人は誰しも「自動的に浮かぶ思考」があります。無意識のうちに浮かんでいる思考が大量にあります。

人は誰しも「自動的に浮かぶ思考」があります。無意識のうちに浮かんでいる思考が大量にあります。その数はある科学者(本に書かれていた)によると「1日約6万回」もあるという。僕もそれくらいはあると思う。1日数万、もしかしたら10万以上あるかもしれない。自動的な思考は「大量」ということ。

そして、この「自動的に浮かぶ思考」は、「感情」「行動」などに、無意識のうちに作用しています。「自動思考発生」→「感情発生」のように。つまり、人は毎日「自動システムが稼働している」ということ。それが単純にマイナスからマイナスになりプラスならプラスになっていく。強烈な作用によって。

だから、自分の「思考」「感情」「言葉」「行動」には「責任」を持つことが大事なことなのです。責任の良さは(https://twitter.com/s_monster369/status/1096205534657531904)でお伝えした通りです。責任は人を幸せに導いてくれるものなのです。

「無責任」というのは「反応する能力が無い」ということ。つまり、自動的な「思考」「感情」「行動」がどうなってもいいと自分で言っているようなものなのです。人は、自動的な「思考」「感情」「行動」、「取捨選択」の1つ1つの「点」が「別の点」に繋がり、結果が生じ、幸せも不幸も起こってくる。

この意味が分かってくると、人は自分から木の枝にぶつかりに行っているのに、木の枝に怒って、他人の木の枝を勝手にへし折って、そして弁償させられて「自分はアイツの所為で不幸だ」と「無自覚の自作自演」をしていることがわかってきます。コレが深くわかれば幸せも創り出していけます。

つまり、自動的な「思考」「感情」「行動」部分を出来るだけ知ること。そして変えれるものから変えていけば良いのです。自分に起こる結果は「自動的な思考」から始まっての一連の流れの結果ですので。これは、中々気づけない部分ではありますが。この「悪い連鎖」を止めて「良い連鎖」にすればよい。

その具体的な方法が「サヨナラ・モンスター」です。サヨナラ・モンスターは、その自動的に作用している部分に働きかけていく方法ですので。魔法のように一瞬でよくなることはあり得ません。時間がかかります。

実は無意識のうちに自分で不幸を創っていた…。というのは中々認めることが出来ない部分です。だけど認めることが出来るようになってくると、変えていくことも出来るのです。無意識のうちに行っている言動、思考、それを自分が望む人生に一致させて一貫性を持たせていけば良いのです。人生は自分で創る

自分の「目的」を達成させるためのものが「言葉」「思考」「感情」「行動」です。これらを自分の目的に一致させて、不一致なものを除外していけば良い。そして目的が達成される確かなプロセスを踏んでいけば、思考も、言葉も、現実化していきます。プロセスがなければ現実化しません。

僕のパートナーは頑固だったから、「ずっと自分の不幸を他人の所為にしていた(書いていいと言っていた)」のですが、自分の感情を少し取り戻し、自分の足で歩き始めて、自分の所為だとわかるようになり、少しずつ「”目的達成”」が出来るように成長してきた。自分で創る素晴らしさを知ったとのこと。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)