人は誰しも加害者でもあり被害者でもある!それは自分が自分の親になるための経験!

人は誰しも加害者でもあり被害者でもある!それは自分が自分の親になるための経験!

完全なる被害者はいません。完全なる加害者もいません。人は誰しも「加害者でもあり被害者でもある(両方ある)」のです。「永遠の完全なる被害者(加害者)」でいようとすることは「嘘」なのです。点と点を繋げて見ていけば変わるべきは自分だ…と、気がつきます。

その「嘘」である「永遠の完全なる被害者(加害者)」でいたい理由は何か。それは「責任の放棄」です。自分が自分である責任、自分が自分を生きる責任。つまりは、自由になることの放棄なのです。自分の心が自由であるためには責任(1つ1つ正しく反応する能力)が必要なのです。

何故なら、人は1つ1つ正しく反応する能力が無い部分に、他人(外部)の影響を知らず知らずのうちに受けて、それに流されるから。つまり、知らず知らずのうちに他人の人生を歩むための言動を無意識のうちに行っているのです。ソレを防ぐために、1つ1つ正しく反応する能力が大切なのです。理由は、1つ1つ正しく反応する能力が高いほど、外部の影響による思いもしない言動が減るから。

だから、この秘密がわかってくれば、責任(1つ1つ正しく反応する能力)とは、「自分を自由に近づけてくれる優しいもの」だとわかってきます。それと同時にとても難しいものだということもわかってきます。更に、このことがわかってくれば責任の重要性を教えてくれている社会も、とても優しいものであることもわかってくるのです。

社会とは、未熟者を、成熟させて、自由へと近づけてくれる「親」である、自転車の補助輪のようなものなのです。その勉強の1つとして我々は加害者や被害者を経験しているのです。そこから勉強し、害を加えず被らない自分になるために。何故なら「害を加えず被らない自分」が「本当の自分の幸せの道」に繋がっているからです。害を加えたり、被ったりすると、どうしても本当の自分の幸せの道から外れてしまうのです。

この記事では、最も大事なことの1つをお伝えしています。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)