障害を抱えている人は強くなれる!!自分が抱えている障害を乗り越えろ!!その先に本当の自分との出会いがある!!

238 views
障害を抱えている人は強くなれる!!自分が抱えている障害を乗り越えろ!!その先に本当の自分との出会いがある!!

人生勉強を通して障害の素晴らしさがわかってくる!

障害を抱えると一方的に、一部の未熟者(永遠の赤ん坊のような者)から馬鹿にされたり執拗に攻撃を受けることがあります。彼らは精神的に子供であり、勉強をしていないので、障害とは何か、それもわからない為、それは仕方のないことなので気にしないことが大切です。人間は人生勉強を通して色々なことがわかってきて、そして障害を抱えている人たちの一部が如何に素晴らしい人たちかわかってくるのです。障害を抱えるには勇気が必要です。そして抱えた障害を乗り越えることで「障害を乗り越えることでしか手に入らない強さ」が手に入るのです。そう、人間としての強さです。心が磨かれながら強くなっていくのです。

障害を乗り越えることでしか手に入らない強さ

障害を乗り越えることでしか手に入らない強さ」を手に入れている1人として僕が思うのが、K-1 WORLD GP 三階級制覇世界王者武尊(たける)さんです。武尊(たける)さんはパニック障害であったことを、動画(https://youtu.be/fkd4b6mR43U?t=230)の3:50くらいで告白しています。不眠症とパニック障害がきつかったと。そして同じ動画の4:57(https://youtu.be/fkd4b6mR43U?t=297)では、ほぼ毎日パニック発作が出ていたと言っています。狭い部屋には入れず、基本毎日どこに行っても発作が出ていたそうです。エレベーターも乗れず、一時期は自分の家ですらきつかった時があったとのことです1参考文献:武尊がパニック障害を告白!驚愕のあの事も話す!!【K-1】 – YouTube(https://youtu.be/fkd4b6mR43U)

これは本当にきつかったと思います。僕も自分の部屋でパニック発作が起きていた時期がありその辛さが少しはわかるので、本当に辛かったと思います。

パニック障害を抱えてそれを乗り越えようとして生きたからこそ、K-1 WORLD GP 三階級制覇世界王者という強さの一部に繋がっているのではないかと僕は思います。

障害とは

下記の引用文をお読み下さい。

障害(しょうがい)とは、ものごとの達成や進行のさまたげとなること、また、さまたげとなるもののことである。障礙(しょうげ、略字で障碍)は、仏教用語として煩悩障など心を覆い隠し悟りを妨げている要素を指して用いられたことから、邪魔するなどといった意味で使われ、明治時代にはしょうがいと読まれるようになった。2引用文献:障害 – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%9C%E5%AE%B3)

素直に、正直に、本当の自分を生きようとする人にはまるで試練かのように何らかの障害が出現します(僕はそう考えている)。調べれば調べるほど、本当の自分を生きていたであろう人たちの多くは障害を抱えていたことがわかります。

以前も下記記事でお伝えしましたが、元イギリスの首相、軍人、作家、政治家で、戦争中の危機的状況を勝利に導いただけの実力者だったウィンストン・チャーチルは、吃音もあり、さらに、双極Ⅱ型障害だったとも言われています。

過去の苦しみを心的外傷後成長(PTG)に繋げろ!精神が病んだこと、障害を抱えたこと、それは勇気ある証拠だ!

探して書き出せばキリがないほど、実力者たちは障害を抱えているのです。つまり、障害とは「本当の自分の力を生む試練」なのです。障害を抱えて、その障害を乗り越えようと頑張った人たちは皆、本当の自分の力をつけているのです。「障害を乗り越えることでしか手に入らない強さ」です。これを言い換えるなら、、、

 人間は、障害にむきあったときに、自らを発見するのだ。

サン・テグジュペリ(フランスの作家、操縦士)

こういうことです。人は自分の障害に向き合い、それを乗り越えていくことではじめて、本当の自分を発見することが出来るのです。巷で言われる「本当の自分」ではなく、もっと深い話の「本当の自分」です。それは楽して手に入るものではありません。死ぬほどの何かを乗り越えてはじめて、少しずつその実態が見えてくるのです。それはそれを感じた人にしかわかりません。どれだけ言葉を並べて伝えても、本当の、本当の自分を発見した人だけがその感覚がわかるのです。

障害は、乗り越えることで本当の自分としての強さ、力が手に入るのです。それは本当の自分と出会うということでもあります。障害を抱えている人たちは、自分の障害を乗り越えるために生きましょう! 障害は前記した引用に書いてあったように、「”ものごとの達成や進行のさまたげとなること”」です。本当の自分がやりたいこと、達成したいこと、その妨げ、邪魔となるものが障害なのです。つまり試練です。それを乗り越えていくことが本当の自分との出会いに繋がるのです。サヨナラ・モンスターに取り組んでいる人たちは、何らかの心の問題を抱えています。それは妨げになるのですから障害です。それを乗り越える為に、自分で自分を救う為に書くのです。心の奥にある未処理の情報を表に出して、意識化して整えていくのです。それが力になります。自分との出会いに繋がっていきます。

 

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:武尊がパニック障害を告白!驚愕のあの事も話す!!【K-1】 – YouTube(https://youtu.be/fkd4b6mR43U)
  • 2
    引用文献:障害 – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%9C%E5%AE%B3)

この記事のレビュー(一覧)

5
Rated 5 out of 5
星5つのうち5 1件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)100%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

正に、著者さんの仰る通りです。

Rated 5 out of 5
2022年7月1日

私は、ずーと、水中で溺れそうで溺れない状態でした。
ずーと、踠き苦しみました。
私は、心の問題が山澄です。
著者さんは、私も含めて馬鹿にしない方なので、お話しました。

Anonymous

幸せの種「気づき」からの返信

お話してくれて、ありがとうございます。
ずっと苦しんで(心の問題を沢山抱えて)こられたのですね。
人其々障害(妨げ)となることは違いますが、
その障害を抱えているからこそ人は強くなっています。
諦めず、出来ることから解決していけると良いですね!

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。