「正しく説明する力」が無いと、「嘘つき(人の所為にする者)」が寄り付いてきます。

「正しく説明する力」が無いと、「嘘つき(人の所為にする者)」が寄り付いてきます。

嘘つきのお陰で、正しく説明する力が上がった

僕も、「悪い噂を作って、巧みに流す者」に、何度か付き纏われたことがあり、疲弊したことがある。だけど、今振り返ってみると、全部、自分の「力」になっているんです。過去は、「正しく説明する力」がゼロだったけど、この「正しく説明する力」も、確実に上がりました。

「正しく説明する力」が無いと、「嘘つき(人の所為にする者)」が寄り付いてきます。上手く説明できないことを逆手に取られ、すり替えられ、気づいたら悪者扱いされて、彼らの「何か(悪事)」を隠す道具にされてしまう。必要なのは、成長、正しく説明する力、言語化能力です!

悪知恵の働くモラルハラスメントの加害者は、悪者を作る時に、相手の心の傷を見抜いて、それを刺す。そして、「相手の防衛の怒り」を、「相手が一方的に攻撃して来た」とすり替え、自分が被害者になり、舌をペロッと出してほくそ笑む。これを知っておくだけでも、相手に転がされにくくなれる。

そのための「やる気」は、これで高めた

この「正しく説明する力」を上げるための「やる気」は「この方法」で上げました。

悪意のある嘘つきが、殆ど、近寄ってこなくなった

過去よりも、「正しく説明する力」が上がってから、「嘘つき(すり替えて、こっちを悪者扱いする者)」が、殆ど、近寄ってこなくなった。跳ね除けることが出来た。「悪意のある嘘つき」は、「正しく説明する力」を嫌がります。バレてしまうから。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] この記事(https://bright-ms.net/post-17099/)に書いた、「悪い噂を作って、巧みに流す者」によって疲れてネガティブになっていたのに、「正しく説明する力」を上げるためのやる気を出すことが出来たのも【プラス感情トレーニング2「emotion plus」】をやったからなのです。 […]

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)