「気づき」とは?過去の振り返りが大切な場合もある!

72118 views
約 6 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
「気づき」とは?過去の振り返りが大切な場合もある!

「気づき」を増やして幸せになる

気づくことは「未来を幸せにする種」を蒔いているのと同じことです。幸せの形は人それぞれ違います。つまりそれは「本当の自分を生きる」ことを意味するのです。未来を幸せにする種を撒くということは本当の自分に近づくということ。気づくことを増やして「未来を幸せにする種」を蒔いていくことで、やがて自分で蒔いた種の芽が出てきます。そして、成功や幸せ(成果物)を手にする事ができます。

その為にも気づきが必要で、気づきを増やすには認知の歪みを修正することが最高の方法です。気づいた分だけ変われます。「気づき」は文字通り気づくことです。 まだ自分が気づいていないことに気づくことで自分をより良く改善することが出来るのです。

勘違いをされる方が稀にいますが「気づき」と「思い込み」は全然違うものです。「気づきは自分の内から出てくるもの」で「思い込みは自分の外から」です。言い換えると「気づきは本当の自分のもの」で「思い込みは他人のもの」です。

つまり、気づきによって「本当の自分を取り戻す」ということです。

この気づきはどんどん必要とされています。 私たち人間は辛い事や苦しい事があると「自分以外のせい」にしたくなってしまう事がありますよね。 だけど結局は自分次第なので、気づくまでもがくしかないのです。 もがいて繰り返して、繰り返しのループの世界が嫌になったら「気づき」を増やすことを始めると、時間はかかっても抜け出すことが出来るのです。

「気づき」が増えると、 怒らなくてもよかったことに気が付きます。 悲しまなくてもよかったことに気が付きます。 もっと楽しめることに気が付きます。 もっと喜べることに気が付きます。 思い出すだけで苦しいことにもプラスがあったことにも気づきます。気づきはしあわせの種です。 気づきをたくさん増やすと、しあわせの種が心に増えます。 そして、やがてしあわせの芽が出てきて、 しあわせの花が咲くでしょう。

過去を振り返ることこそ大切

温故知新(おんこちしん)ということわざがあります。その意味は以下の引用をお読み下さい。

過去の事実を研究し、そこから新しい知識や見解をひらくこと。 [補説]「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」と訓読する。

引用元:温故知新(オンコチシン)とは – コトバンク

このことわざからも「過去を振り返る大切さ」がわかりますよね。

私たちは「今」を「過去の記憶」で見ています。つまり、今理由もわからず苦しい人は過去の記憶によって苦しんでいるのです。ですから、過去の出来事は変えられないけど、過去の出来事への解釈は変える事が出来ますので、過去の出来事への解釈を変える事で今が変わります。

過去の辛く苦しい記憶と向き合う事は苦しい作業ですが、元となっている過去の記憶に新しい意味づけが出来れば、心は解放されていくのです。

過去に自分を虐待した親がいたとします。その過去の親と向き合う事で親も精一杯命を懸けて生きていたのだと気づくことが出来れば、過去の記憶に変化が起こりますので、今の苦しみも軽減されたり、苦しみが消えたり、感謝に変わったり変化が起こるのです。

過去(無意識)の中の情報に新しい意味づけを出来るのは自分です。成長した今だからこそ、過去の嫌な記憶を感謝にも変える事が出来るのです。それは自分次第です。

過去の振り返りには十分注意が必要

ただ、過去に向き合うことは苦しみを伴うことがあります。そして、過去の渦(妄想)に飲み込まれていくこともあるかもしれません。これはどういうことかというと、人は自分の責任から逃れた時に過去を振り返って過去の記憶を自分の都合の良いように書き換えてしまう場合があります。そして自分で作り出した偽の記憶を本当の記憶だと思い込んでいく場合があるのです。

<<下に続く>>

そうすると架空の過去(妄想)によって苦しめられていき、逃れられなくなる場合もあるかもしれません。だから過去の振り返りには注意が必要です。1人ではなくカウンセラーさんなどの支えがある状態で行ったほうがいいと思います。

とにかく、過去を振り返り疲れたり、マイナスになりそうな時は、過去や未来ではなく「今」に集中して下さい。脳は「今」に集中すると疲れにくくなり、逆に「過去」や「未来」を考えて、更に執着してしまうと、どんどん脳の疲れになっていきます。だから注意が必要なんです。

過去に人から言われて嫌だった言葉が頭の中で繰り返されたりすることがあります。その事を自動的に考えてしまっては辛くなったりします。その時に過去の記憶に引き寄せられていた自分に気づくと良い。気づいたら戻れます。そして「今」に集中する。また過去の記憶に引き寄せられたら、また今に戻す。

そうすることで脳が疲れにくくなります。

過去の後悔をして悲しみに暮れてマイナス思考をし続けていると「脳疲労」に繋がります。だから過去に向き合うのは必要な分だけにして「今」に戻ることが大切。過去の向き合うことは大きなプラスになることもあるけど危険も隣り合わせだと言うこと。大事なのはいつでも「今」に戻れるようにすること。

過去の出来事は無かったことには出来ないけど解釈は変えれる

過去が苦しいものだと、繰り返し過去が追いかけてきます。だから過去に蓋をしたくなります。だけど蓋は一時しのぎで、また札の中からグツグツ煮えたぎるかのように過去が追いかけてきます。で、過去に向き合うと苦しい。だから今に集中する。だけどふとしたときに、また、しつこく過去が追いかけてくる。

それは「根本解決」の必要があるからだと思います。根本解決、清算。

過去の出来事は変えられない、だけど、解釈は変えられる。解釈を変えるには過去と向き合う必要がある。ただ過去と向き合っても解釈は変わりません。真剣に本気で反省もして過去の自分と戦うのです。本気になれば解釈は変わります。これは辛いですよ。誰にも言えないあんな酷いこと、こんな酷いこと。そういった事実にも向き合うから。それを全部清算すると解釈が変わります。

解釈が変わると作られていく「感情」が変わります。感情が変わると行動にも変化が出てきます。行動が変わると人生まで変わっていくのです。

だけど、過去と向き合うと苦しみを伴う。だから無理して過去の出来事への解釈を変える必要はないということです。何故なら、人は一生懸命仕事をして、人間関係の中で、自分が知らない間に自分の過去の苦しみに関係したことへの解釈が変わっていく成長もあるからです。つまり、人生に無駄なものはない。すべてが何か役立つ経験になっているのです。

自分が自分の責任で、過去の出来事への解釈を変えることが必要だと思ったら、向き合ってみて新しい解釈(意味づけ)をしてみるのも良い結果につながることもあります。

それは、ちょうど「未来へKiroro歌詞」にあるよう、過去の出来事への解釈が苦しいものになっているのは、あなたがまだ幼くて本当の意味を知らなかった…。という場合もあるのです。

そんな過去の出来事に新しい解釈が出来ると感謝の気持ちが出てくることもあります。恨みつらみが逆転されていき感謝に変わる。本当の自分を取り戻すことが出来れば人は「何かに対して(親に…というわけではなく)感謝の気持ちが溢れ出てくる」のです。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

投稿一覧

  • Comments ( 12 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 確かにそうかもしれないですね。
    様々なことに気づけるようになれば知らない間に怒ることや、イライラすることも減ってくる気がしますね。
    あとは、相手の気持ちになって物事が考えられるようになる気もします。
    気づき、気遣いがスマートに出来るかたって素敵ですし、憧れます。
    自分は接客業しているので、お客様に言われる前に様々なことに気づいたり、求められてることは何なのかを察知しないとなりません。
    自分の中では頑張ってるつもりがなかなか出来てないことも多いので、自然な気づきが沢山出来るようになりたいですね。

  2. 私も今まで数多く自分にとっての辛いことや苦しいことを人のせいにしてきたと気づきました。
    どんな事にしても、自分次第でもっと良い状況を作れたのかもしれません。

    今現在「気づき始めた」ばかりなので、まだまだ辛く苦しいことを人のせいにしてしまうループから抜け出せてはいないと思いますが、過去を振り返りながら自分の現在と過去を比べてプラスの気づきを増やして生きたいです!

    そのためには、自分の歪みを修正して行かなくてはいけないという事にも気づき始めてます。
    マイナスの連鎖を止めて、プラスの連鎖に変えていくのも自分次第なんですよね?

    • 『人のせいにしていた自分に気づいた』ということ。とっても良い気付きですね。

      全てが自分次第ではないですが、自分次第で良い状況を作ることはたくさんありますよね^^

      「気づき始めた」時は凄く大事なことです。

      また気づき始めるとまるで試練かのように邪魔が増えてくることもありますが、勝ち続けて進んでいくと必ず変化は起こります。

      そうです。

      マイナスの連鎖を、プラスの連鎖に変えることも自分次第です。
      そして大事なことですが、自分次第なんだ!と思うと、時に自己犠牲の心になる方がいます。

      嫌なことをされても自分次第だから何も言わない・・・

      これは好ましくない事で、自分が嫌なことをされたのに、見て見ぬふりをしてしまうことなので自分を傷つけてしまいます。

      必要であれば、悪いものは悪いと相手にはっきり言うこともマイナスの連鎖を断ち切ることにも繋がります。

      自分を持たないと罪悪感を刷り込まれやすくもなりますので、細かいことで理解できるようにすることが自分を大切にすることにも繋がります。

      人は楽して『安全』を手にしたがりますが、世界レベルで見て楽して安全を手に入れていることは難しいことで決して楽して手に入るものではありません。

      自分や自分の周囲に安全や安心を増やして堂々と生きるためには、最善策ではありませんが戦うことも時には必要なことです。

      そんな中、自分が成長していけば、いつか敵がいないことに気が付けるはずです(#^^#)

  3. 自分自身で『気づき』についてあまり深く考えた事はありませんでした。今『気づき』について考えますと、自分の事なのにずいぶん気づけ無かった事が多い様な気がします。きっと嫌なことには、気づかない様に自分自身で避けていたのかもしれません。弱い人間ですね。
    嫌なことには、何かと理由みたいな事をこじつけて自分自身を正当化してみたり、なるべく考えない様に避けていたかもしれません。でも人間いい事ばかりではありません。不幸な事があれば、幸運な事もあります。『気づき』は大切ですね。自分自身を見直したいです。

    • >自分の事なのにずいぶん気づけ無かった事が多い様な気がします。きっと嫌なことには、気づかない様に自分自身で避けていたのかもしれません。弱い人間ですね。

      本当にそうなんですよね。そうして本当の自分に気づかないようにし作った自分を本当の自分だと思い込んで分からなくなってしまうんです。

      そして本当の自分が泣いていますので、自分で気づいてあげることが大事な事なんです^^

  4. 僕が気づいたことは人間は赤ん坊から生まれ、人の助けで最初は少しずつ、成長して、
    動きも良くなり、
    同時に知識も付け、
    やがては、一人前の人として、社会で生きていくというのが、僕にとって現代の進化による流れだと思います。
    そしてその現代の社会のなかで、自らの自立心による、自由な考えや行動なども身につけ、一人の人間として個性を出すのも人間の一種の感情表現とも思えます。ただ
    楽しみや苦しみは人間にありながら、いつそのような出来事が起こるかは、現状、以外に分からないのも現状です。

  5. この文章を読んで、自分があまりにもくだらないことに怒っていたんだなと思いました。
    私は普段から少し怒りっぽい所があるのですが、あとから冷静に考えてみると、大したことのないことで怒ってることが多いのです。
    これからはなるべく怒る前に深呼吸をして、いったん気を静めて、よく考えてから行動するようにしたいです。

    「気付く」だけで、自分の世界が変わるのなら素晴らしいことだと思います。

    そして自分が「気付く」ことでまわりの人達も「気付く」ことができたら、すごく幸せに皆なれると思います。

    • 『気づき』は感染しますのでプラスの気づきがあれば周囲もプラスになりやすくなります^^

      自分が変われば相手も変わる。です^^

  6. 『気づき』気づきはサイトで文章を投稿し人の文章を読んでいれば必ず『気づき』に出会えます。自分自身もサイトを通していろいろと参考にしなければいけないてんが多くあると思います。ましてや私は以前精神状態がうつ状態が続いておりましたから尚さら自分を変える為に意見を述べたり人の意見を参考にしなければならないのだと思います。サイトは精神的な治療にも役立つのかも知れません。精神的リハビリを兼ねて文章作成して行こうと思います。その『気づき』が自分を変える手段だという事に気づかされました。これも気づきですね。『気づき』は自分自身を成長させる為に重要なのです。

  7. 気づきは1つではないので、ある事案でいきなり目の前が開けたとしても、また別のことでもがきがやってきます。
    でも、一度気づきを経験したから、また来るもがきもいずれ晴れ晴れとした気持ちになった時の感覚を味わえるのだと諦めずにいたいものです。
    しかし、だからといって焦りは禁物です。
    焦りは気づきから遠回りでしょう、たぶん。
    生きている限り、さまざまな困難(課題?)はあるのでしょうが、極力、その困難を違う視点から見るようにして、その困難のどこかに楽しみやおもしろみを見つけて、気づきがえられればなあと思います。

  8. ∞ひめくるみ∞

    私は、かなりのマイナス思考なのかな{emj_v_0390}

    たまに、有ること、ないこと、まだ起こってない出来事を想像して、不安になります。

    そんな状態の時は、心に余裕は無いんだよね。

    あと、ネットをよく利用するから、色々嫌な情報も目にしたりするわけで。
    そしたら、気分がめいると言いますか{emj_v_0088}

    これは、見なければ良いだけやけど、つい見ちゃう。

    そんな時は、無理にでも楽しいことを考える。

    嫌なことを想像したり、嫌なことが起きたら、楽しいことを考えたり、楽しいことに没頭するに限るね。

    (o≧▽゜)o

  9. 職場で嫌なことがあった時、将来に対して不安になった時、暗いニュースばかりの時…今の社会はストレスが溜まりやすい気がします。うんざりすることや不安になることも多いけど、そんな時は気づきというかポジティブに考えるようにしています。なるべくですけど。すると、まだまだ世の中捨てたもんじゃないな、と思えてきます。
    あとは、将来のことを考えても仕方ないので、その日のことだけを考えるようにしています。そんな風にしていると、少し心が楽になります。

投稿(質問・感想・一言・お礼)はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)