軽度の知的障害と学習障害は「障害」ではない!?レッテル貼りか!?個性が大事だと謳いながら、巧妙に個性を潰して洗脳していく仕組みが嫌い!

1727 views
約 5 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

軽度の知的障害と学習障害は「障害」ではない!?レッテル貼りか!?個性が大事だと謳いながら、巧妙に個性を潰して洗脳していく仕組みが嫌い!

こんな走り書きがあった。「バカはバカなりに努力しろ」

引用元:知的障害ある息子の自死 「バカなりに努力しろ」メモに:朝日新聞デジタル

軽度の知的障害と学習障害は「障害」ではない!

私は、こう思っています。

バカなんかじゃなかった。ただ、他の「多く人たち」とは、伸びるところが違うだけで必ず別の伸びるところがあったけど、それがまだ見つからなかっただけ。だと思います。

引用元の記事によると、自死された航さんは小学4年の時に軽度の知的障害と学習障害があるとわかり、通信簿はオール1だったそうです。

これは私の勝手な考えではありますが、軽度の知的障害と学習障害は「障害」ではないと思っています。前々からこのブログでは御伝えしてきていますが、大体小学5年生(10歳前後)で人は勇気が挫けて自分を見失って、見失ったことを忘れていくことをお伝えしています。

世の中には、「個性が大事だと謳いながら、巧妙に個性を潰して洗脳していく仕組み」があります。これに対して最後のあがきのように反発するのが大体小学5年生(10歳前後)までです。個人差は大きくありますが。

つまり、私は、自死された航さんは、この「個性が大事だと謳いながら、巧妙に個性を潰して洗脳していく仕組み」に懸命に頑張られたのではないか。そう思うんです。それを世の中は、「洗脳に染まらない者を、知的障害と学習障害として片づける」場合もあるのかもしれない。そう思うんです。

それに対し、言語化できない思いが「通信簿オール1」という形で現れたのではないか。そう思います。私自身が、小学校の途中まで算数と理科は成績が良く、算数は1年先まで予習していてクラスで2番目でした。その後、世の中が嫌になって、学校も勉強も放棄しました。中学では「通信簿オール1」です。

これは、「個性が大事だと謳いながら、巧妙に個性を潰して洗脳していく仕組み」が嫌だったからです。

つまり、世の中には1割、もしくは、それより少ない者たちは、どうしても「個性が大事だと謳いながら、巧妙に個性を潰して洗脳していく仕組み」に合わせられない、合せたくない人がいる。そういった「支配できない者」を「何かしらの形」で封じ込めてレッテルを貼っていくのが、軽度の知的障害と学習障害という名の「レッテル貼り」ではないか。と思うんです。

知的障害と学習障害の説明を引用しますね。

知的障害とは?

知的障害(ID: Intellectual Disability)は、医学領域の精神遅滞(MR: Mental Retardation)と同じものを指し、「知的発達の障害」を表します。すなわち「1. 全般的な知的機能が同年齢の子どもと比べて明らかに遅滞し」「2. 適応機能の明らかな制限が」「3. 18歳未満に生じる」と定義されるものです。中枢神経系の機能に影響を与える様々な病態で生じうるので「疾患群」とも言えます。

<<下に続く>>

引用元:知的障害(精神遅滞) | e-ヘルスネット 情報提供

学習障害とは?

学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。
 学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではない。

引用元:主な発達障害の定義について:文部科学省

つまり、、引用に書いてある「全般的」が曲者だと思うんです。大きな1つのもの、共同体、それらに順応しついてこれない者は、比較の上で「障害」のレッテルを貼るということだと思います。

だた「障害」という言葉自体は、

障害(しょうがい)とは、ものごとの達成や進行のさまたげとなること、

引用元:障害 – Wikipedia

つまり、支配者にとって都合の良いレベルまで達さない者は、知的障害や学習障害として扱い都合の良いレベルまで達するように努力をしろということかもしれない。まるでピラミッド型の支配。

本当は、伸びる部分が、「全般的」とは違うものだったのではないか。それを理解できる人がいないから「バカはバカなりに努力しろ」と人を追い詰める人もいるのだと思います。

繰り返しますが、

軽度の知的障害と学習障害は「障害」ではない!

私は、こう思っています。

バカなんかじゃなかった。ただ、他の「多く人たち(全般的)」とは、伸びるところが違うだけで必ず別の伸びるところがあったけど、それがまだ見つからなかっただけ。だと思います。

本人の利益のために知的障害や学習障害などの言葉を使うのは前向きで良いと思いますが、本人の損害に繋がることの為に知的障害や学習障害などの言葉を使うのは問題です。それが、「バカはバカなりに努力しろ」などとおかしなことを言う者を増やしているのだと思います。

勘違いしないでいただきたいのは、世の中や社会が悪と言っているのではありません。世の中や社会に根付く支配者が結果として悪を多めに生み出していることが多いと私は思っています。

もっと、広い視野で人を見れるようになり、その考えが広まっていけば、「バカはバカなりに努力しろ」ではなく「自分に合った別の伸びる部分を見つけよう。必ずあるから。人生、生きている間、無限の可能性があるんだよ」と言える人が増えてくると思います。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)