり大事なのです。

      メグミ(二児のママ) さんのプラスの気づきで、周りもプラスになっていけますね^^

  34. これ、クレームを出すうちのお客さんたちに読んで欲しいものですね(;^_^A
    自分達の認識が間違ってるのに平気で正論ぶって文句言ってくる・・・。
    ちょっと考えたら分かりそうなことなのに、頭ごなしに上から目線で言われると、何かやりきれなさを感じますよ。
    けれど当のご本人たちは自分達の認識違いに気付かず、文句を言ってくることをみてもやはり認知の歪みなのか、はたまたただの自己チューなのか?
    まあ自分もおそらく気付かない所で歪んでるかもしれないから、人のこと言えないけど、トラブルを避けるためにはお互いが自分にも欠陥や間違いがあるかも、という謙虚さが必要でしょうね・・・。

    • 平気で正論ぶって文句言ってくるのは嫌ですよね。

      だけどプラスに活用する解釈もあって、クレームは対象の隙間を見つけてくれるありがたい『隙間や失敗の元を未然に見つけてくれる』人だと解釈すると良いですよ^^

      極端な話、100%完璧ならクレームをつける方が付けられなくなります。

      向上心をもってプラスな解釈にすると、こちらを伸ばしてくれる存在なのです^^

      めぐっちさんの素晴らしさが、より一層高まるチャンスと言う感じですよ(#^^#)

  35. 自分以外の存在は、さまざまな人生観をもっている。好かれようがきらわれようが、突き詰めて思い悩むなんてしないことだ。相容れない数が多数だと気がつけば、楽でしょうが。

    • 突き詰めて思い悩むという解釈しか出来ないから、そう思うのですね。

      突き詰めて追及して良いものが手に入る!と考えればプラスですよね^^

      何をそんなに突き詰められることを恐れているのですか?

      良い事なのに(笑)

      あなたは突き詰めたくないのですから、突き詰めなくてもいいでしょう。

      人それぞれですよね。

  36. AさんとBさんのような会話を仕事でしたことがあります。その時は、またかと思いましたが、自分自身もですが、その人も自己肯定をすることで歪みが治って少しずつでも、いい方向へ進めれたらいいと思いました。

  37. とても参考になります。わたしもきをつけていきます。良い話ありがとうございます。

    • 参考になっていただけよかったです^^

      是非、他のページも読んでみて下さいね。

      納得のいかない事がありましたらコメントくださいね^^

  38. このような話はよくあることです。認知のゆがみは修正しなければいけないですね。

  39. そうなんですね。

    こういうことは結構ありそうですね。

  40. なぜその行為や行動をするのか、しないのか。

    自分の考えと違う行いと遭遇したら
    『なぜ』と理由を推測したり、状況が許すなら一言聞いてみるのが大切ですね。

    北国に泊まった時に、水道から水が少し出てました。
    黙って止めたのですが(習慣と親切心)、これが大間違い。

    翌日、凍って水が出なくなるから出してたそうなんです。

    セッセと止めて回ったので、全て使えない朝になり
    宿泊先のご家族は土産の笑い話になったね〜と言ってくれましたが、平謝りでしたょ…。

    そういえば、片方しか窓開けてないわ{emj_v_0392}
    さっそく通り抜け窓も開けよう{emj_v_0337}

    • ~~~~~~~~~~~~~~
      そういえば、片方しか窓開けてないわ
      さっそく通り抜け窓も開けよう
      ~~~~~~~~~~~~~~
      こちらは表面的には良い方法ですよね^^
      ですが自己満足が少し入っているので、
      本人が気が付かない限りはループしているのです。
      本人が気が付けば良いのです。

      ~~~~~~~~~~~~~~
      そういえば、片方しか窓開けてないわ
      さっそく通り抜け窓も開けよう
      ~~~~~~~~~~~~~~
      今回の場合、これを使った場合は気が付かなかったでしょう。

      Aさんは気づけて嬉しいと喜びました^^

  41. もし、後から、自分の認識が間違っていたんだと知ったら、とても恥ずかしいですよね…

  42. 実際なかなか難しいですが確かにかそうかもしれないですね。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)