先端恐怖症の無意識的行動

尖端恐怖症(先端恐怖症、せんたんきょうふしょう)とは、ハサミや、鉛筆、針、ナイフ、カッターなど先端が尖った物が視界に入ると、強い精神的動揺が起きて、身体にも一時的な変調をきたす神経症の一種のことです。鋭く尖っていない指やペンなどを向けられても反応してしまう場合もあります。

 

これは、何故先端が怖いか?

ある女性が先端恐怖症で、どのような無意識的な態度をするのか見ていました。

 

そうすると、興味深いことに先端恐怖症の女性自身が、いい気になっている場面で喜んでいるかのように相手に先端を向ける行動をとっていたのです!

おかしい…

先端が怖いはずの人が、何故、他者に先端を向けるのか。

そう、先端で相手に精神的ダメージや、精神的圧迫感などを与えることを目的としている卑劣な行為を持っているから、怖いのです。人は鏡ですから。

この女性は幼少期などに親が食事中に怒りだし、箸を目に向ける行為、食器などを投げつけてきたり、箸やフォークが目に刺さりそうになった事があって怖かったと言っていました。

 

そして『あなたが自分がされたら怖い先端を向けることを、ほら人にもやってるよ?』と言うと

『はっ‥‥!!!』と言う感じで気づきました。

自分が無意識にやっていたことを気づいていなかったようです。

 

そして、親が行っていた先端で相手に精神的ダメージや、精神的圧迫感などを与えることを目的としている卑劣な行為を真似して自分も同じことをしていたのです。

 

自分が実は先端で相手に精神的嫌がらせを同じように人にしているものだから、未だに怖いというわけです。

先端で相手に精神的ダメージや、精神的圧迫感などを与えることを目的としている卑劣な行為だとしっかり認知して、

親から卑劣な行為を受け継ぐことをやめなければいけません。

 

親に依存しているので、親の先端で精神的嫌がらせを受け継がなくてはいかなくなるのですから。

親への精神的依存を捨てることで、先端恐怖症も消えるでしょう。

 

その為に大事なことが自己肯定感を育むこと、認知の歪みを気づきで修正し、行動していくことです。

 

この女性は先端恐怖症が改善する第一歩を掴んだようです。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)

最新情報をチェックしよう!