【言葉のいじめ対処法】言葉のイジメ、からかい、嫌がらせ、誹謗中傷、モラハラ、匿名掲示板での嫌がらせなどを行う者に効果的な対処法はコレだ!嫌なこと思い出して眠れないなら尚更解決する必要があります。

78333 views
約 18 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
【言葉のいじめ対処法】言葉のイジメ、からかい、嫌がらせ、誹謗中傷、モラハラ、匿名掲示板での嫌がらせなどを行う者に効果的な対処法はコレだ!嫌なこと思い出して眠れないなら尚更解決する必要があります。

実際に、名誉毀損事件にまで発展するほどの「言葉(文章など)のいじめ」を長きにわたって受けた経験のある僕が、大切で役立つことを教えます。

言葉のイジメ、からかい、嫌がらせ、誹謗中傷、モラハラ、そして、匿名掲示板を使って巧みな嫌がらせなどを行う者に対して効果的な対処法をご紹介します。

言葉のいじめ加害者の目的は相手の自尊心を傷つけること

僕は、人の自尊心を意図して傷つけることを目的とする者が何者なのか、最初はさっぱりわかりませんでした。そして「人の自尊心を意図して傷つける者がいる」ということさえ知りませんでした。ですので「みんな仲良く」という幻想の言葉に騙されて信じて心を明け渡していたのです。

過去に、僕の運営する別サイトにも、このようなインターネットの匿名性を悪用した嫌がらせを行う者がいましたので、様子を見るべく観察していました。観察をすればするほど、彼らはまるで「魑魅魍魎(私欲のために悪だくみをする者の喩え)」のようで、集団で連携し、複合的なやり方でダメージを与えていくもので、卑劣、卑怯、そして、自分たちに悪い点があることに自覚の無い被害者のフリをした者もいました。

そして、巧みなモラルハラスメントも使い、相手の心の傷をわざわざ刺激して怒るように仕向け、事実の歪曲、ねつ造などを得意としていました。彼らは、自分たちが悪いと自覚が無いので、気づくまで誰かを絶えず悪者にしなくてはいけないのです。

観察させていただけたおかげで、沢山の勉強が出来ました。彼らのような、人の自尊心を傷つけることを目的とする者の事は「身勝手で見当違いな思い込みによる被害者意識」だということが理解でき、「心を蝕むイヤな奴をスカッと撃退!戦わずに勝つ対話法」という教材にもこのことが書かれていました。

僕も、彼らにはそういう部分があると思います。「身勝手で見当違いな思い込みによる被害者意識」を持っていると感じました。

そんな彼らの目的は、

自尊心を傷つけ、傷ついた人が自分の価値を低く評価し、 セルフイメージを下げるようになる」。

このように誘導することです。

その事は、安岡晴男さんの「心を蝕むイヤな奴をスカッと撃退!戦わずに勝つ対話法」のページにも書かれています。

引用してご紹介しますね。

“イヤな奴”があなたを攻撃する目的はいったい何でしょうか?

それは、あなたの自尊心を傷つけることです。

自尊心が傷つけられてしまうと、あなたは自分の価値を低く評価するようになってしまいます。
その結果、あなたはセルフイメージを下げることになってしまうのです。

 

引用元:「心を蝕むイヤな奴をスカッと撃退!戦わずに勝つ対話法」

何故、人の自尊心を傷つけて、傷つけられた人が自分の価値を低く評価するようになってほしいのか?

それは、彼らのような者は、自分の自尊心が傷ついていて、自分の価値が無いと思い込んでいる。そして、自分を傷つけた者に立ち向かわず、別の者の所為にして別の者を叩くのです。「弱い者がさらに弱い者を叩く」というやつです。まるで亡者が足元に纏わりついて他人を地獄の底へと引きずり込もうとしているかのように、他の人の心の世界を壊そうとするのです。

これは酷いことで、とんでもないことですよね。無関係な人からしてみれば「人の所為にするな!」と言いたくなるくらいのことでしょう。そして、嫌がらせをする者は「弱者」を探しているのです。「弱い者がさらに弱い者を叩く」というわけです。

「弱者」だと判断してから嫌がらせをする狡賢い卑怯者なのです。強い者には攻撃しません。強い者にはおべっかを使って媚びへつらっています。そして「虎の威を借る狐(権力者の力に頼って威張っている者)」のようです。群れているのがまさにそれです。

僕のように、自分独自の考えを持つと必ずこの経験をします。それが怖くて多くの人は自分の考えを捻じ曲げます。彼らは必死こいてこちらの考えを支配して変えようとしてきます。つまり、支配者なのです。人の自由を許さない。という支配者なのです。

ですので、そんな者に「情を持たないほうが良い」のです。僕は過去に情を持っていた。そしたら攻撃されました。変な情を持つことで嫌がらせをする者の罠にもはまりやすくなってしまうので、お人好しはやめる必要があります。情に流されたら良いことはありません。少しくらい嫌な人間になってください。自分を大切にすること。

妬む人の心理

「自尊心」を傷つけることを目的とした嫌な奴は「妬み」を原動力として精神的な嫌がらせをします。嫌がらせをする者は「妬み」が根底にあり、そして、自分を変えずして相手を変えようとして「言葉のいじめ」や「嫌がらせ」をします。

妬むというのは、他人の良いところや幸せをうらやましく思い憎むということ。つまり、自分も欲しいが、自分には手に入らないと信じ込んでいるから、他人の自尊心とは良い部分を壊そうとするのです。彼らもいつの日か、このことがわかるかもしれませんね。

妬みからのいじめ。妬み野郎に負けてはならない

まず、嫌がらせをする者も傷ついていたり、問題を抱えている可能性はありますけど、それは「相手の課題」であって、自分の課題ではないから可哀想と思う必要はありません。区別するべき問題なのです。関係ないのです。相手は、自分のやるべきことをやればいいのです。

嫌がらせをする彼らは「妬み」から、自分の考えを持つ人や目立つ人、輝いている人などをターゲットにします。それで、仕掛けられた側は精神的に追い込まれてしまい、ターゲットにされたくない人は大人しくします。大人しく負け犬になればターゲットにされずにすむのです。

しかし、そんな魑魅魍魎のような彼らが、どれだけ集団になろうとも、集団心理を巧みに操ろうとも「機械的に3つの基本フレーズに沿って言葉を返すだけ」で、簡単に対処できるようになる教材が「心を蝕むイヤな奴をスカッと撃退!戦わずに勝つ対話法」なのです。この教材の中身は、全て僕も読みましたが本当に良い教材でおすすめです。あなたも、ぜひ手に入れてください。

この方法によって相手は諦めて退散するか、イライラをつのらせて逆ギレして自滅するしかなくなるのです。

僕は、彼らのような嫌がらせをする者に、この教材に似ている方法を目の前で使ったことがあります。すると、その嫌がらせをする者は、普段は静かで善人のフリをしていて、中々本性を出さないように嫌がらせをするタイプですが、一人でキレだし、一人で干してあるバスタオルを持って走ってきて、怒り狂って、途中で一人ですっころんで、回れ右をして戻って、大声を上げました。

そして、僕はこう言いました。「大丈夫?」と。これで、その人間は僕に勝ち目がないと判断し大人しくなりました。

それまでの僕は、相手に優しくしていて、相手の気持ちもわかる…と情に流されていたため、相手から隙を突かれて嫌がらせをされていたのです。嫌がらせをするものは強い者に媚びますので、強い者への鬱憤を、別の弱い者や身近に流すのです。群れてまで。卑怯者ですよ。「弱い者がさらに弱い者を叩く」という卑劣な手口です。ですから、優しくしていたり、情に流されていると、身勝手で見当違いな攻撃をしてくる者から攻撃されることがあるのです。彼らは「無意識のうちに人の所為にする」のです。

そういった嫌がらせをする者は、人を選んでいて、情に流されない冷たい人にはしません。素直で、優しく、お人好しで、傷つきやすい人を狙います。優しくするとつけあがってきて嫌がらせをしてくる場合もあるので、変な情など捨てれば簡単なことです。

真剣に向き合うから、相手の言っていることや嫌がらせを真に受けてしまい、自分にとって不利な結果になってしまうのです。

僕も、ほとほと愛想が尽きたことがあります。

ですので、あなたがこのような精神的な嫌がらせをする者のことで悩んでいるのなら、絶対に今すぐにでも変わる決心をして下さい。彼らの目的は最初に書いたよう「自尊心を傷つけ、傷ついた人が自分の価値を低く評価し、 セルフイメージを下げる」ように誘導することです。大切な自分を、そんな者たちにいいようにされて良いのですか?自分を守るのは自分です。

やめてほしい」なんて言葉は通じません。それどころか、ますます楽しんでやってきます。ですから、時には「徹底して、反撃して、これでもかってくらい、刑事告訴や、民事裁判も検討したほうが良い場合もある」のです。首根っこを摑まえてこれでもか!というくらいねじ伏せることも大事な場合もあるのですよ。

彼らの罠にはまると、人生における大損害になります。限られた時間の中、そんな卑怯な者の嘘の言葉や涙などに騙されていてはいけません。今すぐにでも対処法を身に付けて、蹴散らしてやれるようになる事をおすすめします。そのために出来ることは「頭を鍛えること」です。体を鍛えることも良いですが、たいして役に立たないので頭を鍛えるほうが良いです。だから「自己学習」が大切なんです。

相手を傷つけることを目的とするのではなく、自分の弱さを修正し自分が強くなるためのことなのです。相手の問題は相手の問題ですから。

彼らのような者はどこにいってもいます。だから自分が変わるのです。それが根本解決の方法です。

あなたなりの、闘い方を身につけて下さい。自分を守るのは自分です。自分が攻撃されているのに「見て見ぬふりする」のならば、この記事は読まないでください。厳しいようですが、自分で自分を裏切るのならばどうにもできないのです。自分を助けることが出来るのは自分しかいないのですから。

心を蝕むイヤな奴をスカッと撃退!戦わずに勝つ対話法

いじめに負けるな。自分への虐待はしてはいけない

まず「狡さは弱さに敏感」と言われます。これは本当にその通りで「狡賢い嫌な奴」は「弱点を見つけるのが上手い」わけです。つまり、嫌な奴は、あなたの弱点を見つけ出してくれるのです。言葉のイジメをする奴は狡い奴なのです。そしてその狡い奴は弱い人間を「探している」のです。ですから、この問題は「自分の弱さを克服する必要がある」のです。

嫌な奴はネコのように、逃げる者(弱さを隠す者)を追いかける性質があります。実際はネコみたいに可愛いものではないですが。だから自分の弱さを克服するチャンスでもあるのです。嫌な奴は狡くて弱いのです。だから嫌な奴は相手が強いと思っているからコソコソ狡賢く嫌がらせをします。そして何よりしつこい。何年でも、場合によっては死ぬまでやってきます。無視していても、諦めません。しつこくやってきます。

よく無視すれば消えると言いますが、それは一部であり無視すればするほどしつこく嫌がらせしてくるものもいます。絶対に放置することはダメで、しっかり解決すべき問題なのです。

何故、嫌な奴は諦めずにしつこいか?その答えも教材に書かれています。そして、言葉は悪くなってしまいますが、嫌な奴はワンパターンのバカなわけです。知ってしまえばワンパターンバカですから大したことは無いのですが、「知らないと精神的に追い詰められるのです。だからこそ、知って、乗り越えるべき問題なのです。逃げている自分を乗り越えることが大事です。

自分を傷つけられているのに黙っていたら「自分への虐待」です。彼らは虐待者です。そして、彼らに反撃しない者もまた虐待者なのです。だから、虐待者は同じ穴の狢を探して、自分より弱いと思ったら攻撃するのです。これがわかれば一切の情は不要だということがわかるでしょう。

<<下に続く>>

感情の抑圧で心も体も蝕まれていく

奴らに嫌がらせをされ続けると人間ですからマイナス感情が生まれます。その生まれた感情が無意識に抑圧されて、その感情の向ける場が無いことで、蓄積されていきます。だから感情の爆発が起こる場合があるのです。その感情の爆発で暴力や殺人をしてしまう場合も否定はできませんし、そういった仕組みで事件を起こした者も沢山います。だからこそ放置すべき問題ではないのです。

黙って嫌がらせを受け続けていくと、心も体も蝕まれていきます。我慢しているだけでは解決にはならない事が、教材でよく分かります。嫌がらせをする者はゴキブリのように、どこにでもいますし、どんどん出てきます。我慢するのは自虐「自分への虐待」になるのです。

あいつらは優越感に浸りたがっている自信のない卑怯者です。他者を引きずりおろそうとする臆病者。被害妄想のある妬み野郎がこのような嫌がらせをします。つまり、自分を変えずして人を変えようとする者だからこその成せる業が言葉のイジメ、からかい、嫌がらせ、匿名掲示板での嫌がらせなのです。あなたが精神を蝕まれているのなら、是非、今すぐにでもこの教材を手にして下さい。

僕たちは、優しすぎたので大目に見ていた部分もありますが、あまりにも悪質でしつこかったので法的手段に出て特定し、損害賠償請求もしました。それで良いのです。どこの誰かもわからない相手が、悪さをして、悪質な嫌がらせをしたのですから。

言葉のいじめ対処法の教材を印刷すると?

言葉のイジメ、からかい、嫌がらせ、誹謗中傷、モラハラ、匿名掲示板での嫌がらせなどを行う魑魅魍魎のような妬み野郎に効果的な対処法はコレだ!嫌なこと思い出して眠れないなら尚更解決する必要があります。実際の「心を蝕むイヤな奴をスカッと撃退!戦わずに勝つ対話法」はPDFファイルでパソコンやスマートフォンで読めますが、紙で読みたい方は自分で印刷をすれば以下のように寝る前に目に負担をかけずに読むことも出来ます。パソコンやスマートフォンの光は寝る前はあまりよくないので。

デメリットしては、個人的ではありますが、文章自体とてもわかりやすいのですが、もっと頭にスーッと入るために、写真もあればよかったと思います。または、動画教材のように動画での説明もあれば良いなぁとは思いましたが、分からないところは読み返せば大丈夫です。

実際の効果は!?

一言で言うと「凄い」と正直に思います。実際に僕も試しましたし、他の方にも試して頂きました。「全然違うし、爽快感がある」とか「自分の心が傷つかない」とか「自信が戻ってくる」とか「なるほどなって思った」とか「モヤモヤが消えた」とか「勝手に相手が一人でダメージを受け始めているようだった」と効果をしっかり感じたという事です。僕も、効果をしっかり感じたので「自分の成長」を楽しく思えました。本当に中身がしっかりした良い教材です。

嫌な奴から言葉の嫌がらせを受けている人は絶対にこの教材を手に入れて学んでほしいです。最初はコツを掴むまでは難しいと思う方もいるかもしれませんが、実際に試しているうちにコツがわかってくると思います。そうすると「自分の心が傷つかない感覚」がわかってくるので、それを精度を高めていけばよいです。あと、大切なことは「お人好し」でいる必要など無いということです。お人好しでいれば自分の心は傷つきやすくなります。

あなたの心を守るのは、あなたなのです。

僕はこの教材に絶対的な自信を持ってご紹介しています。実際に100ページ全て読ませていただき「うんうんこれこれ!」「なるほど!」「間違いない!」「わかる!」と、どのページも楽しみながら学ばせていただきました。是非、あなたにも手に入れて欲しいと思っています。

今あなたは「言葉のイジメ」をしてくる卑怯者に打ち勝つためのスタートラインに立っています。狡賢い者は、弱い者を嗅ぎ分けて優しいフリや親切を装って寄りついてきて雁字搦めにします。強くなるには学習しかありません!

言葉のイジメ、からかい、嫌がらせ、誹謗中傷、モラハラ、匿名掲示板での嫌がらせなどを行う魑魅魍魎のような妬み野郎に効果的な対処法はコレだ!

「元の言葉のイジメに心を蝕まれる人生」か、それとも「言葉のイジメに打ち勝って自分の人生を生きる」のか。選ぶのはあなたです。イヤな奴の罠を断ち切り、あなた本来の情熱や能力を取り戻し、自分で自分を救い打ち勝ちましょう!

心を蝕むイヤな奴をスカッと撃退!戦わずに勝つ対話法

 

以下の音声も聞いてみて下さい。

言葉(文章)のいじめは名誉毀損罪に該当することもある

あなたの実名、または、個人を特定できる名前に対しての言葉(文章)のいじめは名誉毀損罪に該当することもあります。その場合は、刑事告訴、民事訴訟などで対処していくことも大事なケースもあるでしょう。僕らも、実際に、名誉毀損で相手を訴え、勝訴し、相手に損害賠償請求をしましたので、けっこう知識がつきました。

いじめの仕返しで有効なのはあなたが言葉を受け取らないこと

言葉のいじめや、誹謗中傷、からかい、おちょくり、こういった言葉は、実は、あなたが受け取らなければあなたにはダメージはないのです。そして、相手は自分の吐いた言葉で自分自身を傷つけているのです。つまり、自分で自分にダメージを蓄積させ続けているのです。

その相手の数年後、数十年後を見たら答えは出ています。人の自尊心を傷つけるために繰り返した言動はその者に蓄積され、40過ぎると生き様がしっかり顔に出てくるのです。第16代アメリカ大統領リンカーンの名言に「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」があります。40過ぎたら本音が顔に出てきます。

大事なことは、相手に馬鹿にされても、自分は同じようなことをしないことです。返したくなる気持ちはわかりますけど、同じことをしてしまえば、それこそ相手の思うつぼです。相手の言動は全て相手に戻っていくのです。あなたは受け取らなければいいのです。大切なことは「反応しない練習」です。

自信を失うことが最大の損害だから知識を武器にする

何度もお伝えしましたが、彼らの目的は「心の奥の自尊心を刺すこと」です。そして、自尊心を傷つけられ、自信を失うことは、あなたにとって「最大の損害」となります。何故か分かりますか。アダルトチルドレンの人も、非行に走る人も、いじめに怯えている人も、引きこもりの人も、対人恐怖症の人も、みんな、共通して「自信がなくなった」のです。

人生、長い間、苦しみ原因にもなりかねないのです。大袈裟でも何でもなく「最大の損害」ですよね。あなたがやるべきことは1つ。どんな方法であれ、傷つけられた自尊心を回復させ、本当の自信を取り戻すことです。知識こそ、最大の武器になります。

ここでご紹介している教材で学ぶということは、「新しい武器を1つ手に入れる」ということです。この教材の中身を理解すればするほど、あなたは言葉のいじめを物ともせぬほど強くなれるでしょう。自分を育てる大チャンスです。自分がいじめられているのに、自分を見捨ててしまったら、自分がかわいそうです。

心を蝕むイヤな奴をスカッと撃退!戦わずに勝つ対話法

いじめに負けないために

いじめに負けないために大切なことを書きます。(※以下準備中)

言葉のいじめに負けないための考え方(傷つく言葉の対処)

言葉のいじめに負けないための考え方は「言葉そのものが、あなたを傷つけるのではない」ということ。

人はどうしても言葉に左右されやすい生き物です。なぜ、左右されやすいのか。それは、「相手と自分を繋げているから」です。繋がりを鎖でイメージしてみて下さい。鎖で繋がっていれば相手の動きに引っ張られてしまいます。鎖がなかったら引っ張られません。

つまり「相手と自分を区別すればするほど影響されなくなる」ということです。「相手の言葉は相手のもの。自分の言葉は自分のもの」という考え方が出来るほど言葉のいじめに勝てるのです。

相手の「言葉」に「自分の解釈」が加わり「相手の言葉+自分の解釈」となり、これが自分を傷つけるのです。だから相手の言葉は相手のもの。そこに自分が何かを加えることをせず、受け取らない練習をしていけば良いのです。

いじめに負けない心を持つには

「いじめに負けない」というのは、先ほどもお伝えした「相手と自分を区別すればするほど影響されなくなる」ということ。それと「知識をつける」「対処能力を上げる」ということです。簡単に言えば「自分のレベル絵を上げて、他人を区別し、影響を受けない自分になる」ということです。

その為には、自分に足りないものを認め、レベルを上げていかなくてはいけません。問題解決力、理解力、色々です。そういった実際のレベルアップと共に「いじめに負けない心が養われていく」のです。やるべきことは問題解決の為に、レベルを上げていくということです。

この記事の最初のほうでこうお伝えしました。

嫌がらせをする者は「弱者」を探しているのです。「弱い者がさらに弱い者を叩く」というわけです。

「弱者」だと判断してから嫌がらせをする狡賢い卑怯者なのです。強い者には攻撃しません。強い者にはおべっかを使って媚びへつらっています。そして「虎の威を借る狐(権力者の力に頼って威張っている者)」のようです。群れているのがまさにそれです。

つまり、問題解決力を上げ、レベルを上げて強くなれば、いじめを行うものは自然と別の弱い者を探しに行くのです。誰かの「自尊心を傷つけ、傷ついた人が自分の価値を低く評価し、 セルフイメージを下げるようになる」という不健全な目的達成の為に。

いじめに負けない人や子を持つ親の特徴

いじめに負けない人の特徴は、色々あります。

・戦うための武器(知識)を豊富に持っている
・非の打ち所がない、または、少ない
・攻撃したら何倍にもして反撃してきそう
・人脈が広い
・精神的自立、経済的自立をしっかりしている
・責任をしっかり持っている
・幸せな気持ちで満たされている
・勇気を持っている
・自信がある
・心理的に強い
・相手に嫌われることを恐れていない
・相手と自分の区別をしっかりつけている
・本気で法的手段に出る
・長期戦で戦える覚悟と信念と戦略と知識が豊富
・読書をしている
・孤独を恐れず楽しめる
・最後の手段としての覚悟を持っている
・異性にモテル

など、このような「いじめに負けない人の特徴」の中から、自分が身につけることが出来そうなことから始めてみるとよいです。

いじめに負けない子の特徴は?

・明るい
・清潔感がある
・ファッションセンスが良い
・友達が多い
・自分を大事にしている
・自信がある
・相手に嫌われることを恐れていない
・相手と自分の区別をしっかりつけている
・異性にモテル

心を蝕むイヤな奴をスカッと撃退!戦わずに勝つ対話法

学校でのいじめに勝つ方法

まず、学校というのは「公共施設」です。みんが使う場所です。みんなで使う場所というのは「自己中心的でいてはいけない」のです。みんなで使う場所ですから、ニオイ、外見上の清潔感などを全体的に相応しい状態にすることは当然のことです。そういったことをしていないこともいじめのターゲットにされることもありますので、「みんなで使う場所では、全体的に迷惑にならない状態の自分」であることが重要なことです。

この考え方を持つことが「学校でのいじめに勝つために大事なこと」です。

この考えをしっかり持ったうえで、相手の不正な攻撃に対して「戦う」か「逃げる」かの選択をすれば良いのです。いじめは「逃げることも大切」です。「逃げるが勝ち」というように、逃げることが勝つ方法だったりします。学校なんて行きたくなければいかなくてもいい。僕は、そう思っています。

※以下準備中

 

 

職場のいじめに負けないために

 

 

いじめられた時は名言に触れよう

いじめ防止に関する名言

いじめをなくす名言

いじめに負けないための心理学

 

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 3 )
  1. 戦わずに相手に勝つのが一番いいですね!
    私も無口な方で口喧嘩は苦手なので、是非方法が知りたいです。
    魑魅魍魎な人物は本当に許せないですね。

  1. […] 「こちらの記事(http://bright-ms.net/?p=3179 )」に書いてあることですが「自尊心を傷つけ、傷ついた人が自分の価値を低く評価し、 セルフイメージを下げる」ことが嫌がらせをする者の「目的」も1つの場合もあるのです。奴らはアンテナを張って「心の傷がある人」を探している。 […]

  2. […] 「見当違いな思い込みからの決めつけ発言」と言えば「自尊心を傷つけることを目的とする者」のお得意技だ。しかし、この「見当違いな思い込みからの決めつけ発言」は意図的な場合とそうではない場合がある。意図的な場合は明らかな精神的な嫌がらせだけど本人が自白するわけがないから当然知らず存ぜぬで通すだろう。 […]

  3. […] 「こちらの記事(http://bright-ms.net/?p=3179 )」に書いてあることですが「自尊心を傷つけ、傷ついた人が自分の価値を低く評価し、 セルフイメージを下げる」ことが嫌がらせをする者の「目的」も1つの場合もあるのです。奴らはアンテナを張って「心の傷がある人」を探している。 […]

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)