「親の有難味」は、自分が自分の親(心の中の小さな自分の親)になると新しい視点が増え、わかってくる。

(個人的なこと)「親の有難味」は、自分が自分の親(心の中の小さな自分の親)になると新しい視点が増え、わかってくる。わかってくると、「迷惑ばかりかけて、たくさん傷つけてごめんね」って素直に言える。自然な言葉として出てくる。ありがとう。「毒」は、内側にもたくさんある。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
「親の有難味」は、自分が自分の親(心の中の小さな自分の親)になると新しい視点が増え、わかってくる。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
「親の有難味」は、自分が自分の親(心の中の小さな自分の親)になると新しい視点が増え、わかってくる。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)