得体の知れない恐怖心の正体と消し方!恐怖の改善方法!幼少期に沢山刷り込まれた「嘘」が「得体の知れない恐怖」の原因だという事があります。

 2021年11月28日
93749 views
得体の知れない恐怖心の正体と消し方!恐怖の改善方法!幼少期に沢山刷り込まれた「嘘」が「得体の知れない恐怖」の原因だという事があります。

とくに何かされたわけでも何かが起こったわけでもないのに、とてつもない恐怖心に襲われる事がある方に読んでいただきたい記事です。得体の知れない恐怖心を解いていきましょう。この記事は全てに当てはまるわけではないの自己責任でお読み下さい。

正体のわからない恐怖

得体の知れない恐怖心は原因を自覚していないから「得体の知れない恐怖」です。「得体」とは、真の姿や正体という意味です。つまり「得体の知れない恐怖」とは「自覚できていない正体がわからない恐怖」という事になります。この「自覚できていない正体がわからない恐怖」は「安全の為のブレーキ」または「刷り込みによる勘違い」または「本人による勘違い」など様々です。

自覚できていないという事は、無意識だから自覚が出来ないのです。つまり無意識のうちに恐怖を感じているいう事になります。

無意識への刷り込みの場合

ここからは、支配者による無意識への刷り込みという視点で書きます。

何故、自分でも気が付かないうちに無意識のうちに恐怖を感じるようになったのか?その一つは無意識への刷り込みです。気が付かないうちに、無意識に恐怖になるものを刷り込まれたのです。

ですから自覚が無いまま無意識で恐怖を感じるようになったのです。ですのでこの恐怖を辿り、無意識の記憶を言語化していく事が大事です。

得体の知れない恐怖を辿ってみよう

得体の知れない恐怖は、支配者がお金を搾取する時や、相手をコントロールする時によく使います。何故なら正体がわからないまま無意識への刷り込みが可能になるので、長い間、ターゲットに恐怖を植え付けてコントロール出来るから支配者は好むのです。

Aさんは、見えない支配が怖いと言っていました。そして匿名掲示板でありもしない嘘を書かれると、それが他の人も信じてしまい孤立するのが怖いと言いました。

つまり、Aさんの恐怖は、村八分にするやり方が怖かったのだと分かり、得体のしれない恐怖が少しわかってきて、楽位なってきたと言っていました。

支配者は妄想や嘘でイメージを作り出す

支配者は、嘘や妄想などで、勝手なイメージを作り出します。人はイメージすると、イメージは無意識の領域ですから、なかなか解けません。第一印象は約7秒で決まると言われ、一度ついた第一印象は中々取れません。それと同じで支配者は嘘や妄想で勝手なイメージを作り出すのです。

そして、支配者側には力がある、危ない目に合う、ヤクザがついている、簡単に人を消せる、簡単に100人は消してきた、など、嘘や妄想で仄めかしていきます。その一つ一つを「確認」したり、出来るだけ確かめていくと「嘘」だと分かってきますので無意識への刷り込みはされません。

しかし、「確認」を疎かにすると、支配者が嘘で作り出すイメージがストーリーのようになり、無意識へ刷り込まれていきます。そして刷り込まれた嘘のイメージが増えていき、それが肥大化していくと「得体の知れない恐怖」になるのです。

得体の知れない恐怖の治し方

得体の知れない恐怖を消すには、それらが「嘘つきの支配者により刷り込みで勘違い」と「事実」を区別する必要があります。先ほど書いた「簡単に100人は消してきた」とか、「ヤクザがついている」とか、「簡単に人を消せる」が現実的ではないと理解することです。

現実的に「簡単に100人は消してきた」はあり得ません。

現実的に「簡単に人を消せる」はあり得ません。

現実的に「ヤクザがついている」としても、だから何?と思えば良いのです。

つまり、嘘を巧みに使い、イメージを操作しているだけなのです。怖がらせて自分の都合の良いコントロールをしたいのです。正体がわかれば、怖いどころか、「確認を疎かにしたことで鵜呑みにした勘違い」が見えてきます。このように得体の知れない恐怖は辿れば、原因の一つは支配者による刷り込みだという事です。幼少期に沢山刷り込まれた「嘘」が「得体の知れない恐怖」の原因だという事があります。支配者は「確認」の大切さを教えてくれているのです。

確認不足を否定してくる考え方には要注意

「確認不足による嘘」を無数に鵜呑みにしてしまったことで得体の知れない恐怖になっている刷り込みと書きました。こうった内容を言うと、一部の人は「自分の確認不足の問題だろ」と、寄りついてしつこく言ってくる場合がありますが、そういった場合は無視することが大事です。そのような方には理解が出来ない点が多くあるから話し合ってむ無駄になります。

幼少期から、外部は悪、家族が愛、親を信じていれば間違いない、勉強しないほうがお前は素直でいい、など無数に長い年月マインドコントロールのように繰り返し親から刷り込まれている場合、確認することすら悪いモノだと思い込んでいる場合があります。つまり「確認不足による嘘」を無数に鵜呑みにしてしまったことは悪い事ではないのです。害を被る立場として言えば被害者です。無条件で親を信じる純粋性を悪用された被害者なのです。

だからと言って親を責めても、親も苦しむだけです。その親も同じようなコントロールをされていたからです。大事なのはコントロールに気づいて本当の家族や本当の愛を取り戻すことです。

恐怖は内在する脳内反応であるが、恐怖の対象を覚えさせることは可能とされている。これは心理学において恐怖条件付け (en:fear conditioning) として研究されている。その最初のものはワトソンが1920年に行ったリトルアルバート実験 (en:Little Albert experiment)で、この研究では、生後11ヶ月の幼児が実験室の白鼠に対し恐怖を感じるように条件付けることに成功した。また実際の世界において、トラウマ的な事故により特定の対象に対し恐怖するようになることもある。

Wikipediaより引用

恐怖の条件付けにより勘違いしていることもあるかもしれません。

恐怖は突入しないと消えない

恐怖は突入しないと消えません。突入と言っても気合いと根性でやれということではありません。恐怖に向き合っていくという事です。イメージをしていただきたいのですが、1本の雪の道で恐怖に出会いました。そこで後ろを振り返り恐怖から逃げたとします。すると雪玉のような恐怖は転がりながら追いかけてきます。するとどんどん恐怖の雪玉の塊は転がりながら大きくなってきます。逃げれば逃げるほど大きくなるのです。

それでも逃げ続けるといつか前には崖、後ろには巨大になった恐怖の塊という状況になります。つまりそれは「死」を意味します。ユングは以下のように言っております。

ある人に運命的な必然によって自己認識の要求が迫っている場合で、しかもその人がそれを拒むとすれば、このような否定的な態度は、本当の死を意味することすらある。 なぜなら、もし彼が見込みのある何らかの脇道を歩むことができたのであれば、このような要求が迫ってくることはなかったであろうからである。 しかし彼は袋小路に入り込み、そこから抜け出るにはもはや自己認識以外に方法がないのである。これを拒めば、もはやどんな道も開かれていない。普通こういう人はまた、自らの状況を意識していず、無意識であればあるほど、それだけ予測できない危険にさらされている度合いも強い。無意識は、無意味な生存を驚くべき速さで抹殺する無数の方法を知っている。 

結合の神秘 第六章 結合より

「自己認識の要求が迫っている場合」が「崖」という事です。恐怖は逃げ続けると肥大化して強い力で呑み込もうとしてきます。それでも逃げるとやがて崖(死)に落ちそうになることがあります。そこで、本気になって恐怖と向き合ってみると本当の自分に出会えるのです。以下のイメージのように本当の自分を掴んで下さい。恐怖の克服

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。