大切な子供や動物を守りたい…。その思いが本当なら「問題意識」と「予防意識」を”持ちたい!”と思って自然に持ってしまいますよね!

303 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
大切な子供や動物を守りたい…。その思いが本当なら「問題意識」と「予防意識」を”持ちたい!”と思って自然に持ってしまいますよね!

大切な子供や動物を守るには問題解決力も必要

「大切な子供や動物を守りたい…」と口では言いながら、実際に「問題意識」と「予防意識」を持たず、更には問題解決をしようとしない人は本当は守りたいと思っていない人です。「大切な子供や動物を守りたい…」という、その思いが本当なら「問題意識」と「予防意識」を”持ちたい!”と思って自然に持ってしまいものです。

守るためには、問題解決力が必要です。本当に守りたいのならその力を身につけていくものです。

家や財産を守るためにも問題解決力が必要

裏社会は表社会に巧妙に食い込みだしています。比較的健全なヤクザを封じて分裂すると、その時がチャンスとなり他のもっと悪い者たちが動き出し始めるのです。(https://youtu.be/cT9HBK7r_xI)の動画を見るとよいです。このようなことは「現実」です。だから「問題意識」と「予防意識」が大切です。そして、何かあった時のための余裕として問題を山積みにしておかず、1つ1つの問題を解決しておくことが大事です。

そのためには問題解決力を上げていくことも必要です。

問題意識とは

「問題意識」とは「問題を見抜いて問題を認識し主体的に問題解決しようとする意識」のことです。この問題意識がない人は「隙だらけ」な人です。そして支配者は問題意識を持たせないように「細かいこと気にするな」と思い込ませる。問題意識を持っている人は騙されにくいから。

予防意識

悪い事態が生じてからでは手に負えなくなる時もあります。だから予め防ぐという意識が大切です。悪い事態が生じないように予め防いでおくという意識を持つことで安心できます。不安は無意識からの「準備して」というメッセージのようなもの。「問題意識」と「予防意識」を持って準備しておけば安心させてあげられます。

<<下に続く>>

問題意識と予防意識があれば大問題に発展しにくい

問題意識と予防意識があれば大問題に発展しにくくなります。本当に愛情がある親なら、自然と持てる意識です。勉強しなくても自然と身についていく意識が「問題意識」と「予防意識」です。

この意識を持っていることで問題は起きにくくなりますし、たとえ問題が起こっても問題意識によって大きな問題に発展しにくくなりますし、更に「問題解決力」があれば問題をスムーズに解決しやすくなります。

幸せな家庭を築いていきたいのなら、「問題意識」と「予防意識」を持っているパートナーを選んで、一緒に、問題解決力を上げていける相手を選ぶことをおすすめします。

支配者は問題解決をさせない方向に誘導する

支配者は、問題解決をさせない方向に誘導することがあります。

人は時に逃げることも、回復するために何もしないことも大事です。だけど、恐怖に向き合ったり、心の深い部分から変えていこうとすることが必要になります。それなのに心の深い部分から目を背けさせて、本当の問題解決をさせないように誘導する人には注意が必要です。

心の深い部分から変わろうとするこそを、支配者が「何もしないで楽してな」と、甘い言葉で阻止するのは、支配できなくなるから…という場合もあるからです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 問題意識という言葉には、悪い事が起こらないように予防する意識も育てていきたい。と子供に対して、冷静になるべきだと考えます。
    問題解決方法を知り、解決するようにしたいと考える。
    一緒に過ごすパートナーと話し合いながら、子供達と上手に問題を解決していきたいと考える。
    子供の事を支配的にならずに一人の子供として、子供の事を良く観察しながら、注意深く解決していきたいと考えます。

    家庭には周りの人達の協力も大切だと考えます。
    子供とは、一緒に、学び、一緒に遊び、一緒に問題解決していける雰囲気作りから始めることが大切だと考えます。
    日本では、外国のように、子供に対して、尊重できてない部分があるように感じます。
    子供とは、1人1人に合った教育方針も必要ですし、どんな子供にも未来があり、目標があるように希望がありますし、固定観念を捨てて、子供を自由にしてあげて、色々なことに興味を持たせたいと考えます。

  2. 自分の大切なものを守るために「問題解決力」を身につけていきたいと思った。
    「問題意識」と「予防意識」をしっかりと持ち、相手に隙だらけな人と思わせないように
    細かいところまで気にすることができるように、常日頃から日常生活においても
    細かいところまで目を向けて鍛えていきたい。

    また、悪い事態が起こらないようにあらかじめ防ぐ「予防意識」も育てていきたい。
    そして、これら2つの意識と問題解決力を使って問題が起きないようにし、
    もし起きたとしても解決することができるようにしていきたい。

    自分だけにこの力をつけるのではなく、一緒に過ごしていくだろう
    パートナーや友人にもこの力をつけさせて、みんなで乗り切ってきたいと思った。

  3. 私は三歳と一歳の子供がいます。この記事を読んで、問題意識と予防意識をしっかりと持って、問題解決したいと思いました。子供を育てる上で、支配的にならないように気をつけなければならないと思います。支配的になるということは、本人が無意識で行なっている場合も多いので、しっかりと自問自答をし、子育てしたいと思いました。何か問題があったときに山積みにせず、一つ一つ解決をしていかなければならないことをこの記事から学び、決して後回しせずに、一つ一つの問題を解決していきたいと思いました。問題解決意識と予防意識を常に意識して、子供のみならず、家庭や周りの人々も守っていける存在になっていきたいと考えており、そんな人になってみせます。

    • ぜひ、問題意識と予防意識をしっかりと持って、問題解決して、
      ご自身とご家庭、ご家族、幸せにお過ごしください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)