真に受ける人は、相手の言葉通りに誠実に受け取り、本気で取り組んでいるのです。

82080 views
約 5 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

真に受ける人は、相手の言葉通りに誠実に受け取り、本気で取り組んでいるのです。

真に受ける人は

相手の言葉通りに誠実に受け取り

本気で取り組んでいるのです

相手の言うことを素直に真に受ける人に対し「いちいち真に受けるなよ…」と、
後出しジャンケンのように「冗談だったのに…」という人がいますが、
真剣に生きてきた人ほど真に受けやすい場合もあります。

真に受ける相手が悪いという”おかしな空気”を作ることは、真剣に生きた人を傷つけることもあります。
お互いの違いを理解できると良いです。

真に受ける人を馬鹿にしたり、悪く利用したりする者がいるから、
真に受けやすい人は傷つかないために真剣になる相手を見極める必もあります。

真に受けるとは?goo国語辞書から引用します。

真(ま)に受・ける

言葉どおりに受け取る。「冗談を―・ける」

 

引用元:真に受けるの意味 – goo国語辞書

次に真剣とは?辞書から引用します。

[形動][文][ナリ]まじめに物事に対するさま。本気で物事に取り組むさま。「将来を―に考える」「―なまなざし」

 

引用元:しんけん【真剣】の意味 – goo国語辞書

真に受ける人は、相手の言葉通りに誠実に受け取り、本気で取り組んでいるのです。
その相手の誠実さを嘲笑って馬鹿にする者もいます。

真剣になるから真に受けて、時には深く傷つき、怒りが出てしまうことだってあります。
逆に、真剣にならないで、適当に相手の話を聞いて、誠実に聞いているフリをすれば、真に受けずにも済むので、怒りも出てきません。

怒りは悲しみでもあります。

しかし、怒りはマイナスなことが多いので、怒りを使うことはやめたほうが良いのです。
怒りを使わないためには、自分がなぜ悲しんでいるのか理解する必要があります。

一生懸命、相手の言葉を、言葉通りに聞いて向き合ってきたけど、相手の「嘘」などで混乱し傷ついてしまう。
そして限界が来る。

だから負けてしまい、怒りで支配しようとしてしまうときもあるのです。

そんなマイナスループはもうやめるべきです。

真に受ける必要のないこともあります。
人は、すべてに誠実でいることなんて出来ません。

<<下に続く>>

嫌いな人が手もいい、いい加減に対応したっていい、自分の責任を持っていれば、関わらなくても良い人間もいます。
そして世の中には平気で嘘をついて、人に思い込ませ、騙し、裏切り、欺き、混乱させ、陰でほくそ笑むような者もいます。

ですから、素直に生きていれば自分の心が食われてしまうときもあります。
しっかり違いを区別し、関わらなくてもよいこともあるのだと理解していくことが大事です。

真に受ける人は「私利私欲のための嘘」や「悪意のある嘘」などが無い関係を築いていきたい人が多いのだと思います。
しかし、「私利私欲のための嘘」や「悪意のある嘘」をつく人は、平気で人を騙し、欺き、成りすまし、演技したりして、人と関わります。
そういったことは本人の責任であり、自由ですので、真に受ける人はこのようなタイプをしっかり見抜くことが大事です。

真に受ける人は前述したように「私利私欲のための嘘」や「悪意のある嘘」などが無い関係を築いていきたい…、
だけど、利益のために平気で人を騙し、欺き、成りすまし、演技したりする者に気づけない、または気づいても対処できない、
そして、深く傷ついたり、騙されて怒りが出てしまうこともあるでしょう。

そんな人もいるのが世の中だと理解して、自分の心を守って生きていく術を身に着けていくことが大事です。
真に受ける人は誠実な人と共に誠実な関係を築いていくことで幸せになれるのではないかと思います。

その為には邪魔をしてくるような者がいれば、しっかり見抜いて心を守ることが大事です。
「私利私欲のための嘘」や「悪意のある嘘」などをついて相手を利用する者は必ず「餌」を使います。
その「餌」は精神的なものであったり、物質的なものであったりします。
承認欲求を刺激して餌を投げたり、プレゼントを悪用したり。

人には「隠された無意識の目的」があります。
その目的は感情を使って表に出てきます。涙や弱者を装って感情で人を支配することもあります。

必要であるのに、相手が正しく話し合おうともしないで感情を表に出して騒いでいるときは、
感情で支配しようとしてきている可能性もあります。

真に受ける人は、このような演技が巧みな策士のようなタイプにひっかかりやすいのです。
なぜなら、真に受ける人は、言葉通りに受け取ることが多いので、騙しやすいから、当然、騙すものが反応してくるのです。

そういったことも理解して心の扉にはしっかり鍵をかけておくことが必要です。
心は家とつながっています。家の玄関の鍵をかけることは当たり前ですよね。

心も同じです。

むやみやたらに「心を開きなよ」とか「心を開かないとダメだよ」とか「疑ってばかりじゃダメだよ」と言ってくる心の詐欺師には要注意です。
「心を開きなよ」=「玄関の鍵をかけず、開けとけよ」ですから。

私ならこう思います。

「心の鍵はしっかりとかけて、あなたが心から信じていけるパートナー、人生をかけて絆を深めていきたい人がみつかった時に、自分の責任で心の鍵を共有するのは良いと思う」

です。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. メルマガ、「第1回目 グレーもあってもいい。青も赤も黄色もある。だから綺麗なんだ!」を追加しました!
    記事の下部の「続きをメール購読」から購読できますので、ぜひ、読んでください!

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)