自称モラハラ被害者に注意しましょう「モラルハラスメントの特徴」「人が共に養う」と書いて「供養」と書く!親孝行はこれだ!

ネット上で「モラルハラスメントの特徴」などが色々書かれていますが、一部偏っているもありますので、それを鵜呑みのすることは危険な場合があります。どのように危険なのかと言えば一方だけを追いつめていき、その結果、爆発させて次の問題を生み出すことにもなり兼ねないからです。

モラルハラスメントを一番奥で行う人間は「欺きが上手い」ので被害者に成り済まし、相手を加害者に仕立て上げることがあるからです。モラルハラスメントは精神的な暴力や嫌がらせです。賢いモラルハラスメント加害者は、当たり前ですが自分を加害者だとわからないように被害者を装ったり、冷静に周囲をコントロールし善悪をひっくり返すこともあります。

加害者要素が隠していると、過剰に被害者だと主張する場合があります。自称モラハラ被害者は賢いのでネット上や本からモラハラの加害者の特徴を学び、その内容を相手に当てはまるようにして加害者に仕立て上げていくことがあります。以下の引用に書いてあるように、本当の加害者が被害者を装って、被害者が耐えられないくらい静かに追い詰めて被害者が暴力を振るうまで煽ってから「被害者としての大義名分」を作り出すパターンもあります。

モラル・ハラスメントの加害者が行う個々の攻撃行動は、普通の人でもやってしまうことがあるものだが、普通の人はためらいや罪悪感を伴ってしまうところを、「本物の加害者」[24]は自身のほうが被害者だと考える[25]。反対に、耐えかねた被害者が加害者に肉体的な暴力をふるってしまうこともよく起こる。加害者がそのように仕向けることすらある[26]。

引用元:Wikipedia

モラハラの特徴で「豹変する」なんて言われていますが、賢い本当の隠れモラハラは「豹変するように仕向ける」のです。何故なら、豹変した者は周囲から「おかしい…」と見られやすいので、そこを利用するのです。簡単ですよね。優しくして、更に優しくして、優しくして、そこから混乱させるように、いきなり無意識の傷を突く。そして優しさの盾を使う事で、素直な被害者は混乱し、相手は豹変したように怒りの矛先をどこに向ければよいのか、わからず怒り出します。怒り出せば「加害者扱いする為のモラハラの特徴ゲット」になるのです。

このように、モラハラの特徴に当てはめ、誘導し、どんどん相手が一般的なモラハラ加害者になるように転がしていくのです。本当の加害者が被害者に成り済まし、本当の被害者が加害者に仕立て上げられるパターンもあります。

既に、ネット上を見ても、モラハラをただの精神的な嫌がらせだと勘違いしている人がいるように思えます。正しくは言葉通りモラルを使ったハラスメントです。

モラル
美徳、道徳、倫理、良識、

ハラスメント
嫌がらせ、いじめ

つまり、美徳、道徳、倫理、良識、などを振りかざしたイジメや嫌がらせの事です。美徳などを使われると人は逆らいにくいものです。「あなたのためにやったのよ」に対して「いや、望んでないから迷惑」と言えば「なんでそんな酷い事をいうの(涙)」で、縛っていくのです。そして相手が怒ったら、声をあげて泣いたりして周囲を呼びます。最初に自分を押し付けをしている自覚がないか、または精神的な嫌がらせをするのです。無自覚の場合もありますし、影でほくそ笑みながら、舌をペロッとだして笑うようなタイプもいます。

当然、美徳、道徳、倫理、良識、などを振りかざすのですから、周囲に良く思われないと振りかざせません。ですので善の仮面をつけ、周囲に自分が良い人だと思わせるのです。このタイプは演技力が高いです。

「私はあなたが大事なのよ」とモラルを振りかざし、大事にしてくれている相手には大事にしなければいけないと思わせ、逆らわないようにして、陰から非言語メッセージでいじめるのです。特徴としては「付き纏う」ことです。たまたまだったら付き纏う必要はありません。しかし、色々な理由を付けては関わってくるのです。関わってきては引っかけて、そして精神的利益か経済的利益を搾取していくのです。私が見てきたがりではモラルハラスメント加害者の目的は精神的利益か経済的利益で間違いないと思います。モラルハラスメント加害者に引っかけられると、携帯の名義を貸した側が、更に20万円損しそうになり、涙を使い奪った側が、周囲を巻き込み被害者として大事にされて、20万円払わずに携帯代を踏み倒すと言う、一般家庭ではありえない、おかしなことが、まかり通るのです。

モラハラの本当の被害者は、加害者が誰なのか分かりにくいものです。簡単に相手をモラハラ加害者だと言う場合、言った方が加害者の可能性があります。本当のモラハラ被害者なら、非言語メッセージなど、どのように使われ、どのような期間で、どのようなモラルを使われ、追い込まれたか分かると思います。そして全体のストーリーを見ると何を搾取されたか。それが分からないと言うことは気づいていないのですから自分が被害者だと言いません。

本当の被害者は自分が被害を受けていることに気づきにくいという特徴があります。気づかれたら搾取出来ないからです。本当のモラハラ加害者をギリギリ封じ込めているのは法律であり、まともな社会システムです。

何故か、本当の加害者の中にはネクロフィラスな傾向がある場合があるからです。ネクロフィラスは死を愛好する性向のある人間です。死を愛するのですから、本来は相手を殺したい、苦痛にゆがめてやりたいそういう願望を持っています。

しかし、それを社会で出すわけにはいかないので、物理的ではなく、精神的な死を相手に与えようとするのです。精神的な死。それは心の破壊です。自尊心を傷つけること。孤立させること。社会的抹殺をさせることです。本物のモラハラ加害者は、ターゲットの精神を食いつぶすべく善人の仮面を被りターゲットが、自分から粘着してくるように仕掛けます。

そうして釣れた人間を煽ります。仄めかし、曖昧表現を使い、コンプレックスを突き、ターゲットのイメージ低下が目的で怒らせます。ターゲットは怒ってしまう次は周囲に悪者扱いされるのです。ここで悪の仮面を被せられるのです。そして、本当のモラハラ加害者は涙の裏でほくそ笑むのです。本物のモラハラ加害者は死を愛する変質者ですから、相手を追い込んで孤立させたいと願っています。(実際、改心した女性は、そう思っていたと言いました)根底には強烈な親への恨みがあったとも。

実際に、被害者になりすまし改心した女性から話を聞いたので、ここまで詳しく書いているわけです。言えるのはこのように被害者になりすましてまで相手を追いつめる執念の裏には、深い悲しみ、恨みがあったという事です。中途半端に生きた者には理解の出来ない、想像を絶する苦しみだったり、みんな傷だらけなのです。難しいことですが、相手への理解を深めていくことが大切だと私は思います。本人さえやる気になれば、人は改心するものです。

誰もが、生きる権利、変わる権利、があるのだと思います。アドラーは死ぬ数日前まで人は変われると言うように、人は変わる為に生きているのではないかと私は思っています。その変わるチャンスは生きていれば、最後まであるのだと思います。更に死んだ後でも、その者と心が繋がっている場合は、心の中で共に成長や気づきを養うことが出来ると私は信じています。「人が共に養う」と書いて「供養」と書きます。これが本当の供養だと私は確信しています。

私が一緒にいる人は母親から相当な感情的な虐待や巧妙な支配を受けてきました。恨みも悲しみもすごくあり、恨んでも恨んでも消えません。それは何故か?本当は大好きだったからです。大好きだったからこそ、間違った道に行って苦しみながら死んでいった母親を見ることも考えることも辛かったからです。本人がどうしたかったのか?それは「苦しんで死んでいった母親を楽にしてあげたい」でした。

だから、供養が大事なのです。私の言う供養は形だけのお金儲けがメインの供養ではありません。先ほど書いた本物の供養です。「人が共に養う」と書いて「供養」と書くのですから、自分が親を思う気持ちを持ちながら、自分の心が成長することです。その成長は自分だけのものではありません。心の中で繋がっている親の成長にもなるのです。自分が楽になれば心で繋がっている親にも楽を養わせて上げれるのです。養うという言葉の意味は、自分の収入で家族が生活できるようにすることですから、心の世界では、自分の「気づき」や「心の強さ」などで、心の中で繋がっている親にも分けてあげることで、あの世があるのだとすれば、自分と一緒に親も心が救われていくのだと、私は思っています。親が死んでいても出来る親孝行は、親と共に心の中で成長して行く事だと考えています。

モラルハラスメントの概念とは、人がこういったことを、それぞれの形で気づくチャンスであり試練であるのかもしれませんね。

 

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)

最新情報をチェックしよう!