自分が自分の親になると、親との関係は上手くいきます。親からのモラルハラスメントを乗り越えるには「自分が自分の親になる」つまり「責任を持てる自分」になることが大事なのです。

自分が自分の親になると、親との関係は上手くいきます。親からのモラルハラスメントを乗り越えるには「自分が自分の親になる」つまり「責任を持てる自分」になることが大事なのです。

自分が自分の親になると、親との関係は上手くいきます。子供の視点から親を見ていると不満も恨みも沢山出てきます。だけど、自分が自分の親になり、親を一人の人間としてみていけるようになると、今までの不満や恨みが消えていきます。

「親への恨み」というのは「自分が自分の親になる」つまり「責任を持てる自分」になるために役立つ最高の贈り物だとも言えます。

人は一人で生まれてきて一人で死んでいきます。出来る限り責任をもって精神的な自立をしていく必要があります。精神的な自立をしていくために「自分が自分の親になる」つまり「責任を持てる自分」になることが大事なのです。

ですので、「モラル・ハラスメント夫の実践対策ガイドブック」でも「相手の言動に対する自分の反応を変える」ことがモラハラを終わらせるために必要なことで、そのことを学べるようになっているのです。

「反応する能力」=「責任」だからです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)