対人恐怖症の原因の一つである「隠れた怒り」を見つけて癒す(理解する)ことで「恐怖」が大幅に減った!

245077 views
約 4 分
プラス感情トレーニング2「emotion plus」
1日1回わずか数秒で出来るプラスになる方法
この方法で多くの方の心の問題が解決されました。
→ 心の悩みを解決する教材一覧
対人恐怖症の原因の一つである「隠れた怒り」を見つけて癒す(理解する)ことで「恐怖」が大幅に減った!

対人恐怖症の原因の1つである「隠れた怒り」、
これを見つけて、自分の力で「癒す(理解する)こと」で、
対人恐怖の「恐怖」が減ります。

実際に、僕は「色々な恐怖」を抱えていて、
その中に、自分でも理由がよくわからないけど、
強い不安と、恐怖が出ていて、それを隠していて困っていました。

弱さは許されない環境で育ってきたので、
「弱さ」がある自分を認めることが恐怖だったので、
それを隠して、自分で誤魔化していたのです。

そんな「対人恐怖」が大幅に減ったのは、
「サヨナラ・モンスター」の方法で、
自分を深く知る」ことをしたからです。

ただ、自分を知るだけではなく、
知って、更に、自分を大切に思えるようになったからです。

僕の心の奥深い部分に、色々な恐怖、怒り、悲しみ、恨み、憎しみ、
劣等コンプレックス、色々とありました。

つまり、過去は「心の奥深い部分」が、
ぐちゃぐちゃになる生活習慣」だったのです。
心の奥がまったく整理されないような酷い生活習慣でした。

これでは「恐怖」が強くなって当然でした。
そして、まともに学校の勉強もしてこなかったので、
対処能力も無い、知識もない、問題解決能力も無い。

このような状態ですから、
「怒り」を抱くような出来事、
例えば、不当に追いやられることなどが起こっても、
正しく解決することなど出来ません。

だから、心の奥に「怒り」が蓄積していったのです。
最初に攻撃される。相手は演技が上手く、嘘を巧みに操る者でした。
攻撃されたり、お金を盗まれたりして、
「怒ってしまう」と、それを更に「嘘」を混ぜられた話で、
「やってもいないこと(冤罪)」で、また悪人扱いされていく。
(これは、相手がお金や物を手に入れるための常套手段)

<<下に続く>>

そして、悪人扱いされ、お金をとられても、
家庭内で、みんなで僕を悪人扱いするものですから、
完全に心が封じ込められていき、混乱し、トラウマにもなり、
何の対処も出来ず、言語化も上手くできず、感情が抑圧され、
麻痺して、何が何だかわからなくなっていきました。
(書ききれないほど、色々なことが重なった結果)

そして、心の奥に「怒り」が蓄積していったのです。
憎しみ、敵意、怒り、色々なものが蓄積して、
衝動的に、爆発的に怒ってしまうことも増えました。

そして自分でもよくわかっていない、怒りや敵意が、
他人に映しだされて、無意識のうちに恐怖を感じていました。

僕の対人恐怖は、「隠れた怒り」も原因の1つだったのです。
原因と言っても色々あります。それらを複合的に解決していくから快方に向かいます。

その複合的な解決法が、6年もの集大成とも言える、
恐怖克服「サヨナラ・モンスター」です。

僕の対人恐怖は、この方法によって、
快方に向かったのです。
蓄積された心の奥の「まとまり」を小さくすれば良いのです。

僕は出だしが異常だったので、
まだまだ問題を抱えています。

それを楽しんでいます。(^^)

あなたは、「対人恐怖を治したい!」と
1日も早く対人恐怖を治したいと思っていると思いますが、
焦る必要はありません。焦れば焦るほど悪化します。

僕のように、、、
対人恐怖の問題を少しずつ解決することを楽しむ(意味のあるプロセス」と思うと良いですよ。
そして、あなたは決して「ダメな人間」ではありません。

対人恐怖の恐怖を減らしていきたい、
そう思うのなら、この「サヨナラ・モンスター」に取り組んでみて下さい。
教材内でこの記事の続きもお伝えしています。

きっと、大きな変化が起こる、そう思います(^^)/

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)