「妬み」が強い人は「被害者意識」が強く「加害者を必要」とする場合がある!

7314 views
約 2 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
「妬み」が強い人は「被害者意識」が強く「加害者を必要」とする場合がある!

「自尊心を傷つけ、傷ついた人が自分の価値を低く評価し、 セルフイメージを下げる」ように誘導する嫌がらせをする人の原動力は「妬み」です。そして「被害者意識」が強く「捏造」してくる場合があるので、しっかりと距離感をとることも大事です。

<<下に続く>>

何故なら「被害者意識」が強いと「加害者を必要」とする場合があるからです。必要とすれば加害者を実際に作り出すこともあります。そして、本人が無自覚で相手を煽って怒らせて傷つけてから「ほら、やっぱり!」と「被害者意識」が強い人は自作自演のように捏造から「加害者」を実際に作り出すように誘導する場合もあります。

それに負けると本当に加害者になってしまう場合もあります。

やはり、怒ったら負けですから冷静に対処できるようになることが大切です。

関連コンテンツ

bright-ms.net


悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
→ 「サヨナラ・モンスター」 ←

極度の緊張や恐怖の克服法
毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)