【心理学の投影の悪用】「あなたの心がそうだから、そう見える」や「目の前の相手は、あなたを映している鏡」は、ちょっと言葉は悪くなりますが、それは「投影バカ」、または、ハラスメントです。

9300 views
約 12 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【心理学の投影の悪用】「あなたの心がそうだから、そう見える」や「目の前の相手は、あなたを映している鏡」は、ちょっと言葉は悪くなりますが、それは「投影バカ」、または、ハラスメントです。

未だに、「目の前の相手は、あなたを映している鏡」という「古い思い込みをすべてに当てはめている者」もいて、なんでもかんでもすぐに「投影だよ!」と言っている者がいます。ちょっと言葉は悪くなりますが、このようなことをすぐにいう者を、僕は「投影バカ」と思っています。

投影は確かにあります。自分で認めることが出来ず無意識下に抑圧したものが、相手に映し出しているという場合もあります。それが全てに当てはめようとしているマニュアルを鵜呑みにしているような者を、僕は、「投影バカ」と思っているのです。これは本当に害を与えることもあるほどです。まさに「モラル」を使った「ハラスメント」として好都合な言葉なのです。

他人の投影は、他人が簡単にわかるものではないのです。何故なら、投影は自分で認めることが出来ず無意識下に抑圧したものですよ。その無意識にあるものを他人がどうしてわかるのでしょうか(笑)すべてがわかるのなら視覚化してすぐにトラウマでも癒して問題を解決してみたら良いと思います。そうすれば、世界から無意識で抑圧したもので悩む人はいなくなってしまいますね(笑)「投影バカ」は是非とも、成し遂げてみて下さい。(笑)

人の心はわかったつもりになっていても本当にわからないものです。家族であってもすべての理解なんてできやしない。だから、「投影は、自分の成長のために、自分で自分につかうもの」なんです。この意味を無視したハラスメント加害者が投影を悪用して人を傷つけていますので、厳しい目を向けることが大切だと思います。

精神的な嫌がらせをする者のレベルが高い場合は、心理的な攻撃をすることもあります。これは至って普通の現実的な考えです。こういったハラスメント加害者はいないと言う者は夢を見ているようなものです。「世の中に犯罪者はいない!世界はお花畑♪」というのと同じです。世の中には良いことも悪いこともある。それが「現実」です。当然、心理的な攻撃もある場合もある。

そういった心理的な攻撃を仕掛ける者は紳士を装ったモラルハラスメントの加害者です。モラルは道徳。道徳は人としてこうあるべき道。つまり、「ほら、あなたは自分の問題を投影しているにすぎないのだよ。間違っているぞw」と言うのは、モラルハラスメントとしても使えるのです。

モラルハラスメントの世界は専門家も言うように、攻撃が隠されることもあります。心の世界には冤罪も多い。被害者は被害さえ自覚できないこともある。それは、潜在意識に働きかける攻撃だから、心理の勉強をしていない被害者が理解できるわけがないのです。そこで、被害者が被害に薄々気づき始めたとします。まだ言語化が上手く出来ない時に被害者が「私は騙された」と言ったとしますね。被害者の大事な思いですよ。そこに「ほら、あなたは自分の問題を投影しているにすぎないのだよ」「ほらほらw自分の自己紹介しちゃってるよwww」「騙されている?いや、それを心理学用語で投影と言うのだよ!あなたが実は詐欺師なのですよ!気づこうよ!」と。

これ、本当に「悪質なモラルハラスメント」です。「投影の悪用」です。騙されて心に深い傷を負った人に、「お前が騙す人だ!」という言葉は「心を抉る凶器」となります。心の問題は目に見えないからわかりにくい。では、置き換えましょう。自分の子供を殺されて悲しんでいる母親に「お前が子供殺しだ!」と言ったらどれほど傷つくか?それと同じようなことを証拠が残らない心に対してやっている悪質な者もいるのです。

例えば、親を信じ続けて騙されてハラスメントをされ続けて深く傷ついた子供がいたとします。当然、騙してハラスメントをする親に影響されていますから、子供も騙したりハラスメントをするような価値観を無意識に持っていることがあります。その子供がそういったハラスメントの世界から抜け出そうとしたら相当大変です。自分の中にある親の価値観などを捨てていくことは本当に大変です。そこに「投影バカ」が現れて、「あなたが騙す人が嫌だと感じているのは、あなたの中に”騙したい”という強い思いがあるのに、騙してはいけないという考えがあることで無意識下で葛藤が起こって、それを認めることが出来ないんだよ」なんて言えばどうでしょうか?これは、酷いハラスメントですよ。しかも知ったかです。

その「あなたの中に”騙したい”という強い思い」が、それが他人のものだったりするのですよ。他人のものを、その人のものだと決めつけた前提で言っているのです。不快極まりない話です。それにより、余計、混乱して回復できない場合もあるのです。当たり前ですよね。他人のものを他人のものだったと認められたら手放せるのに、他人のものを自分のものだったと思い込ませたら余計手放せなくなります。

モラルハラスメントの加害者は「投影を悪用」することがあります。投影は、確かにありますよ。しかし、投影じゃないものを投影扱いして口封じをしようとする場合もあるのです。また、悪意もなしに、ただ1つの枠にとらわれている者がなんでもかんでも混ぜこぜにして「投影」と言っている場合もあるのです。この場合は、勉強し直したほうが良いですね。教科書信者ではダメです。

「目の前の相手は、あなたを映している鏡」というのは、「無いものをあると思い込ませる」かのように、とても「不快な気持ち」になります。「人の所為にすることを好む者の言葉」の場合もあります。誰だって、事実ではないことを決めつけられたら不快な気持ちになりますよね。冤罪で刑務所に入った者がどれほど苦悩か、何となく分かる気がします。事実ならば堂々と認められるものです。投影の悪用は冤罪における自白の強要のような手口です。投影は、他者に使うのではなく「自分の成長の為に自分に使うもの」です。

※投影自体がおかしいと言っているのではない。

「投影」は自分で自分に使う事で「本当の自分」に気づくチャンスに出来るのです。そして、以下の引用文を読んでみて下さい。

「目の前の相手は、あなたを映している鏡」だと言われています。
実はこれ、脳科学的には、まったくのナンセンスなんです。

脳科学的には真逆。
「あなたが、目の前の相手の鏡」になっているのです。
鏡になっているのは、相手ではなくて「あなた」なのです。

引用元:鏡は目の前の相手ではなく「あなた」|癒されながら夢が叶う「優しい生きかた」の心理学

ナンセンスと言うのは「バカげている」「意味のないこと」と言う意味です。僕もそう思います。「目の前の相手は、あなたを映している鏡」なんて、本当にばかげています。言葉は悪いですが、「投影バカ」の戯言だと思っています。

上記の引用元のリンク先の記事も読んでみて下さい。心理療法家の方の記事です。

ご理解いただけたかと思いますが、「目の前の相手は、あなたを映している鏡」ではなく、逆で「あなたが目の前の相手の鏡」になっているほうが正しいのです。

目の前に怒っている人がいると、自分もイライラする経験ありませんか?

目の前に陰険な人がいたら、陰湿な気持ちになることありませんか?

目の前の人が緊張してたら、自分も緊張することありませんか?

これは、証明されていることですが、「神経細胞ミラーニューロン」によるものなのです。ですので、「目の前の相手は、あなたを映している鏡」は相手を不快にさせて、相手に精神的な嫌がらせする時にも使えてしまうものなのです。

Bさんが「詐欺師は嫌い…」と言ったとする。AさんはBさんに「それは詐欺師の要素があなた(Bさんに)にあるからだ」と言えば、当然、Bさんは嫌な気持ちになる。このように、「ないものをあると思い込ませる」時に「投影」を悪用して使うことが出来るのです。

繰り返します。

脳科学では「目の前の相手は、あなたを映している鏡」ではなく逆で「あなたが目の前の相手の鏡」になっているほうが正しいのです。あなたは脳科学と、そこらへんで妄想を植え付けようとしているかのような「それは、あなたの投影なんですよw」と歪めて見ている者のどちらを信じますか?僕は、当然、脳科学のほうを信じています。

例えば、加害者が被害者に対して、複数人で嫌がらせをこっそりするとします。目的は嫌がらせです。その目的達成のための目標として「被害者の印象操作」をするとします。印象操作をすると周囲の目をコントロールできるからです。誰だって事実ではない目を向けられたら傷つきますよね。周囲から傷つけられるように仕向ける手口もあります。

<<下に続く>>

加害者は被害者に悪い暗示入りのコメントをし続けます。悪い暗示で人は徐々に誘導されていきます。その作用を狙って繰り返すのです。すると被害者が苛立ったり、悲しんだり、不安がったり、元気がなくなったりします。相手から繰り返される陰湿な嫌がらせにより、それがミラーニューロンされて、被害者も陰湿な気持ちになっちゃうのです。

陰湿な気持ちになっている被害者が「陰湿な人に攻撃された」と主張したときに、加害者は「あなたがそうだから陰湿な攻撃をされたと思い込んでいるんですよw妄想ですからw」と追い打ちをかける場合もあるのです。

だから、自分にとって不要な人間はすっぱり切る事が大切なのです。影響は受けたくないと思っていても影響されるのが人間として自然なことなのです。「嫌ならくるな!矛盾だらけの嘘つき野郎!!」と切り捨ててあげてよいのです。

目の前に嫌なタイプがいる時は、さっさと離れて無視して考えもせず、自分の人生を生きて良いのです。加害者は「離れるなんてダメだ!」と押し付けようとすることもありますが、関係ありません。放っておけばいいのです。

堂々と切り捨てていいのです。


堂々と切り捨てるため、支配から抜け出すためにおすすめです。ぜひ、読んでみて下さい。

Bさんが、騙されて欺かれて傷ついたことを話すと、Aさんはすかさず…
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Aさん欺かれていると思うのはあなたに詐欺の要素があるからですよ
Aさんあなたは自分の事を良く見せている。それは心理学で言う投影なんですよ。ふふ…

Bさん「勝手に決めつけない下さい。本当に気持ち悪いです。」
Bさん「あなた自身が詐欺師だから、人のことを詐欺の要素があるように、いきなり勝手に見えちゃっているのだと思うますけど?」

Aさんなっ!?

Bさん「だってそうでしょう。こっちが良く見せている理由も事実も知らないのに」
Bさん「じゃあ言うよ?こっちが良く見せているのは相手に汚いものと綺麗なものどっち見せるのがいい?」
Bさん「うんこ見るより綺麗な海や空を見ていたいよね?」
Bさん「それと同じ。足りないかもしれないけど私なりの気持ち。」
Bさん「つまり、人を不快にさせないよう、綺麗なイメージを心がけている部分に対し、あなたが勝手に詐欺だと思ったんだよ。すごい自分勝手な解釈しているよね。本当に怖いくらいです。」

Aさんくそっ

Bさん「だから、近寄ってきて勝手な事言って、相手の心なんて読めるはずもないし、詐欺の言葉の意味も勘違いして、決めつけるのは非常に迷惑です!心理学用語の悪用までして。本当に気持ち悪いと感じていますのでやめて下さい。」

Aさんは、自分の問題を認めることが出来ないから、Bさんを歪めてみて、Bさんに問題があるのだと思い込んで安定を保とうとしているのかもしれません。若しくは、投影を悪用して精神的な嫌がらせをしているのかもしれません。それは、本人の心の中にあるのです。

「投影の悪用」で思い込ませる人には要注意です。人は、どうしても他人の影響を受けてしまうものです。

1日5分~10分の音声を聞くだけで、コミュニケーション能力がどんどん向上していく画期的な学習プログラム「デイリーパラダイムシフト」のメールで、「私たちは何も考えていない!影響を受けているだけ!」という内容があるのですが、この内容通りなのです。

僕たちは影響からは避けられません。妄想や、格好つけて「人のせいにするな!自分次第だろ!」とか「影響される奴は弱いやつ」では影響は避けられないのです。

無知だから「人のせいにするな!自分次第だろ!」とか「影響される奴は弱いやつ」と思うのです。神経細胞ミラーニューロンについてわかっていれば「人は影響されるもの」だとわかります。

影響を避けるには、しっかり遮断する必要があるのです。つまり、人はどうしても影響されてしまうのが普通だから自分への影響を考えて人付き合いをする必要があるということです。

「人のせいにするな!自分次第だろ!」とか「影響される奴は弱いやつ」というのは勘違いなんです。

例えば、メキシコの麻薬組織カルテルの惨殺を目の前で見て、何の影響も受けないでいられますか?目の前で最高の感動の場面があってもプラスな影響を受けないでいられますか?

人は、影響を受けるもの。それが普通。

だから、その「影響」を考えて人との関りを考える必要があるのです。

「目の前の相手は、あなたを映している鏡」と、なんでもかんでもすぐ言っている人に対し、言葉は悪くなりますが、私は「投影バカ」と思っているのは、馬鹿の一つ覚えみたいに「はい投影!」と言いながら、いかに相手を傷つけているかわかっていないので、あえてこのような言い方をしました。

「投影」という言葉は、時に人を深く傷つける言葉にもなりうるとうことを覚えておきましょう。前述したように「投影」は自分で自分に使う事で「本当の自分」に気づくチャンスに出来るのです。他人に使って、思い込ませたり、傷つけるのはやめてほしいものですね。

以下の2記事も併せて読んでみて下さい。

モラルハラスメントの加害者が使う手口の1つ「投影の悪用」とは?精神的な嫌がらせであるモラルハラスメント。

どうにでも取れる言い方、どうとでもとれるかのような言い回し、含みを残した言い方は意図の有無に関わらず嫌な気持ちになる人が多い。

あと、他の人の意見(他人のブログ記事)からの引用もご紹介します。

ぶっちゃけた感想を言うと、投影って反則技だと思う。立場が一気に逆転するし。

「周りが悪く見えるのは、ホントは自分が悪いと感じてるから」

僕みたいな奴なら構わないけど、もし元々謙虚で優しい人が同じ考え方をしたらどうなると思う?

何でも自分のせいにしちゃうかも・・・?

引用元:おとんの脳漿 : 模試、投影の悪用

そう、この通りです。「投影の悪用」は「紳士を装ったモラルハラスメントの加害者」が使うことがあるのです。酷いことです。

「投影の悪用」は「無いものをあると思い込ませる」ハラスメントの手口の1つなのです。悪用じゃないものはよいのです。だから投影は自分に使えばいいのです。他人が他人に使えば反論させない盾になるのです。虎の威を借る狐です。ふざけています。

投影の悪用は、アダルトチルドレンの人たちや、優しい人たちに使うと、大変危険なことに繋がることがあるのです。「無いものをあると思い込ませてしまう」のです。そしてそれがベースとなり洗脳されていく場合があるのです。大変危険なことです。カルトでもあることです。

 

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)