認知の歪みに気づいて修正するとしあわせな気持ちに!

認知の歪みに気づいて修正するとしあわせな気持ちに!

※許可をとって掲載しています。

「ペットがエサくれって鳴いてうるさい!」と思っている人(Iさん)がいました。実際にペットがしつこく鳴いていて、Iさんが「うるさいなぁ」ってイライラして言ったときに、Uさんはこう言いました。

Uさん「Iさん、それは、あなたのことを信頼してるのかも」

Iさん「えっ そうなの?」

Uさん「うん」

Uさん「飼い主が虐待したら犬が餌を食べなくなることがあるの。」

Iさん「え~」

Uさん「信頼されていなかったら、エサ頂戴って寄ってこないこともあるのよ」

Iさん「そうだったんだ!ぢゃあ私は信頼されてるってことなんだ(#^.^#)」

Uさん「動物はすべては分からないけど、完全に心と閉ざしたら受け取らないよ」

Iさん「早くよこせやって、せかされてるかと思ってた;」

Iさん「ずっと、誰にも大事にされないんだって思ってた・・・・だけど違ったんですね」

Uさん「そう!そう思っちゃうこともよくあるけど、すごいことに気づけて良かったね(^^)/」

このような話の中で、Iさんは気づきが出てきました。これは「エサくれって鳴いている」ことを「せかされている」と解釈していたから、その間違った解釈を修正し「せかされている」ではなく「信頼されている」と修正すると、喜んで、笑顔になり、餌をあげることが気分良くなったのです。「せかされている」と思っていたのは過去の記憶で見ているのです。Iさんは過去の記憶が常に「せかされている」「責められている」が多かったので、無意識で過去の記憶で見ていたということでした。

このようにマイナスに思っていることは実はプラスだったってことは良くあります。もし、今あなたがマイナスに思っていることがあれば、そこにはどんなプラスがあるか見つけるとしあわせな気持ちになれるかもしれません。

過去の出来事は変えられませんが、過去の出来事に対しての解釈を変えることは出来ます。過去にプラスな解釈をすればするほど、今が幸せになります。

あなたは、過去の解釈をプラスに変えたことはありますか?

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)