快適で動けなくなる魔法のソファ「Yogibo Max」

サイレントモラハラは「非言語メッセージ」を使って精神的な嫌がらせをする陰湿なハラスメントです。ストレートタイプのモラハラの進化版がサイレントモラハラです。

サイレントモラハラは「非言語メッセージ」を使って精神的な嫌がらせをする陰湿なハラスメントです。ストレートタイプのモラハラの進化版がサイレントモラハラです。

矛盾したコミュニケーションを行ってくるモラハラ加害者は正直者に近寄ることが多いです。正直者に近寄る理由は「静かにモラハラを行う側に欠陥している正直さを吸収したい」のだと思います。

本来ならば自分の成長は自分で成長させるものですが「静かにモラハラを行う物」は「寄生的」ですので宿主となりそうな正直者へ近寄り「正直さ、純粋さ、真面目さ」を吸収できないのに吸収しようとするするのです。そしてスケープゴートしていく場合もあります。

下記引用のようにモラル・ハラスメントの被害者に選ばれる人物の傾向がそれを表している。

モラル・ハラスメントの被害者に選ばれる人物にも傾向が存在する。被害者となるのは、几帳面で、秩序を愛し、他者への配慮を働かせ、責任感が強い、メランコリー親和型の人物で、起こった出来事に対して、自分が悪いのではと罪悪感を持ちやすい[10]、誰かに与えることを欲している[6]という特徴がある。そのタイプの人物が、自己愛的な変質者が欲しているのだが持っていないものを持っているか、自身の生活のなかから喜びを引き出している場合、自己愛的な変質者の前に居合わせることになったとき、被害者に選ばれる。

モラルハラスメント – Wikipedia

静かに行うサイレントモラハラは自分が悪いことをしているのに認められないから、真面目な人にそのレッテルを貼りたがります。静かに行うサイレントモラハラは自分が生産的ではないので生産的な人に寄生しようとします。

つまり暴力的ではない静かなサイレントモラハラは正直者に近寄るので、このことを知らずにただ正直でいると知らない間に心に寄生されて結果的にバカをみることに繋がる可能性があります。これが「正直者は馬鹿を見る」というやつです。

一般的に言われるモラルハラスメントは、罵倒する、怒鳴る、目に見える攻撃、暴れるなどですが、僕はこれを本当のモラルハラスメントではなく本当のモラルハラスメントをする者の煽られた者だと考えています。つまり暴言タイプのモラルハラスメント加害者は1番無知で理解力がないから身代わりとされているようなものです。

その背後に陰湿で静かにジワジワと精神的に追い詰めていくサイレントモラハラを行う加害者がいたりします。サイレントモラハラの加害者のほうが一枚も二枚も上手なのです。陰湿に行えるということはそれほど賢いということです。

サイレントモラハラの加害者は「無視する」「小さなことでビクつかせる」「溜息で圧力を与える」「軽蔑の視線を送る」など、静かな非言語メッセージを使って精神的な嫌がらせをしていきます。

そしてサイレントモラハラの加害者が更に賢くなっていくと「巧妙」が追加されます。非常に巧みなやり口で相手を精神的に追い詰めていきますので当然周囲には被害者と加害者がひっくり返って見えたりする場合もあります。そして「善い人」に見えるのでまさか加害者だとは思わなかった。というレベルです。

このレベルのモラルハラスメントの加害者になると被害者に対して「アンカリング」をしたり「心理的虐待の一種であるガスライティング」を使う者もいます。

アンカリングはある動作などを行うと、特定の感情や反応が引き出されるというもの、そのプロセスを作り出すことがアンカリングです。賢いモラルハラスメントの加害者は被害者に不都合で苦しむようなアンカリングを作り上げようとするのです。

「ある動作+マイナス感情・反応」をセットにして、効果的だと判断したことを被害者に徹底して繰り返していくのです。そうやって被害者をおもちゃにして楽しむほどの人間らしさの欠落したモラルハラスメント加害者もいるのです。

精神病院に入院している患者の一部は、「口封じのために追いやられた人」の可能性もあるかもしれません。ガスライティングについては知っておきましょう。

心理的虐待の一種であるガスライティングの恐怖!自分が洗脳されていることにも気がつかないまま心を傷つけられていく!

心理的虐待の一種「ガスライティング」を受けたら覚悟を決めること。「見えない敵」との闘いは「明確」に出来なければ負けです。本当に敵がいるならば「特定」まで至ることが出来るのです。

心理的虐待の一種であるガスライティングは実に巧妙なので仕掛けられたら中々抜け出すことは出来ないどころか、被害妄想のレッテルを貼られていき、そこから頭が混乱していき、本当に被害妄想になってしまう人もいるくらいです。まさにマインドに寄生するというレベルです。

本当のモラルハラスメントは冷静で静かで知性的で良心が欠如しているのに善の仮面を被っているので周囲からは「良い人だと」思われている演技性の高い人物です。そして「嘘」から「本当」を作り出すことが得意だったりします。

騙される前に気づけ!平気で嘘をつく人たち!「空想虚言者」の「虚言」から生み出される「本当の虐待」もある!「虚言」も現実化していく力がある!

<<下に続く>>

「虚言」から「本当の虐待」に移行してしまうこともあるのです。それと似たようなもので本当のモラルハラスメントの加害者は巧みな心の操作(集団心理を操作)して「嘘」から「本当」を作り出すことが得意だったりします。

このような巧みな真のモラルハラスメント加害者になる前の最初の段階がサイレントモラハラであると僕は考えています。サイレントモラハラは、善人の仮面を被った知識人で巧妙陰湿に精神的に追い詰めて、それを周囲には気づかれないようにする真の加害者になる初期段階であるのです。

人間は最初は素直で正直でストレートです。子供を見ればわかりますよね。なのでモラハラの世界では暴言タイプのモラハラ加害者が子供のようなものです。まだ人間らしさが残っているからストレートなのです。ストレートが不利になることは考えればわかることです。それでもストレートなのは根っから腐るほど心を汚したくない気持ちがあるからでしょう。ストレートタイプのモラハラの進化版がサイレントモラハラです。

モラルハラスメントは言葉通りモラルを使ったハラスメントですから当然善人のフリが必要です。一般的に言われる、罵倒する、怒鳴る、目に見える攻撃、暴れるなどのモラルハラスメントは簡単にわかるものです。

善のフリをして静かにばれずに行うサイレントモラはどうやって相手を攻撃するか。それは「非言語メッセージ」を使います。無視する、溜息や物音、視線、しぐさ、咳払い、などをうまく使い相手が被害妄想だと思うように仕向けます。

上記の音声のような方法をもっと巧妙に丁寧な言葉使いで気づかれないようにそっと静かに行う方法です。二人、三人で組んで攻撃することもあります。必ず言い逃れができるように、どうとでも取れる言い回しを使います。ターゲットの自尊心を傷つけて楽しんでいくのです。ターゲットが孤立化するように身内中にターゲットのイメージ操作を行いマイナスに見られるように仕向けていきます。

頭が良いので決して自分が不利になるような暴言や暴力などは使いません。口達者で笑顔を使い人に信じ込ませることが得意です。複合的な組み合わせで相手に嫌がらせを蓄積しますので、目に見える暴言や暴力の何倍も苦しめ離れた後も長期的に精神にダメージを与えるのはこの静かなモラハラです。

見抜くことは難しく、見抜こうとする者には妄想のレッテルを貼りたがりますので、とにかく関わらない事。

会話も、非言語コミュニケーションもやめて離れるべきです。サイレントモラは暗示を入れこむのが得意なので、期待を見逃しません。あの手この手で期待を見つけて暗示をかけて信じ込ませていきます。見抜くのは難しいけれど、混乱を誘発する人、矛盾が多い人は、サイレントモラの可能性があるので嫌だと感じたらかかわらないことが大事ですね。目先の餌に食いつくことをやめれば相手の本音が見えてくるものです。

混乱を誘発するのもサイレントモラの手口です。相手の理解力を超えた会話などを通し、ターゲットを変性意識状態にします。変性意識状態にすることで無意識へ入れ込みやすくなるので自尊心を傷つけるのです。直接死ねとは言いません。ターゲットが気にしている部分、傷ついている部分を察するのが得意なので、ターゲットがアトピーでそのことを気にしている場合「んん・・あっ・・あああ・・んんっ」っと変な咳払いのようなものを使い、

「なんかカユイwwww」

「うぉおおおおおおカユイしwww」

「っ顔カユイwww虫刺されたかな?」

と言う感じで相手の気にしている部分、傷ついている部分を見つけてから、混乱を誘発し、変性意識状態に近づけ、この仄めかしのようなものを使います。周囲に人がいる時は善人の仮面を被るので気づかれないように静かに冷静に「なんかカユイんだけど私虫刺されしてない?」と言います。

サイレントモラは期待を見抜くのが上手なので、優しく気弱を演じて涙を良く流し周囲の「親切の押し売りをしたい承認されたがる」人の期待をついてを味方に付けることに長けています。実際に行っていて改心した人は「陰でほくそ笑んでいた(笑)」と言っていました。

周囲にとってはただ虫刺さされを気にしている人に見えますが、ターゲットは何度もそれを目の前でされているので、「なんかカユイんだけど私虫刺されしてない?」でも既にアンカリングされているので簡単に焦りや緊張を呼び起こされるようになっています。

アンカリングは五感からの情報を引き金に、特定の感情や反応が引き出されるプロセスを作り出すこと。

つまり、これを利用していくと仕掛ける側が咳払いをしただけでターゲットを緊張状態に出来るし、過呼吸も誘発できるように出来るでしょう。

視線恐怖や、対人緊張症の方は周囲にこのサイレントモラがいて、その人間との関わりの中でマイナスなアンカリングをされている可能性はあります。

気になる方は「NLP アンカリング」で検索して自分でいろいろ調べてみて下さい。良く使えば良いものですが、似たような方法を悪用する方もいます。

これを実際にやっている人は、こうやって書かれることを嫌がりますのでなんとかして根拠の無い否定をしようとしてきますが、どっちがくっついているか見れば、どちらに問題があるかよくわかります。

防ぐためには問題を区別し分離すること。その人間とは一切の関わりを持たないことです。

サイレントモラハラを行う者たちは加害者となっていますが、過去の被害者です。彼らも彼らなりに自分を守る術として身に付けたものです。それほど、虐めと言うのは尾を引くのです。ハラスメントをしている人たちの心が深い部分から癒されていくことを心より願っております。

そして、自分が自分の親になること。

まだ、心がへし折れていなかった頃の自分。

その頃の自分の手を自分でとるのです。

自分で自分を許してあげること。

生きている間は後戻りが出来ます。

 

 

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 13 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by つかmama

    サイレンモラハラ、陰険ですね
    いい人ぶって、ジワジワモラハラするんですね
    精神的にきますね
    怖いわ〜

  2. by 翼

    過去の記事で、正直でモラルハラスメントの餌食になりそうな人
    を「セキュリティーソフトなしのPC」というような喩えがありました。
    非常に納得できました。セキュリティーソフトを更新しながら
    他者の長所を見つけていく態度がいいのでしょうか

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      私もすごく分かりやすい喩えだと思いました(#^.^#)

      セキュリティーソフトを更新しながら他者の長所を見つけていく態度がいいのでしょうか?ということですが、その通りです。

      自分をアップデートするというイメージで、アップデートの意味が、ソフトウェアやシステムの小規模な改善や修正や更新そして機能追加などのことですので、自分を常に向上させるように心がけるという事です。

      ある意味モラハラはどこか上のほうで試練を与えようと流したプログラムだったりして(笑)とか思うこともあります。

      モラルハラスメントを行う人は粘着し追いかけてくることもあるので演技も大事です。

      情報収集をしてくるので演技して相手に本当の情報を与えないようにすることも必要な場合もあります。

      そしてモラハラ界は矛盾と混乱の世界ですので、そこから脱出することが一番大事です。

      自分の中の改善や修正や更新そして機能追加を行い認知の歪みを修正し脱出するイメージです。

      相手が悪い、人のせい、戦うなどをやってもループするだけでキリがありません。

      私も忘れがちになりますが、忘れてはいけないのがモラハラを行う人も含め、人の本質は善だってことです。

      善だけど、自分にとって役立つことがなんなのかを勘違いしてしまい歯車がズレているだけなんです。

      歯車のずれが治ればみんな善です。

      モラルハラスメントする人は劣等感と恐怖と勘違いが根底にあるのでアドラー心理学がおすすめです。

  3. by 名無し

    確かに、相手は私の自尊心を傷つけて楽しんでいました。
    それに身内中にターゲットのイメージ操作をマイナスに見られるように仕向ける事に躍起になってましたね。
    口が達者なので凄く質の悪いモラハラでした。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      モラハラは口達者ですよね;^^

      そして周囲を味方につけることにも長けていて、信じ込ませることも得意です。

      そういった質の悪いモラハラはたちが悪いのでモラハラのサークルからの脱出が大事です。

      少しでも期待すると暗示をかけてくるので一切の期待をしてはいけません。

      情に訴えるようなこともしますが断固無視。

      関わらないことが大事です。

      そして絶対に起こらないことです。

      静かなモラハラは相手をあの手この手で期待させて引き寄せてから、自尊心を刺激し怒らすパターンをとるので起こってしまったら逆にモラハラ加害者に仕立て上げられて行く事もあります。

      被害者意識は加害者意識ですから、被害者でもなく加害者でもない心になることが大事です。

      自分が横の関係で人を尊重できるようになれば脱出していけるでしょう(^^)/

  4. by 名無し

    何気ないコミュニケーションのやり取りも一つジョークに変えて、
    楽しく話せることも出来ると思いました。

  5. by リッチマン

    おかげさまで、静かなるモラハラは本当に恐ろしいと分かって来ました。

    ボ〜ッとしていると、餌食になりかねないので注意が必要ですね。

    でも仕事に関わる人間関係は、モラハラかなと疑っても即切る訳にはいかないので苦しいかも。

    まあそれ相応の御返しは、キッチリして差し上げる所存ですが〜♪

  6. by 名無し

    本当の加害者は頭が良いので被害者になりますので、サイレントモラにいそうですよね。
    被害者者になりすまし相手をモラハラにしたて上げて慰謝料をとろうと企む。
    すぐ起こるモラハラする人は実はサイレントモラに仕向けられているなんて場合も!
    兎に角離れる!逃げる!縁を切る!地球の果てまで逃げる!がいいですよね

  7. by 名無し

    モラハラももちろん怖いのですが、サイレントモラハラは倍怖いです。
    もっともっと広めて認知されればサイレントモラハラで苦しむ人も減っていきそうです。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      私はモラハラとはたたかわないでほしいと思っています。
      戦わずして離れないとループするので離れることをおすすめしています。
      本質から苦しみから抜け出す人が増えて欲しいと思います!

  8. by あや

    なるほど…と思いながら読ませていただきました。とてもいい情報をどうもありがとうございました(*^_^*)

  9. by メグミ(二児のママ)

    見抜かれないように、わからないようにして相手を少しずつ精神的に追いつめて、いくのは気づきにくいと思います。いっさい関わらないようにして、相手の言動に違和感なんかを感じたら距離をとる方がいいかなと思いました。

  10. by 名無し

    理解が深まってきました。
    うちの旦那がモラハラなので離婚する気です。
    理解する前は?と感じていましたが理解すればするほど、
    これもわかる!それも!って感じですね。
    気づかないまま奴隷になっている人も多いんでしょうね(泣)

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。