「感情」と「ストレス」について 書き続けると、精神を強化することが出来ます。これは、書くことが癒しになることについて、最前線の研究者たち(世界トップクラス)の言葉でもある!

「感情」と「ストレス」について 書き続けると、精神を強化することが出来ます。これは、書くことが癒しになることについて、最前線の研究者たち(世界トップクラス)の言葉でもある!

書くことが癒しになることについて、最前線の研究者である、テキサス大学オースティンの心理学者ジェームズ・ペンネベーカー博士と、シラキュース大学のジョシュア・スミス博士による研究で、「感情」と「ストレス」について書くことで、免疫機能を高め、精神を強化することが出来ると示唆されています

テキサス大学オースティンの心理学者
ジェームズ・ペンネベーカー博士

シラキュース大学の
ジョシュア・スミス博士

この人たちの研究結果は本当でした。

実際に僕も、「感情」と「ストレス」について書き続けると、精神が強化されました。

逆に、「感情」と「ストレス」について「書かない人」は、精神がどんどん弱っていきます。それは当然ですよね。自分で自分の心に溜め込む(出さない)という選択をしているのですから。自分にとってマイナスなものを溜め込む(アウトプットしない)という選択、これでは、心の中の小さな自分が可哀想だと思います。書くことで出せば良いのに、出さない選択を自分でしているのですから、どんどん弱ってしまいます。

以前、「嫌がらせなどを受けたのに書き出さない人たちは、結局、心の中にモヤモヤが残ってしまいます。「アウトプット(出すこと)」しよう!|恐怖(トラウマ)克服「サヨナラモンスター」|note」でお伝えしたように、嫌がらせを受けたら黙っていてはいけません。しっかり、「感情」と「ストレス」について書き出すことで、鬱憤が溜まらないのです。スッキリします。僕も、嫌がらせを受けたらハッキリと書きます。

これによって、心に嫌なものが蓄積しないので、スッキリするし、精神の強化に繋がります。表に出さず溜め込むと精神が弱ってしまうのです。忘れたつもりでもずっと残っているのです。表に出さなかったから。感情も、ストレスも、ありのまま表に出せば良いのです。出し方を考えれば良いのです。

過去の僕は精神的な嫌がらせにとても弱く、怒りが爆発するか、恐怖して誤魔化すか、しか出来ませんでした。そして頭が痛くなり、動悸もして、ダメージも大きかった。昔は悪夢を頻繁に見ていました。それなのに、「サヨナラ・モンスター」のやり方で「書くこと」を繰り返していくことで、精神が強化されていったのです。悪夢も全く見ません。夢の中で、悪夢的な夢でも、逆に敵を粉砕しています。この心が大切なのです。これについて関係あることを購入者の方が見れるところに書いています。購入者の方は、「サヨナラ・モンスター購入者専用サイト」にログイン後、「お知らせ」の『「書くこと」の素晴らしい効果(研究結果)をご紹介!』をご覧下さい。

このページの部分の、「●免疫機能を高め精神を強化」で下記をお伝えしています。

トラウマを克服するために必要なこと

更に、Lutgendorf氏は、
「”感情だけでなく、◯◯◯◯◯◯も必要”」、
「”個人は、心的外傷の記憶の中で◯◯を見つける必要があるだけでなく、
関連する◯◯を感じて、ライティングの練習から◯◯◯の◯◯を得る必要がある”」
とも言っています。
これは「サヨナラ・モンスター」のツールで行うことです。

これは、専門家の方が言っているように、書くことをを通して◯◯◯の◯◯を得る必要があるのです。文字通り「必要なこと」なのです。これは覚えておいて下さい。絶対に必要なことなのです。僕は経験したので、専門家の方が言っていることが本当に必要だったと言うことがわかります。これが、「サヨナラ・モンスター」の【自分の「モンスター」と「隠れた能力」を知るためのツール】で行うことです。トラウマを克服するために必要なことなのです。重要なことなので覚えておいて下さい。

次に、、、

自分次第

あと、心理学者は、
「”結局のところ、癒すためのライティングの力は、
ペンと紙ではなく、書く人の◯◯◯にある”」と、
海外の多くの心理学者が言っているように、自分次第なのです

書くことのプラス効果は、様々な研究から言われていますが、これは専門家の方が言っているように、ペンと紙ではなく、書く人の◯◯◯にあるのです。これを引き出すために、サヨナラ・モンスターでは「◯◯を◯く」ように促しています。これを高めないと、、、深いレベルので癒し、精神の強化は起こらないのです。僕の言葉を信じられない人は、専門家の言葉を信じてみて下さい。これは、書くことが癒しになることについて、最前線の研究者たちの言葉でもあるのです。書くことが癒しになることについて世界トップクラスの人の言葉なのです。購入者の方で「◯◯を◯く」が何かわからない方は、メールでお問い合わせ下さい。

「◯◯を◯く」ことで、書く人のが自分で自分の◯◯◯を高めていくのです。ですから、ペンと紙で書く、スマホやパソコンで文字を打つ、これは単なる1つの効果的な手段に過ぎないのです。この本質がわかれば、サヨナラ・モンスターは、書くこと以外にも応用出来るのです。

あと、あなたは、心が苦しいのですよね? 苦しい、辛い、悲しい、思う存分、その感情を感じて下さい。書き出して下さい。それを感じたなら、自分がどんな気持ちなのか、わかりますよね。心の中の小さな自分が苦しんでいる、辛い気持ちを抱えている、悲しんでいる、このままではいけない…! 救ってあげたい! このような憐憫の感情を自分に向けることが、人道的であり、人間的成長に繋がり、それを書くことを通して、脳の前頭前野(人間らしさを司る部位)の活性化につなげていくことが【重要】なのです。

購入者さまは、再度、「サヨナラ・モンスター購入者専用サイト」にログイン後、「お知らせ」の『「書くこと」の素晴らしい効果(研究結果)をご紹介!』をご覧下さい。大切なことなので繰り返しますが、、、

実際に僕も、「感情」と「ストレス」について書き続けると、精神が強化されました。

逆に、「感情」と「ストレス」について「書かない人」は、精神がどんどん弱っていきます。それは当然ですよね。自分で自分の心に溜め込む(出さない)という選択をしているのですから。自分にとってマイナスなものを溜め込む(アウトプットしない)という選択、これでは、心の中の小さな自分が可哀想だと思います。書くことで出せば良いのに、出さない選択を自分でしているのですから、どんどん弱ってしまいます。

普通に書くだけでも、かなりのプラス効果が期待出来ます。心の問題集(サヨナラ・モンスターでいうところのモンスター)や、スキーマ(情報の纏まり)が根深い場合は、サヨナラ・モンスターのような特殊な方法(深い部分を変える方法)や、スキーマ療法など、深い部分の認知を変える方法がお勧めです。

書き出しましょう!

【公式】恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

追伸:

自分にとって、精神的に有害な人もいます。予防するには下記が大切です。

感染予防三原則

1、病原体を除去
2、病原体の侵入経路を遮断
3、個体の抵抗力(免疫力)を増強

これは、「心」においても同じことです。

「3」は「書くこと」などで、精神を強化すると良いです。書くことで免疫力が高まるという研究結果もあります。→ (https://sayonara-monster.com/post-1275/

 

 

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
「感情」と「ストレス」について 書き続けると、精神を強化することが出来ます。これは、書くことが癒しになることについて、最前線の研究者たち(世界トップクラス)の言葉でもある!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
「感情」と「ストレス」について 書き続けると、精神を強化することが出来ます。これは、書くことが癒しになることについて、最前線の研究者たち(世界トップクラス)の言葉でもある!

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)