「妬み」が強い人は「被害者意識」が強く「加害者を必要」とする場合がある!

「妬み」が強い人は「被害者意識」が強く「加害者を必要」とする場合がある!

「自尊心を傷つけ、傷ついた人が自分の価値を低く評価し、 セルフイメージを下げる」ように誘導する嫌がらせをする人の原動力は「妬み」です。そして「被害者意識」が強く「捏造」してくる場合があるので、しっかりと距離感をとることも大事です。

何故なら「被害者意識」が強いと「加害者を必要」とする場合があるからです。必要とすれば加害者を実際に作り出すこともあります。そして、本人が無自覚で相手を煽って怒らせて傷つけてから「ほら、やっぱり!」と「被害者意識」が強い人は自作自演のように捏造から「加害者」を実際に作り出すように誘導する場合もあります。

それに負けると本当に加害者になってしまう場合もあります。

やはり、怒ったら負けですから冷静に対処できるようになることが大切です。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)