モラルハラスメントと認知的不協和と認知の歪みの関連性。モラハラは心の手錠をかけられる

モラルハラスメントと認知的不協和と認知の歪みの関連性。モラハラは心の手錠をかけられる

悪いことをすれば手錠をかけられます。

私も17歳頃の手錠をかけられました。

モラルハラスメントは「偽りに気づかない」と、モラハラの罠にはまり心を雁字搦めにされていく仕組みです。

「偽りに気づかない」点を修正することは「認知の歪みの修正」と関連性があります。

「認知の歪みの修正」をしていけば「偽りに気づく」ことが増えるので徐々にですが、モラルハラスメントの世界から抜け出せるでしょう。

つまり、あらゆる取捨選択をするのが人生ですが、生きていると認知的不協和に誰でも陥ります。

認知的不協和とは、人が自分の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態のことを言います。

その結果、矛盾からくる不快感を解消しようと新たな認知を追加して既存の認知を弱めたりします。

人はこの認知的不協和からの不快感を解消するために「自身の態度や行動を変更するか、または自分の態度や行動は変えず思い込みで楽して誤魔化すことを選択」します。

後者の「自分の態度や行動は変えず思い込みで楽して誤魔化すことを選択」していくと、どんどん現実離れした認知が増えていくので認知の歪みになっていくのです。

そしてそれでも認知の歪みを修正しないでいると、モラルハラスメントの世界に入っていくのです。

<<下に続く>>

攻撃的なモラルハラスメントか、または非主張的なモラルハラスメントです。

自分の行動を変えずに、新たな誤魔化しの認知を追加し続けたことで、どんどん認知が歪んでしまい正しく現実をみることが出来なくなります。

正しく見ることが出来ないから偽りに気づけなくなります。

つまり、善人のフリをした悪人が良い人に見えて、本当の善人を悪人だと心底思うようになるのです。

その証拠に私は昔、一般社会の人間はみんな悪い奴だと思っておりました(笑)

不良や宗教の人が正しいとさえ思っていたこともあります。

この歪みのより、矛盾や混乱が増え、しあわせになりたいと言いながら不幸を選択していることに気づけない・・・

そうやって不幸の目的にそって進んでいるのです。

正しく行動を変えないで、思い込みで誤魔化し逃げた人は、心の世界の犯罪者としてモラルハラスメントの罠にはまる仕組みです。

これがモラハラ界脱出に非常に大事な考え方です。

ですから、モラルハラスメントの被害はあなた自身で解決することが出来るのです。
一か月でモラハラの苦痛から抜け出すための「モラハラ実践対策プログラム」を公開!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

モラル・ハラスメント夫の実践対策ガイドブック【CD付き】

正しい行動があなたを救っていきます!

関連コンテンツ

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

この記事に「いいね!」しますか?

(最終更新:2017年9月17日)Leave a Comment4 Comments4590 views

コメント一覧

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by ゆっか

    私は思い込みが激しいです。

    良い思い込みもあれば、悪い思い込みも。。。
    心が悪いように捕らわれてしまうと、行動も悪化してしまいます。心が捕らわれるほど、辛いものはないです。

    ですが、心を前向きに正して、行動していくと、周りに対する見方が変わり、捕らわれてるものから少しずつ脱皮出来ます。

    これを仏教学では、転生出離と言います。

    つまり、心も生まれ変わる事が出来ると、仏様は説いて下さっているんです。

    どんどん、モラルハラスメントとから脱皮していきましょう。笑

  2. by kyu

    人は誰でも矛盾があり、何かしら悪いことをしたり失敗してしまうものだと思います。モラハラに出会ってもあまりのめり込まず被害を最小限にするのが大事だと思います。

  3. by くまモン810

    感想としては、モラスハラスメントは普段の生活にもあるんだなあと思いますもし、ご主人や奥様から被害を受けるといつ心が休まる時があるんだろうと思います。モラスハラスメントのキーワードは小さな親切大きなお世話と言ったところでしょうか。

  4. by 名無し

    正しく行動を変えないで、思い込みで誤魔化し逃げた人は、モラルハラスメントの罠にはまるなんて怖いですね。
    でもこの仕組みがわかっていればモラルハラスメントの被害は解決することが出来るのですね。
    為になります。

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)