親切の押し売りは詐欺師による昭和の名残り!そういった者は「行動しろ」と「行動強要ハラスメント加害者」となっている場合もある。自然な成長を阻害する迷惑行為です。

親切の押し売りは詐欺師による昭和の名残り!そういった者は「行動しろ」と「行動強要ハラスメント加害者」となっている場合もある。自然な成長を阻害する迷惑行為です。

僕たちが書いたことですが、ツイッターのほうでも反応があったのでもう1度お伝えします。

無知な者ほど悩んでいる人に「行動しろ」と「ハラスメント(精神的な嫌がらせ、虐め)」をしていることがある。病人に激しい運動をさせれば「悪化する可能性がある」ように心も同じ。それを無視して「行動しろ」とハラスメントしている者には”厳しい目”を向けることも大切なことです。こういった「行動強要ハラスメント加害者」はもう古い。

「行動強要ハラスメント加害者」は昭和の虐待者の名残です。プロセスをよくわかっていない者が「行動だ行動だ!」と、それがすべてかのように思い込んで強要しているのです。回復し支配が解けていけば人は「自然と行動し始める」のです。その自然の行動こそが本当の行動です。行動の強要は古臭いのです。

「行動」って強要されることじゃなく、その人が「本当の自分」の気持ちを取り戻し始めると自然に出てくるもの。それが「行動」なんですよね。それを無視するということは「相手のためという”フリ”」をしているということ。迷惑極まりない行為です。

相手はもしかしたら「親切のつもり」かもしれませんが、「つもり」だということを自覚したほうが良いです。その「親切のつもり」は思っている以上に害悪を撒き散らして悪影響を出す場合もあるのです。立派なモラルハラスメントです。親切の押し売りは昭和の詐欺師の名残ですよ…。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)