【恐怖症改善・克服】恐怖の正体は「妄想」です。思い込みが解けない無意識レベルの「妄想」になると、 得体のしれない恐怖になっていきます。

【恐怖症改善・克服】恐怖の正体は「妄想」です。思い込みが解けない無意識レベルの「妄想」になると、  得体のしれない恐怖になっていきます。

恐怖症克服方法

恐怖改善克服こんにちは。菅原と申します。

この記事をお読みのあなたは、

僕と同じように恐怖の改善を求め、

様々な方法を試されてきたのではないでしょうか。

恐怖の正体は妄想です。

恐怖が強いあなたは心当たりありませんか?

過去に、妄想をすることが多かったり、

非現実的なことばかり求めたり…。

そういったことから無意識のうちに「思い込み」が作られていき、

それが解けない無意識レベルの「妄想」になると、

得体のしれない恐怖になっていきます。

「得体のしれない恐怖」のもとになっている「無意識レベルの思い込み」が解けると、

得体のしれない恐怖が1つ消えます。

こうやって繰り返して改善していく方法は効果的です。

 

辛くなると現実逃避をしたくなり、妄想をしたくなる人いるでしょう。

しかし、その「現実逃避」や「妄想」を繰り返す代償はあまりにも大きいのです。

僕自身、自分の抱える恐怖と向き合う中で、

よく言われる恐怖克服における方法は「対処療法的なものだ」という結論に行きつきました。

そこで、より「本質的な解決」に至るための手段をメールにて発信したいと思いました。

僕自身の経験を綴りますので、本当に恐怖を克服したい方はぜひ続きをメール購読してご覧ください。

迷惑メールなどは一切送信されませんのでご安心して、ご購読ください。

購読前に「info@plus-human.net」からのメールを受信できるようにしてから購読して下さい。

メール:
お名前:

利用規約

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)