幸せの種「気づき」

心の成長に役立つ情報サイト。大切なことは自分が自分の親になること。

自称モラハラ被害者に注意しましょう「モラルハラスメントの特徴」「人が共に養う」と書いて「供養」と書く!親孝行はこれだ!

 2022年8月24日
この記事は89727回閲覧されました。

自称モラハラ被害者に注意しましょう「モラルハラスメントの特徴」「人が共に養う」と書いて「供養」と書く!親孝行はこれだ!

ネット上で「モラルハラスメントの特徴」などが色々書かれていますが、一部偏っているもありますので、それを鵜呑みのすることは危険な場合があります。どのように危険なのかと言えば一方だけを追いつめていき、その結果、爆発させて次の問題を生み出すことにもなり兼ねないからです。

モラルハラスメントを一番奥で行う人間は「欺きが上手い」ので被害者に成り済まし、相手を加害者に仕立て上げることがあるからです。モラルハラスメントは精神的な暴力や嫌がらせです。賢いモラルハラスメント加害者は、当たり前ですが自分を加害者だとわからないように被害者を装ったり、冷静に周囲をコントロールし善悪をひっくり返すこともあります。

加害者要素が隠していると、過剰に被害者だと主張する場合があります。自称モラハラ被害者は賢いのでネット上や本からモラハラの加害者の特徴を学び、その内容を相手に当てはまるようにして加害者に仕立て上げていくことがあります。以下の引用に書いてあるように、本当の加害者が被害者を装って、被害者が耐えられないくらい静かに追い詰めて被害者が暴力を振るうまで煽ってから「被害者としての大義名分」を作り出すパターンもあります。

モラル・ハラスメントの加害者が行う個々の攻撃行動は、普通の人でもやってしまうことがあるものだが、普通の人はためらいや罪悪感を伴ってしまうところを、「本物の加害者」[24]は自身のほうが被害者だと考える[25]。反対に、耐えかねた被害者が加害者に肉体的な暴力をふるってしまうこともよく起こる。加害者がそのように仕向けることすらある[26]。

引用元:Wikipedia

モラハラの特徴で「豹変する」なんて言われていますが、賢い本当の隠れモラハラは「豹変するように仕向ける」のです。何故なら、豹変した者は周囲から「おかしい…」と見られやすいので、そこを利用するのです。簡単ですよね。優しくして、更に優しくして、優しくして、そこから混乱させるように、いきなり無意識の傷を突く。そして優しさの盾を使う事で、素直な被害者は混乱し、相手は豹変したように怒りの矛先をどこに向ければよいのか、わからず怒り出します。怒り出せば「加害者扱いする為のモラハラの特徴ゲット」になるのです。

このように、モラハラの特徴に当てはめ、誘導し、どんどん相手が一般的なモラハラ加害者になるように転がしていくのです。本当の加害者が被害者に成り済まし、本当の被害者が加害者に仕立て上げられるパターンもあります。

既に、ネット上を見ても、モラハラをただの精神的な嫌がらせだと勘違いしている人がいるように思えます。正しくは言葉通りモラルを使ったハラスメントです。

モラル
美徳、道徳、倫理、良識、

ハラスメント
嫌がらせ、いじめ

つまり、美徳、道徳、倫理、良識、などを振りかざしたイジメや嫌がらせの事です。美徳などを使われると人は逆らいにくいものです。「あなたのためにやったのよ」に対して「いや、望んでないから迷惑」と言えば「なんでそんな酷い事をいうの(涙)」で、縛っていくのです。そして相手が怒ったら、声をあげて泣いたりして周囲を呼びます。最初に自分を押し付けをしている自覚がないか、または精神的な嫌がらせをするのです。無自覚の場合もありますし、影でほくそ笑みながら、舌をペロッとだして笑うようなタイプもいます。

当然、美徳、道徳、倫理、良識、などを振りかざすのですから、周囲に良く思われないと振りかざせません。ですので善の仮面をつけ、周囲に自分が良い人だと思わせるのです。このタイプは演技力が高いです。

「私はあなたが大事なのよ」とモラルを振りかざし、大事にしてくれている相手には大事にしなければいけないと思わせ、逆らわないようにして、陰から非言語メッセージでいじめるのです。特徴としては「付き纏う」ことです。たまたまだったら付き纏う必要はありません。しかし、色々な理由を付けては関わってくるのです。関わってきては引っかけて、そして精神的利益か経済的利益を搾取していくのです。私が見てきたがりではモラルハラスメント加害者の目的は精神的利益か経済的利益で間違いないと思います。モラルハラスメント加害者に引っかけられると、携帯の名義を貸した側が、更に20万円損しそうになり、涙を使い奪った側が、周囲を巻き込み被害者として大事にされて、20万円払わずに携帯代を踏み倒すと言う、一般家庭ではありえない、おかしなことが、まかり通るのです。

モラハラの本当の被害者は、加害者が誰なのか分かりにくいものです。簡単に相手をモラハラ加害者だと言う場合、言った方が加害者の可能性があります。本当のモラハラ被害者なら、非言語メッセージなど、どのように使われ、どのような期間で、どのようなモラルを使われ、追い込まれたか分かると思います。そして全体のストーリーを見ると何を搾取されたか。それが分からないと言うことは気づいていないのですから自分が被害者だと言いません。

本当の被害者は自分が被害を受けていることに気づきにくいという特徴があります。気づかれたら搾取出来ないからです。本当のモラハラ加害者をギリギリ封じ込めているのは法律であり、まともな社会システムです。

何故か、本当の加害者の中にはネクロフィラスな傾向がある場合があるからです。ネクロフィラスは死を愛好する性向のある人間です。死を愛するのですから、本来は相手を殺したい、苦痛にゆがめてやりたいそういう願望を持っています。

しかし、それを社会で出すわけにはいかないので、物理的ではなく、精神的な死を相手に与えようとするのです。精神的な死。それは心の破壊です。自尊心を傷つけること。孤立させること。社会的抹殺をさせることです。本物のモラハラ加害者は、ターゲットの精神を食いつぶすべく善人の仮面を被りターゲットが、自分から粘着してくるように仕掛けます。

そうして釣れた人間を煽ります。仄めかし、曖昧表現を使い、コンプレックスを突き、ターゲットのイメージ低下が目的で怒らせます。ターゲットは怒ってしまう次は周囲に悪者扱いされるのです。ここで悪の仮面を被せられるのです。そして、本当のモラハラ加害者は涙の裏でほくそ笑むのです。本物のモラハラ加害者は死を愛する変質者ですから、相手を追い込んで孤立させたいと願っています。(実際、改心した女性は、そう思っていたと言いました)根底には強烈な親への恨みがあったとも。

実際に、被害者になりすまし改心した女性から話を聞いたので、ここまで詳しく書いているわけです。言えるのはこのように被害者になりすましてまで相手を追いつめる執念の裏には、深い悲しみ、恨みがあったという事です。中途半端に生きた者には理解の出来ない、想像を絶する苦しみだったり、みんな傷だらけなのです。難しいことですが、相手への理解を深めていくことが大切だと私は思います。本人さえやる気になれば、人は改心するものです。

誰もが、生きる権利、変わる権利、があるのだと思います。アドラーは死ぬ数日前まで人は変われると言うように、人は変わる為に生きているのではないかと私は思っています。その変わるチャンスは生きていれば、最後まであるのだと思います。更に死んだ後でも、その者と心が繋がっている場合は、心の中で共に成長や気づきを養うことが出来ると私は信じています。「人が共に養う」と書いて「供養」と書きます。これが本当の供養だと私は確信しています。

私が一緒にいる人は母親から相当な感情的な虐待や巧妙な支配を受けてきました。恨みも悲しみもすごくあり、恨んでも恨んでも消えません。それは何故か?本当は大好きだったからです。大好きだったからこそ、間違った道に行って苦しみながら死んでいった母親を見ることも考えることも辛かったからです。本人がどうしたかったのか?それは「苦しんで死んでいった母親を楽にしてあげたい」でした。

だから、供養が大事なのです。私の言う供養は形だけのお金儲けがメインの供養ではありません。先ほど書いた本物の供養です。「人が共に養う」と書いて「供養」と書くのですから、自分が親を思う気持ちを持ちながら、自分の心が成長することです。その成長は自分だけのものではありません。心の中で繋がっている親の成長にもなるのです。自分が楽になれば心で繋がっている親にも楽を養わせて上げれるのです。養うという言葉の意味は、自分の収入で家族が生活できるようにすることですから、心の世界では、自分の「気づき」や「心の強さ」などで、心の中で繋がっている親にも分けてあげることで、あの世があるのだとすれば、自分と一緒に親も心が救われていくのだと、私は思っています。親が死んでいても出来る親孝行は、親と共に心の中で成長して行く事だと考えています。

モラルハラスメントの概念とは、人がこういったことを、それぞれの形で気づくチャンスであり試練であるのかもしれませんね。

 

最初に読むべき一冊(ミニ書籍)


心が傷つき病んでしまったら「心の問題解決」を始めることが大切です。その為の「心構え(心の用意)」の一部として機能するものがこの書籍の中でお伝えしていることです。この書籍でお伝えしていることを心に置いておくことで、自分の心の問題解決への対処の方向性が定まりやすくなります。

まずはマイナス化思考(認知の歪み)を修正しよう

認知の歪みの中で最も厄介とされる「マイナス化思考」ですが、これを修正するツールをご用意しました。
→ https://sayonara-monster.com/post-2956/

認知の歪みの1つであるマイナス化思考は誰でも大なり小なりあるものです。このマイナス化思考がうつの原因になってしまうこともありますし、ストレスや苦しみを増やしてしまうこともありますので、出来るだけ多く修正していきたいものです。この部分を効率良く変えていく為に役立つツールが上記のリンク先でご紹介しているツールです。とても簡単な方法で、質問に沿って入力していくこと(書くこと)でポジティブな回路をつくっていけます。

新着・更新情報をメールで受け取る

自分が自分の親になって
自分と向き合って心の深い部分を変える方法
「サヨナラ・モンスター」

自分が自分の親になって自分と向き合って心の深い部分を変える方法「サヨナラ・モンスター」
心の苦しみを減らすには認知を変えれば良いのです。しかしそれを変えることは難しい場合もあります。そこで、認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変わることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
人の心が変わるということは脳の活性化と共にあるものなのです。それを促しながら潜在意識(無意識)に対して複合的に働きかける方法です。返金保証もありますのでご安心下さい。効果が無かった場合、返金申請することが出来ます。あなたが変わるための材料を徹底してご用意しました。あとはあなたの変わる気持ちが必要です。自分を変えていきましょう! 基本は「付属ツール(書くこと)」で細部の変化を起こしていきます。

正確なIQがわかる知能テスト(医師作成)

【広告】「公式Worldwide IQ Test」をオンラインで受けて、メンサテストに合格できる「脳力」があるか簡単にチェックできます(有料)。信頼性が高く、すぐに正確なIQがわかる知能テストで30分以内にあなたのIQスコアが分かります!(このIQテストはこの分野に精通した若くて経験豊富な医者により作成されたものです)。フィンランドの会社が運営しているサイトです。テストを行う方は十分な準備をしてから行いましょう(疲労や空腹が無い状態・心が落ち着いている状態で)。結果に大きく差が出ます。

極度のあがり症改善に特化した教材

極度のあがり症を改善し、スピーチの全国大会で準優勝した心理カウンセラー・セラピストが、あがり症改善に特に効果のある各種心理療法と、スピーチ・プレゼンに必要なスキルをまとめました。既存の話し方教材・教室では解決できない課題解決が期待出来るレベルの教材です。
あがり症改善プログラム
~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします(投稿は最下部から)。

サイト内検索

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

コメントを投稿する(レビューは最下部)

*

CAPTCHA


・日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
・コメント欄を設置してみました!良かったらコメントを残して下さい。
・記事のレビューは最下部からお願いします。
・あなたの前向きな気持ち(積極的で発展的な宣言等)を残していって下さい。