自尊心を傷つける嫌な奴はこう言う。「原因追求だめ!」「過去へ執着だめ!」と…。「後ろを見る度胸も、振り返る度胸も、執着する度胸もないんです。お帰り下さい。」という言葉は目から鱗!

16719 views
約 5 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

自尊心を傷つける嫌な奴はこう言う。「原因追求だめ!」「過去へ執着だめ!」と…。「後ろを見る度胸も、振り返る度胸も、執着する度胸もないんです。お帰り下さい。」という言葉は目から鱗!

問題行動を起こす娘の親「うちの娘が過去ばかりに執着してるの。なんとかならない?」

親の知り合い「私が話をしてみるね」

親の知り合い「○○さん。どうしてつまらない過去ばかりにこだわる?」

「わかんないよ」

親の知り合い「過去にこだわってもダメよ!前みなさい。前。前を向いて行動しなきゃ!?わかる?」

「・・・・」

「おい、ちょっと待ってよ」

親の知り合い「なによ?」

「なんかさぁ、聞いてたら無理やり前を向かせようとしてるじゃん」

親の知り合い「無理やりじゃないわよ、横から来てレッテル貼りはやめなさい

「じゃあなんで、過去にこだわったらダメって決めつけて言っている?」

親の知り合い「過去なんて原因探ししたって親を吊し上げるだけだし意味ないからよ」

「意味がない場合もあれば、意味がある場合もある、あなたは偏り過ぎている」

「あなたは神様ですか?それともどこかの教祖ですか?」

「意味がないって、人の人生にそうやってレッテル貼るのはあなたですよ」

親の知り合い「何バカなこと言ってるの!臨床心理士の方だって言ってるわよ過去なんてくだらないって!」

「人の心の全てが、決めつけだけでわかるんですか?それこそ本当のレッテル貼りですよね?」

親の知り合い「なっ・・!」

「あなた、自分がレッテル貼りをしているのに、僕にもレッテル貼りな人だとレッテルを貼ったじゃないですか?」

親の知り合い「くそっ・・!」

「そうやって僕らを下に見て決めつけているのは、あなたたちじゃないですか?」

親の知り合い「ちがうわよ!勝手なこというな!だから仕事続かないんだよお前は

「今は仕事の話なんてしていません。話をすり替えて怒らせようとしているんですか?

妹が過去に執着しているのはそれなりの理由があるからでしょ!自分の人生の意味がそこにあるんだから過去でも未来でもいいでしょ」

親の知り合いお前いい加減にしとけよクソガキ、え?

「そうやってすぐ大人の権限を使って脅迫的に態度で黙らせようとするんですね」

「そのやり方が妹を苦しめているってまだわからないんですか?過去とか未来とか、そんな小さなことで人の心なんて決めれません!」

親の知り合い「お前は病院でもいけ!過去に執着して前も見れないアホ兄弟め」

僕から言わせてもらえば、過去も見る度胸もない弱虫だと思いますがね?

親の知り合い「なっ・・!どういうことだよ?」

<<下に続く>>

「だってそうでしょ?過去とか未来とかわざわざ区別付けて、どっちを見るとかどっちを見ないとかさ、どっちであっても真っ直ぐ見れる!それが大事なんじゃないですか?嘘つきじゃないなら過去でも前でもどこでも見れますし自分が気になるってことは何かあるんですよ?妹は前を向くために必死に過去に執着し、そこから何かを見つけて手放そうとしているんじゃないですか!」

「あなたが、自分が過去を見ることが怖いから原因探すなとか過去に執着するなとか理由を付けているだけだと思いますが?その恐怖から妹が過去に執着して逃げているとレッテルを貼るのはやめて下さい。」

親の知り合い「そんなことあるわけないだろう!なんなのこいつ?どっかいけよキモイ」

「あなたがここから帰ればいいんじゃないでしょうか?妹もあなたがいたら傷が深くなるだけです。」

「○○(妹)、ほらあれがあいつの正体だから。あんな奴の言葉は聞かなくていい。大丈夫だよ」

「あなたは、自分の凝り固まった考えで前しか向けない人なんです。後ろを見る度胸も、振り返る度胸も、執着する度胸もないんです。お帰り下さい。」

「お兄ちゃん、本当ありがとう。私、学校行ってみる!」

 

ここまでですが、僕はこれを読んだ時、お兄さんに感動しました。すごく大事なことだなって思いました。自分の子供の問題を他人にまかせようとして子供を信じることをしない親。

そして既に最初から娘さんを下に見て、親に頼られて優越感に浸りたいレッテル貼りの親の知り合い、もし兄が出てきてくれなかったら、このように返答したり出来なかったら、娘さんの心は更に善のフリをした人から追い込まれていたでしょう。

そして親の知り合いは都合悪くなると脅迫的な態度に変わる。挙句の果てにはキモイと中傷。人それぞれ違う心の成長を無視した決めつけ。こういった人は「相手のセルフイメージを下げる」ことが目的だったりします。以下の引用文も読んで下さい。

自尊心が傷つけられてしまうと、あなたは自分の価値を低く評価するようになり、
セルフイメージを下げることになってしまいます。

実はこれこそが“イヤな奴”の目的なのです。

引用元:言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!

「過去を見るな!」という偏った考えを強く持っている人は、自分が過去に行った悪事を隠したままでいたいから、他の人にも過去に振り返らないで欲しいということを押し付けたい場合もあると思います。

執着してしまうのは、「執着を手放す方法」にも書いていますが執着の本質に気付いていないから、納得できないし手放せない。気付けば自然に手放せるんですから、無理に前を向く必要はありません。

そして、「後ろを見る度胸も、振り返る度胸も、執着する度胸もないんです。お帰り下さい。」という言葉は目から鱗!。

なるほどと思い読ませていただきました。執着に突入し、しっかり見る勇気も必要だと思いました。その中から気づき、まっすぐ進みたいという本当の気持ちを自分でつかみ取ることが大事ですね。

恨んで恨んで恨みまくると、心のデトックスになり、恨ませてくれた親へ、心から、ありがとうと嘘一つなく思えるのと繋がりますね。

つまり、目的が真っ直ぐなら、過去を見ようが未来を見ようが、それは今を生きる事。親が与えることのできない安心感を、お兄さんが妹さんに与えたから、学校に行ってみるという行動を促した。素晴らしいことです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 11 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. このお話の内容は、心理学に興味がある友達にも教えてあげたい内容でした。一緒に議論したいです(^_^)

  2. 過去は未来の糧になると思います。前ばかり見るのも良いですが、たまには振り返る事も大事だと思います。

  3. 過去に苦い思いをした人は決して過去を振り返らず、今を精一杯生き過去を無かったものにしようと思います。
    わたしがそうでした。
    いい悪いを抜きにして、ちゃんと向き合って克服出来た人はこれからの人生の舵取りが楽になる気がします。

  4. 自分のタイミングで、自分の意思で行動する事が大切なんですね。
    それまで周りの家族や友人は「見守っている」事が必要なんですね。
    なかなか難しいけど、それが出来るお兄さんは、とても素敵な方だと思いました。

  5. 徹底的に過去を見つめているうちに自然に前の事が気になるときがあると自分も思います。
    そのタイミングで前に進めばいいんですね

  6. 執着してはいけない、というのも一種の固定観念だというのを聞いたことがあります。
    執着してしまうことを許してしまう方が救われるのかもしれません。

  7. こういう大人は、私の近くにもいます。
    自分を否定されると暴言を吐いて恐怖心を煽ります。
    今は正面から向き合わず、きいてるふりして持ち上げておいて、右から左に聞き流して距離をとっています。

    今回の話に出てくるお兄さんのような人が私の近くにもいて欲しい…
    私も、誰かにとっての、そんな人になりたいです。

    • 最初は紳士的なフリをしている大人いますよね。
      そんな大人がこの話のように追い込んで子を悪くして優越感に浸っている場合もあります。

      だけどお兄さんが切り返せたから守れたんですよね。
      もしもお兄さんが切り返せなかったら、優越感に浸る大人の餌食になって善悪がひっくり返っていた部分も出てきます。

      誰かにとってのそんな人になれたら素敵ですね☆

  8. 過去に執着するのは過去に悔いがあるから

    • 悔いがあるからダメだとレッテルを貼りたい方かと感じましたが、
      だめじゃなく良いのです。

      悔いがあるからやれば素晴らしいですね。
      過去に執着し手放すために行動するわけです。

      思う存分、過去に執着してみて下さいね。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)