対人恐怖症の原因の一つである「隠れた怒り」を見つけて癒す(理解する)ことで克服できます。自分でも気が付いていない「怒り」に気づき「自意識過剰になった原因を知り癒すこと」で克服していけます。

202114 views
約 12 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
対人恐怖症の原因の一つである「隠れた怒り」を見つけて癒す(理解する)ことで克服できます。自分でも気が付いていない「怒り」に気づき「自意識過剰になった原因を知り癒すこと」で克服していけます。

僕自身、対人恐怖症のようになったり、よくなったり、と繰り返していて、一番酷かった時よりもかなり良くなっています。そんな経験からわかったことなども書いていきたいと思います。

対人恐怖症とは、日本人に多く見られる神経症の一つで、人前で赤面する、視線が気になる、震える、極度の緊張などの症状が出ることを極度に恐れるものです。軽度は「あがり症」で、重度は「対人恐怖症」と呼ばれることが多いかと思いますが、根本は同じであるとされています。

1975年の『精神医学事典』によれば、対人恐怖とは、対人場面で不当な不安や緊張が生じて、嫌がられるとか、不快感を与えるのではと考え、対人関係から身を引こうとする神経症の一種であるとされる。

引用元:対人恐怖症 – Wikipedia

このような、人前で赤面する、視線が気になる、震える、極度の緊張などの症状が出ることを極度に恐れるから、ますます悪化して、震えなども酷くなっていくのです。

僕の場合ですが、この「症状が出ることを極度に恐れる」ことの背景にあるものを探りました。そして、それをとうとう見つけ、やっつけました。すると劇的に快方に向かいました。

正直に言うと、「人を〇してしまうかもしれないほどの潜在的な恐怖」がありまして、それと「見捨てられ不安」や「刑務所に行きたくない」という思いから「回避する」を選びました。自分でもよくわからない恐怖と、抑えきれない怒り、それを他人に対して向けてしまったらと思う恐れ、それを避けるために自分にできる最善策が「回避することが最善の道」だったのです。

これでよかったと思っています。何故なら、「回避する」を選ばなかったら、「刑務所の中」にいたと思うから。それほど、抑えきれない衝動的な怒りがあったのです。

その「抑え消えない衝動的な怒り」が消えると、「対人恐怖症の症状も劇的に快方に向かった」のです。

対人恐怖症の人の隠れた怒り

対人恐怖症の原因と言っても色々ありますが、今回はそのうちの一つ「隠れた怒り」「抑えきれない衝動的な怒り」について書きたいと思います。

対人恐怖症の人は、自分でも気がついていない「怒り」が心の奥(無意識)に隠れていることがあります。幼少期に、その「怒り」を表に出すと生きていけないような状態や環境だった可能性があります。僕の場合は、自分で傷つけている家族であっても家族に愛されたかった。だから傷つけられている怒りを「ないものとして抑圧した」のです。出してしまったら認められない。愛されない。だから封じたのでしょう。

つまり、幼少期から蓄積された長年の「怒り」が、後々、徐々に症状として出てきている可能性もあるのです。

この「怒り」という感情は、一度生まれると勝手には消えません。そして、正しく怒りを発散できなかったため、消えない怒りの感情は心の奥(無意識)に蓄積されていきます。そこに追い打ちをかけるかのように、でっちあげ、心理的な嫌がらせ、そういったことが続き、反撃すると周囲を巻き込んで巧みにこちらを攻撃してくる。だから手も足も出なく、怒りは未消化の感情として心の奥に封じ込められていったのです。

その怒りが蓄積されていくことで、怒りが非常に攻撃的な爆発的な怒りに変化していきます。僕も経験がありますが、「ダブルバインド」などで巧みに感情を封じ込められていくことで、破壊的な感情が心の奥(無意識)に蓄積されていき、それが瞬間的にキレるという状態に繋がる場合もあるのです。

誰だって、我慢の限度を越せば、昔で言う「堪忍袋の緒が切れる」という状態になります。僕の場合は、その状態(怒りが爆発し、爆発したところを虐待者呼ばわりして家族から叩かせる)を楽しまれていたので、衝動的になる寸前で生きていたのです。そして、罪のない無関係な他人に危害を加えてしまったことがあります。それが怖くなった(他人を傷つけたくない、捕まりたくない)ので、人との関りを避けて、心を落ち着かせようとしていました。

抑えきれない自分がいたからです。

そして、自分でも気がついていない怒りもあります。心の奥にある自分でも自覚のない破壊的な怒りが、他人に投影され、投影の結果、他人が破壊的な怒りを持っているかのように感じてしまい、その結果、”人が怖い”と思ってしまう場合もあります。実は、自分が破壊的な怒りを持っていることに気がついていない場合もあるのです。今振り返ってみて、あの時の僕はものすごい怒りを抑圧していたとわかりますが、当時は、混乱していました。抑えるので必死です。

隠れた怒りに気づいてあげることが大切

その自分の隠れた怒りに気づいてあげることは、とても大切なことです。自分が自分を理解してあげることが大事なことです。怒りの感情自体は何も悪いことではありません。人間ならば怒りの感情が出てくることもあります。攻撃をされれば、誰でも怒ることはあります。

問題は怒りを使って誰かを傷つけたら、それは問題です。怒りは背後に悲しみがあるのです。僕も悲しかった。自分の気持ちに素直になれば「どうして、こんなひどいことするの」という悲しみです。でっちあげて、裏切りやがって。そういう怒りになっていたのです。だけど、それに気づいてしまえば、心が壊れてしまうかもしれない。だから、心の中で分離させて奥に追いやるのです。そうやって防衛しておくのです。

怒りの背景には悲しみがある

そして、先ほども書きましたけど、怒りの背景には悲しみや寂しさなどがあります。怒りは二次感情で一次感情(本音)は悲しみや寂しさなのです。つまり、怒っている人は悲しんでいるのです。悲しんでいるけど悲しみを素直に出せずに苦しんでいるのです。

自分の怒りを蓄積する過程で、自分で「目を背けてしまった悲しみと寂しさ」があります。背けてしまったにはそれだけの理由があります。そこに気づいてあげて本当の自分の声を聞きましょう。

そして、蓄積された怒りを、誰も傷つけないように、正しく発散したり、緩和する方法を見つけましょう。

解釈を変えていこう

そして怒りが生まれる元になる自分の解釈の仕方を、好ましくない怒りが生まれない解釈の仕方に変えましょう。

その時の僕は怒りがあった。だけど、今なら対処できるので「そんな未熟な方法じゃ、本当の問題解決にはならないよ」と怒りが出てきません。つまり、解釈が変われば、感情も変わるってやつです。

その為に「認知の歪み(勘違い)」を修正しましょう。

自分を大切にすること

そして再発を防ぐために、怒りの正体を知ることが非常に大切なことです。本当の自分の気持ちに気づくということは自分を大切にするということです。

理不尽や不条理を我慢していませんか?

お人好しでいたりしていませんか?

僕たちは、他人の人生を生きるために生まれてきたのではありません。まして、自分を犠牲にするために生きているのでもありません。

ある、対人恐怖を持っていた方はこう言いました。

私が、家族の中で犠牲になっている間に、みんなも成長してくれたら良かった。だけど、私はもうこれ以上犠牲になるのは無理。だから、離れることを選んで、犠牲になることをやめた…

これで良いのです。

自分の人生を生きて、良いのです。

対人恐怖の人は自意識過剰

対人恐怖の人は自意識過剰になっています。自意識過剰とは簡単に言えば自分の事を過剰に意識しすぎている状態の事を言います。他人にどう思われているか?が過剰に気になる状態です。

<<下に続く>>

例えば、家族から理不尽な攻撃を受け続け、存在をないものとして扱われてきたのなら、自分の事を過剰に意識しすぎる状態になる場合もあるでしょう。

そんな状態で「自意識過剰をやめなさい」と言われてもやめられないのが普通です。何故かと言えば、理不尽な攻撃をこれからも受けたくないけど理不尽な攻撃をする者から離れられない…という状態なら、無意識で他人にどう思われているか?が過剰に気になってしまっているので、理解を深めるまで、やめられないでしょう。

自意識過剰の原因

自意識過剰になった原因は人ぞれぞれ違いますが、「過去に原因」があります。

過去に傷ついた原因があり「これ以上は傷つきたくない!」という防衛の反応として「他人にどう思われているか?」を過剰に気にして傷を深めないようにしているのです。

過去に、正しい成長を許されなかった環境などで育つことで、成長の失敗により不安や恐怖が酷くなっていることもあります。

対人恐怖を克服するには

対人恐怖を克服するには「自意識過剰になった原因を知り、癒すこと」です。

ここでの「癒す」は「理解する」という意味です。理解とは「物事の原因や理由や意味を正しく知る」という事ですから、「自意識過剰になった原因を知ることと癒すこと」というのは「自意識過剰になった原因を正しく知る」ことです。理解は癒しになるのです。

つまり、対人恐怖の原因の一つの「隠れた怒り」について、正しく知って理解することが大事になります。「隠れた怒り」は「どうしてこんなに私(僕)を傷つけているのに誤魔化すんだ!」という怒り(悲しみ)かもしれません。怒りは封じこめられてしまうと消えずに無意識の中で肥大化していきます。

対人恐怖症の人は、自分が攻撃や虐待をされているとは思えない場合もあり、それが症状となっていることもあります。その場合は正しく虐待されていたと知ることも大事です。

癒されてきたら

対人恐怖の深い傷が癒されてくると、冷静に客観的に考えられるようになってきます。そうしますと「怒りの正体は悲しみ」だったように、誰かからの攻撃も実は「攻撃ではなく相手の悲しみだった」ということに気づく場合もあるのです。それはそれぞれ確認していってください。

例えば、Aさんの対人恐怖の原因が、悪い暗示や水面下に潜った精神的な嫌がらせでジワジワと長年攻撃されていた事だったとします。しかし、「怒りの正体は悲しみ」のように「悪い暗示や水面下に潜った精神的な嫌がらせ」の正体は…。「相手の深い悲しみや防衛による対処」だったという可能性もあるのです。人は誰でも勘違いしてしまう事はあります。完璧な人はいません。

思い込みの修正も必要

対人恐怖症の症状で苦しんでいる方は、緊張や不安を「異常で不適切なもの」と思い込んでいることが多いので、この不適切な思い込みの修正も必要なことです。

人は緊張や不安を感じて当たり前で、必要な事なんだと受け止めるようにしていくことも大事なことです。恐怖が無ければ死の危険は増えますし、不安があるからしっかり準備する気持ちにもなれます。マイナスだと思う事はプラスな事に繋がっているのです。こういったことが分かってくればくるほど症状は軽くなっていくでしょう。

対人恐怖を克服するために自己学習

あとは、勉強することです。本を読んだり、「サヨナラ・モンスター」のような教材を購入したり。教材は、そのことに詳しい人が知識を詰め込んでくれているありがたいものです。自分で一から調べるとどれだけの時間がかかるか。それをお金を払って教えてもらえるので、自分の状況に合わせて必要だと思えば購入すればよいのです。

自分が勉強する気さえあれば他の方法だってなんだってあります。お金をかけずに自己学習も出来ます。大事なのは自己学習するやる気です。

誠実で真面目で純粋でいる必要はない

対人恐怖症の人は誠実で真面目で純粋な人が多いです。僕も対人恐怖症(対人緊張症)が酷くなった時期がありますのでよくわかりますが、対人恐怖症(対人緊張症)が強い時は、誠実で真面目で純粋で正直でいることが良いことだと思い込んでいました。

この「誠実で真面目で純粋で正直でいることが良いこと」という考えが曲者です。このような考え方でいると、ますます苦しくなっていく可能性があります。

世の中には、欺く者もいれば、いやな奴、敵もいます。それが自然なことです。ですから、なんでもかんでも誠実で真面目で純粋で正直でいるほうが良いというわけではないのです。時には嘘をついたりして自分の心を自分で守る術を身につけることが必要です。

ありのままの自分を受け入れてもらう

ありのままの自分を否定され続けて育つと対人恐怖になる場合があります。改善するために効果的なのは「ありのままの自分を受け入れてもらうことの繰り返し」と「ありのままの自分を否定してくる人を見抜く」こと。

対人恐怖の人は、真面目すぎて、水面下でありのままの自分を否定する人に気付きにくい。その結果、心はざわざわしているのに、その理由がわからない…。という状態になります。

そして、水面下でありのままの自分を否定する人に気付きにくいというのも、実際に水面下で否定してきている場合もあれば、自分の思い込みの場合もあります。

相手が「水面下で否定したよ」と言わない限りわからないことなので、どちらにせよ「相手の否定は受け取らない。相手の考えは相手の自由」と区別する考え方を持っていくと楽になります。

対人恐怖症とは、神経症の一種と言われ、慢性化すると社交不安障害、ひきこもり、パニック障害などの引き金になることもあります。「他人との関わりを極端に避ける。」「他人との関わりを極端に恐れる。」「他人と会話をする時に大変緊張する。」などの理由から、人付き合いに何らかの問題が出てしまい、社会生活に支障をきたすほどの対人不安が強い場合は神経症として治療が必要であると言われています。

対人恐怖症は、どんな人でもちょっとした“きっかけ”で発症してしまうことがあります。

対人恐怖症の人は乖離に苦しむ

対人恐怖症になる原因は、親や環境による影響がとても大きいですが、それに気が付かない人がほとんどです。その事に気が付いた時には、既に対人恐怖症が悪化している場合もあります。

また原因は人それぞれ違っていて単純に一つの原因だけではなく複合的に色々な原因が重なっていると言えます。

では、どのような人が、対人恐怖症になりやすいのか?「神経質」「真面目」「繊細」「優しい」「感受性が高い」「自意識が強い」「利用されやい」「内気」「慎重」「よく気を使う」のような人が対人恐怖症になりやすいです。

あと、夜中に何度も目を覚ましたり、他人の心の中を読もうとする人も、対人恐怖症になりやすいです。

乖離に苦しむ

対人恐怖症の方は自己嫌悪を抱いているとされています。そして自分への評価を下げてしまって、自分で自分を攻撃してしまっている状態になっています。あるがままの自分を自分で受け入れないので、「このようにあるべき自分」という無理な理想の自分を作り出そうとして自意識過剰になるのです。そして乖離に苦しむのです。

では何故、そんなにも自分で自分を攻撃してしまうか?自分を嫌うか?それは、あなたを嫌った人、あなたをダメ扱いした人、あなたの存在を攻撃した人などを、受け入れてしまったパターンもあります。

つまり、あなたを嫌悪したAさんがいたとします。そのAさんの価値観を受け入れてしまい、一緒にAさんがあなたを嫌っている価値観もセットで受け入れているので、Aさんの価値観のまま自分で自分を嫌うようになったのです。

そして、認知の歪みが増えてしまったり、自分で自分を嫌い思考パターン、思考回路を作ってしまったりして苦しみの悪循環にはまっていったのです。ですから、学んだり、新しい思考回路を作り出したりすることが必要なのです。

そこで良い方法である「憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法」もご紹介します。

神経症的な人は、どうして人が怖いのか、不安になってしまうのか、それは、人とか環境に頼っているからです。 この章では、人に嫌われてもいいのだという事実をいかにして受け入れるかを具体的に解説しています。

引用元:「憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法」

特に、上記の引用の人に嫌われてもいいのだという事実をいかにして受け入れるかを具体的に解説されている部分は大切です。

幼少期に、辛いことがあったにせよ、原因の多くは家庭環境だったにせよ、今から変わるのは自分なんです。人に頼りっぱなしではなく、自分が自分の親になり、自分を育てていくことが必要なのです。

一歩ずつ、ゆっくりと、道は切り開かれていくでしょう。

僕が、実際に、酷い恐怖を大幅に減らすことが出来た方法をまとめたのが「サヨナラ・モンスター」です。

関連コンテンツ

bright-ms.net


悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
→ 「サヨナラ・モンスター」 ←

極度の緊張や恐怖の克服法
毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 陰口を言われるのが怖くて自分を出す事ができず…でも「人と違ってもいいんだ」と思えるようになりました。

    • 「人と違ってもいいんだ」と思えるようになるって、とても大切なことですよね。
      「人と違ってはいけない」という自分を苦しめてしまう考え方を捨てること。大切ですね。

  2. 対人恐怖症の症状や、対人恐怖症の悪化を防ぐための方法や、隠れた怒りに気づくことができたような気がします。

  3. 他人にどう見られているかが気になりすぎるあまり、自分を客観視する力がないと、対人恐怖が強くなるのかもしれません。

    • そこで一般的な方は「気になってることを悪い」で終了しますが、
      もう一歩深く入り「何故、他人にどう見られているかが気になるのか?」
      そこを突き詰めていくと意外な事実が分かってくる場合もあるのです。

      本人が気が付いていないから危険ですよと無意識は教えてくれていることもあります。

      そういった自己理解を深めていくと記事に書いた「隠れた怒り」に気づくこともあります。
      対人恐怖症の人で隠れて怒りがある場合、それに気がついて感情を解放することがとても大切です。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)