映画エスターから学べ!子供が親を支配する…。子供が繰り出す恐怖支配。子供による巧妙なモラルハラスメント。

4971 views
約 11 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
映画エスターから学べ!子供が親を支配する…。子供が繰り出す恐怖支配。子供による巧妙なモラルハラスメント。

子供が親を支配する…。子供による巧妙なモラルハラスメント。あれ?なんか間違えていない?「親が子供を支配する」のではななくて「子供が親を支配する??」そんなことってあるの?

はい。あります。僕も最初はまさかと思いましたが、「子供が親を支配する」ケースがありました。しかも、「弱さ」と「涙」と「演技」と「嘘」と「恐怖」を上手に使い分けて親を支配していました。親はもう子供の言いなりです。周囲の大人も見事に騙されていくのです。

この話を理解するには、映画「エスター」を見てもらったほうが早いです。この映画では、孤児院から引き取った少女が次々と自分の私利私欲のためか、酷いことを起こすのですが、そのような手口を現実で子供が使う場合もあります。映画の中では殺人などを平気でするのですが、実際は、そこまで酷いことをしているわけではないけど、人を騙すという点ではソックリです。

エスターのように、周囲も、そこらへんの専門家も騙してしまうレベルの嘘つきを見抜けるものはとても少ない。映画の中で言えば、エスターを怪しむ母親が正常です。夫もカウンセラーも見抜く力がないので、終いには、母親のことを狂っているとして精神異常者に仕立て上げるのです。真実を言うものがおかしい扱いをされる…。ひどい話ですよね。ですが、これは現実でもある話です。映画の1:05:14あたりで「カウンセラーも欺いたの」「自分の目的のために”人を操りいがみ合わせることも”」という母親の言葉が出てきますが、まさに、これです。稀に、こういったサイコパスのようなことをしている子供もいるのです。

エスターが母親を悪者にするために母親にお花をプレゼントする手口も実際にあること。母親の大事にしているお花を摘んでそれをプレゼントする。これは「わざとやっているのにわざとじゃないことにして、相手を悪者に仕立て上げるときに使う手口」です。相手の大事にしているものを知っておきながら自然を装って壊す結果を作り、「わざとじゃないのに、ひどい!」と「悪役をすり替える手口」なのです。僕も、過去にこのようなことを何度も、徹底してやられたことがありますからよくわかります。

映画の母親のように、一番家族や子供を愛し、心配するからこそ、エスターのような仕掛人にターゲットにされるのです。よくできた映画です。実際にいる人物をよく知っているかのような映画です。こっそり破壊へと誘導するエスターにとっては、破壊を防ごうとする母親が邪魔なのです。見抜くものは邪魔者扱いされるのです。

そして、「弱い立場」や「演技」「」などをを武器に仕掛けていくのです。

心理学の三大巨頭の1人であるアドラーが臨床に基づいた洞察の末に辿り着いた重大な発見が「弱さは対人関係で恐ろしく強力な武器になる」です。

それほど、「弱さ」は強力に使えるのです。

話は変わりますが、親を支配していたある子供は、親の心の奥にある「恐怖」を刺激し操っていました。その恐怖は親自身が自分の親や親戚から支配されたときの恐怖で根深いものでした。つまり、親を支配する子供にとって邪魔になる話(支配が解ける話、自分を生きるための話)の時に、必ずと言っていいほど、物音、あるキーワードを入れ込んだ話を始めたり、否定をしたり、咳払い、無言の圧力、などが出てきます。これらの効果が高まるように「リアルな犠牲」が生み出されます。僕自身も恐怖しました。

これは後から分かったことですが、親が過去に親や親戚から支配されていく中で使われていたことだったのです。つまり、子供は親が周囲から支配される時の方法を過去に見ていて、それを身に付けたようです。本人もそう言っていました。だから子供は自分の都合よいように操作するために、過去の恐怖を何度も引き出しては自分の思い通りに支配をしていたのです。

なので、親が、少し良い方向に変わってきたと思ったのに、また戻っちゃう。最初は不思議でした。子供による恐怖支配によるものだとわかったので、その子供(もう二十歳過ぎている)と支配されていた母親は離れたのです。

そしたら、みるみる回復していきました。恐怖も消えていき、自分の人生を歩むという強い気持ちを持ち始めました。結果として、良い方向にしっかりと変化しているので、子供による親への恐怖支配だったのは間違いないと思います。

親を支配する子供は、異常なほどの親への執着がありました。これは恐らく幼いころに恐怖支配の中、たくさんの味を占めたことがあるのだと思います。その甘い汁が忘れられない。だから、相手の気持ちはお構いなしに徹底して恐怖を使って支配していく。

まるで映画の中のエスターのような手口で人を陥れていく者もいるのが現実。何か変だ。そういった違和感は大切にすること。それが防ぐ第一歩になります。

支配的な子供が大人になると時に死人を出すほどに

支配的な子供が大人になると時に死人を出すほどにまでなってしまうこともある。この話の前にまずDV妻について。

女性が男性を支配したりDVしたりすることも増えてきています。

DV妻がどんどん増えていますが、DV妻はまだまだ可愛いほうです。モラルハラスメント(精神的な嫌がらせ)の加害者が女性で「陰湿」「巧妙」になると「小細工」をたくさんするようになるので本当に怖いです。

例えばどんな小細工があるかというと、ここには書けません(笑)あまり書くと「その手があったか!!」と真似をしたり、より悪化させた手口を考える人がいるかもしれないからです。ただ「女の恨みは怖い…時に死人を出す」という場合もあるほどですから相手の心を無自覚でも傷つけないことが大切です。

「女の恨み怖い」で検索してみたら「女の恨みは時に死人を出す | スピリチュアルカウンセラー ビビのラブスピリチュアルスピリチュアルカウンセラー ビビのラブスピリチュアル()」という記事を発見。その記事から1つ引用をさせていただきます。

声を荒げることもなければ、ひたすら涙を流し、同情を誘い・・・後ろを向いてペロリと舌を出す。

引用元:女の恨みは時に死人を出す

この記事で最初にお伝えした子供による支配。このような子供が大人になると、上記引用にあるように死人を出すほど人を追い詰め、そして「後ろを向いてペロリと舌を出してほくそ笑む」のです。こういった子供はとても賢いので、大人を転がしていることもあります。こんな子供が選ぶ大人は、「承認欲求が強い者」です。ちょっとおだてて褒めると「簡単にコロッといくタイプ」です。

賢い子供によって支配されて飼いならされる大人もいます。このことを知らない専門家はハッキリ言ってセカンドハラスメント加害者の場合もあると思います。陰でほくそ笑んでいる者がどれだけ承認欲求の強い者を転がして笑っているかを知らないのです。現実を知ることって大切です。幅広く。

騙されないように!!

<<下に続く>>

) () このツイートでお伝えしたよう「食品業者も消費者も両方賢くならなければ、この問題は絶対に解決しない」という部分。これは「モラルハラスメント」においても同じことです。「真の被害者」と「専門家」がもっと賢くならないといけない。

日本はまだまだ古参者による「薬」と「カネ」信仰な部分がありますので「隠れ加害者」と暗黙の了解で心理的に結託している部分もあります。だからモラルハラスメントの根の部分にはなかなか到達できないのです。まぁ時間の問題でしょうけど。

本当の自分を生きる人が増えていますので「真の被害者」「隠れ加害者」「セカンドハラスメント加害者(悪質な専門家)」などが徐々に浮き彫りになっている最中なのです。これは本当の自分を生きる人が増えれば当然の結果なのです。自然の道理です。本当の自分を生きると真実を見る目がつく。

つまり、過去に「へなまずるい者」がソレに味を占めて隠れた悪さをするようになったのです。それが増えたことで心の病も増えたのです。しかし、ソレはもう崩壊が始まっています。つまり時代は「誠実」を求めだしているのです。自然の流れには逆らえません。これからは真面目な者の時代なのです。

例えばヤクザと結託している宗教がある。ヤクザが分裂すれば当然宗教にも何らかの変化が起こってくる。我々人間を囲っているものは「何らかの組織」です。組織に変化が起これば我々一般人にも変化が起こってくるのは当然のことなのです。「上を見れば下の変化も見えてくる」

本当の自分を生きよう

人を死ぬまで追いつめて演技して「後ろを向いてペロリと舌を出す加害者」も最初はそんなことをする人間じゃなかったのです。どこから道を間違えた。「本当の自分の道」から外れ「外道(真理に反した道)」へと進んだ。真理に反するということは本当の自分を見捨てたということ。真実は自分の中にある。

本当の自分を生きれば「人に流される習慣を作るための情報」にも左右されなくなってきます。人に流されて習慣を作るのは簡単です。近くより遠くのエサを見せ続けるだけで人は簡単に流されていき他人の感情を自分の感情だと信じ込んでしまう。みんなの”流されない勇気”が虐待に終止符を打つのです。

記憶がおかしいと主張する子供と親のコミュニケーションパターンを発見

過去に異常行動をとる子供がいて、その子は「記憶がおかしい」と主張していた。本人はどうおかしいのかよくわからないということでした。そこでコミュニケーションを見ていると子供の記憶がおかしくなることに繋がっているかもしれないと思うコミュニケーションパターンを母親から発見しました。

それは子供が何かを思い出して言おうとしている瞬間(思い出そうとしている瞬間)に母親が「うんうんうんうん」と少し大袈裟で違和感ある変な反応をして、子供が「ん?」と気を取られているというコミュニケーションの連続でした。つまり、子供が何かを思い出そうとすると母親が違和感を与えて子供の気を逸らして忘れさせようとしている…。そんなコミュニケーションパターンでした。

僕自身も、その母親とコミュニケーションをとればとるほど、理由もわからずに頭がボーっとしてくる時期があり、「言いたいことを忘れてしまう」ということが頻繁にあった時期がありました。それが繰り返されることで「思い出そうとすると頭が痛くなる」ということが過去にありました。

そこで、「思い出そうとすると頭が痛くなる」という原因を探るために、いつ酷くなるか、誰との会話でそうなるのか。色々探っていきました。すると、その母親とのコミュニケーションによって「思い出そうとすると頭が痛くなる」ということがわかりました。次は、どんな時?と瞬間を探っていこうとしました。そこで、「相手が何かを思い出そうとすると違和感を与えて気を逸らさせて思い出させないようにしている」というコミュニケーションパターンを発見しました。

その時に、「あの子が、記憶がおかしいといっていたのは、これが原因かもしれない」と思ったのです。僕自身も、そのコミュニケーションパターンに置かれ続けた時に「思い出す」ということに「緊張型頭痛」を伴っていて、苦痛だったので、これを子供が受け続けていたら、本当に苦しいだろうなと思いました。

大袈裟でもなんでもなく、このコミュニケーションパターンの状況に置かれ続けると「自分が自分じゃないような気がする」のです。分離していくような感じです。

このようなコミュニケーションパターンによって、心理的に追い詰められた子供が、この記事に書いたような異常行動をとるようになることはあり得る話だなと思いました。大事なのは、マイナスに作用する原因を特定、または可能性がある原因を特定したら、それをやめていくことです。過去に、そういった悪事にメリットを感じたから続けているものですが、実際はメリットではなくデメリットだらけで自分で自分の首を絞める結果となるのです。

このコミュニケーションパターンをその母親が自分で理解出来るまで伝えました。無意識のうちにやっていたので「その瞬間」に伝えないと本人も気がつきませんでした。その瞬間に伝え続けると「わかった!」と自覚できました。本人にとっては慣れ親しんだコミュニケーションパターンなのです。

アメリカ合衆国の文化人類学・精神医学などの研究者、グレゴリー・ベイトソンは以下の引用にある指摘したとのこと。

1956年にグレゴリー・ベイトソンによって発表された説。家族内コミュニケーションがダブルバインド・パターンであると、その状況におかれた人が統合失調症に似た症状を示すようになる、と指摘する説。

引用元:ダブルバインド – Wikipedia

ストレスから記憶障害に?

コミュニケーションパターンがダブルバインドであると、その状況に置かれた人が統合失調症に似た症状を示すように、「相手が何かを思い出そうとすると違和感を与えて気を逸らさせて思い出させないようにしている」というコミュニケーションパターンの状況に置かれ続けるとストレスからの「記憶障害」になる可能性が高いと思います。特に親子間だと。

このような異常なコミュニケーションパターンが、子供の気を狂わせるのかもしれません。そして子供も狂っていき、子供も同じようなコミュニケーションパターンを身につけていくことがあります。実際にその子の母親と同じようなコミュニケーションパターンを身につけていました。悪い世代間連鎖つの1つです。

問題意識を持つことが大切

問題をハッキリ自覚して、自分を成長させて変えていくことが大事です。問題を問題だと意識することの大切さは「大切な子供や動物を守りたい…。その思いが本当なら「問題意識」と「予防意識」を”持ちたい!”と思って自然に持ってしまいますよね!」でお伝えしました。

自分にとっても相手にとってもプラスになるような1つ1つちゃんとしたコミュニケーションをとっていけるよう、出来ることからやりましょう。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)