基本的に「家族」で起こっていたことは、自分の家族を作っても「再現」されます。

「家族」で起こっていたことは再現される

演劇(ドラマ)のように再現される

基本的に「家族」で起こっていたことは、自分の家族を作っても「再現」されます。絶対ではないけど高確率で再現されます。親から傷つけられた子は、自分を傷つける人を無意識で選んでしまいます。そして演劇(ドラマ)のように再現されていきます。逆に、幸せを与えてもらった子は、周囲に幸せを与えていきます。

なぜ「再現」されるのか

自動的に繰り返される

「家族」で起こっていたことが、自分の家族を作っても「再現」されるのは、潜在意識(無意識)に「繰り返したことを自動化する力があるから」です。つまり不幸からの脱出とは、「自動化された部分」を「根」と考えて、根本から改善しなければ意味がないのです。「根」は「潜在意識(無意識)」です。

続きはメールで読んでください。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)